ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ギリシャのペロポネソス半島にあるネメアの谷に住むとされていた人喰いライオン。

母は怪物の母と評されるエキドナ、父は最強の怪物テュポーンとも、その息子オルトロスともいわれる。または、月の女神セレーネーが母親ともいわれる。エキドナとテュポーンの血をひいているのならば、ネメアの獅子の兄弟も有名な怪物揃いである。

剣や弓矢では決して傷つかない鉄壁の毛皮を持っており、多くの旅人や挑んできた英雄を殺して喰っていた。
元々は、神々の長ゼウスの妻にして、女神の長たるヘラが保有していたが、不義の子供に当たり、後に大英雄となるヘラクレスを始末するために送り込まれた。

第一の難行

英雄ヘラクレスは、後に「十二の功業」と呼ばれる数々の難行の初めに、この怪物を討伐することを命じられた。
当初ヘラクレスは、弓矢でこの獅子を殺そうとしたが、毛皮の守りを破ることが出来ず、剣、棍棒、果ては素手で首を絞めることによって漸くこの怪物を討伐したという。

その後

最終的に、ネメアの獅子の毛皮は爪をナイフ代わりにして剥ぎ取られ、ヘラクレスのトレードマークとして使用されることになる。
残された死骸は、ヘラによって獅子座となった。

なお、生物学的には現生種または近代まで生存していた種類だと、バーバリライオン/アトラスライオン、ガエトゥリライオン、インドライオン/アジアライオンが比較的ギリシャに分布が近い。

関連タグ

モンスター クリーチャー 怪物 魔物
ギリシャ神話 ライオン

関連記事

親記事

ヘラクレス へらくれす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ネメアの獅子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 127

コメント