ピクシブ百科事典

セレーネー

せれーねー

ギリシャ神話の月の女神。
目次[非表示]

概要

セレーネー古希: Σελήνη, Selēnē)は、ギリシャ神話女神である。長母音を省略してセレネセレーネとも表記される。
後にアルテミスヘカテーと同一視され、月が形を変えるように三つの顔を持つ、魔法の女神とも考えられるようになった。ローマ神話ルーナルナ)とも同一視される。ヘシオドスの『神統記』によると、ヒュペリオンテイアーの娘で、の女神エオスエーオース)と太陽神ヘリオスヘーリオス)の姉妹。

月経との関連から、動物植物性生活繁殖に影響力を持つとされた。聖獣驢馬、白い牡牛。まばゆいを放つ黄金を戴き、輝く裾長の衣裳を身にまとい、を持つ絶世の美女として描かれる。毎晩、兄である太陽神ヘリオス西の海へ沈むと、2頭の白馬に牽かせた黄金の戦車を駆って天空に昇っていく。そして暁方になると、東の空に薔薇色の光を放って輝き出るエオスと入れ替わるように西のに沈んでいく。ヘリオスが世界で起こることすべてを見張っているのと同様に、セレネはの世界の監視者とされている。彼女の光のおかげで旅人は道に迷わずにすみ、悪事を働かんとする者は見顕され、夜間の安全が保たれると考えられた。

エンディミオンとの恋物語

エンディミオンは、全能の神・ゼウス息子ともされる)に当たる大変美しい青年だった。ある日、山の頂で寝ていたエンディミオンを見たセレーネーは、一目でに落ちる。しかし自分とは違い人間であるエンディミオンが年老いていく事に耐えきれなくなった彼女は、全能の神・ゼウスに彼を不老不死にするように頼み込む。ゼウスはその願いを聞き入れたが、「人間に神と同じ不老不死は与えられない。永遠の眠りと引き換えにその美しい姿を保とう」と言い、エンディミオンは不老不死と引き換えに永遠に眠り続ける事となった。
セレーネーは夢の中でエンディミオンと交わりを重ねて50人の娘を生んだ。彼女たちは暦月を司る女神でメーネたちと呼ばれる(この50という数字は、8年で1周期とするギリシアの暦において、前半4年間の月数が49、後半4年間の月数が50であることに由来すると思われる)。

関連タグ

信仰  / 女神 ギリシャ神話  月の女神
プリンセス・セレニティ美少女戦士セーラームーンに登場するこの女神をモチーフとしたキャラクター。

pixivに投稿された作品 pixivで「セレーネー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 429

コメント