ピクシブ百科事典

コンモドゥス

こんもどぅす

17代ローマ皇帝。五賢帝マルクス・アウレリウスの実子であり「剣闘士皇帝」として有名。

第17代ローマ元首 父:マルクス・アウレリウス 祖父:アントニヌス・ピウス
古典ラテン語:Lucius Aurelius Commodus Antoninus
A.D161年8月31日生 - A.D192年12月31日没(31歳)

概要

元首政史上初の生まれながらにして帝位についた人物。五賢帝の後継者を目され期待されていたが、公務を投げ出し私利私欲をみたす堕落した君主となり果て、ついにはグラディエーターとして戦い続けたが為に、統治12年のうちにローマ文明は荒れ果てていく。

わんぱく少年期 
元首マルクスの子として生まれたコンモドゥスは父マルクスと同じぐらい金髪美少年だったというが、父マルクスと違い彼自身は病弱ではなかった。腹部に今で言うところのヘルニア的なものがあり体系異常がみられたとされるものの定かではない。コンモドゥスは幼少期より帝王学を学んでいたとされる。ただ父とは違い学業を軽視し、戦争剣闘士ごっこなど粗暴なふるまいが好きだったようだ。

まじめな父親に不満
このようになったのは、元首マルクスがコンモドゥスの活発さを諌めたがゆえにずっと根に持ち続けたのかもしれない。おそらく哲人マルクスはあまり家庭的なことが不得手で良き家庭人として振る舞えていなかった可能性がある。

戦場で即位
コンモドゥスは11歳頃から父マルクスの付き添いでマルコマンニ戦争への軍団指揮に駆り出されていた。戦場での生活が7年続いた後、父老マルクス・アウレリウスはマルコマンニ戦争の最中で亡くなった。これによりコンモドゥスは18歳という若さでローマ元首に即位をすることになる。(このころはまだは生えていない。)

即位後、彼はすぐさま父帝が進めていたガリア戦争から撤退した。

ローマでのコンモドゥス
幸いなことにコンモドゥスが統治している12年間はパルティアもゲルマニアもダキアも大規模な戦乱は起きず、また父帝マルクスの健全な統治体制が残した人材を扱うことで比較的平穏な統治が行われた。

しかしコンモドゥスは元首マルクスと比べて(と書かざるを得ないが、実際擁護が難しいほどの)暴君だった。
彼はとにかく自分で政治を動かしたがらなかったようで、180年に即位してからの11年間は側近に任せきり(有名なのは親衛隊長官ぺレンニウス、側近政治家クレアンデル)、剣闘士になったのは治世最後の1年か2年だと思われる。

ではそれまで何をしていたかというと皇帝名を6回ぐらい変えることだけだった。

淫乱の末、姉から暗殺されかけた
また彼は宮殿にローマ各地から集めた300人の美少年美少女と昼夜問わず乱交の宴に入り浸っていたとされ、これを10年近く続けていた。そのためコンモドゥスのや帝政関係者は堕落したコンモドゥスに対して暗殺を企て、これを実行した。結果から言って暗殺は失敗し彼は助かったが、この一件が剣闘士へと全力で向かうきっかけだったとされている。

グラディエーターとして新政再開
190年頃に彼は自分の責任で政治を動かすことを宣言する。これは当初帝政関係者から応援されたが、すぐに失望に変わることになった。彼は皇帝名7の「神にして主の太陽神にしてローマのヘラクレス、最高のアマゾネス、世界の復興者」を名乗り、皇帝グラディエーターとしてコロッセオで毎日殺戮ショーを開催した。これが治世最後の2年である。

暗殺
192年12月31日、かねてより進めていた暗殺計画などがコンモドゥスの家族と側近により実行。コンモドゥスは毎日剣を振るっていただけあって、戦闘力が高くなかなか死ななかったが激戦の末に殺された。

関連


剣闘士 暴君 脳筋

関連記事

親記事

歴代ローマ皇帝 れきだいろーまこうてい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コンモドゥス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8417

コメント