ピクシブ百科事典

ウェスパシアヌス

うぇすぱしあぬす

第9代ローマ皇帝。ネロ治世末期より始まる内乱を収めフラウィウス朝最初の皇帝となった。

IMPERTOR CAESAR TITVS FLAVIVS VESPASIANVS AVGVSTVS 

本名ティトゥス・フラウィウス・ウェスパシアヌス
スペルTITVS FLAVIVS VESPASIANVS
誕生9年11月17日 ファラクリヌム(イタリア本土)
皇帝名IMPERTOR CAESAR TITVS FLAVIVS VESPASIANVS AVGVSTVS
スペルインペラトール・カエサル・ティトゥス・フラウィウス・ウェスパシアヌス・アウグストゥス
年数69年7月1日 – 79年6月23日(10年)
崩御79年6月23日 自然死

概要

第9代のローマ皇帝ヴェスパシアヌスとも表記される。
ユリウス・クラウディウス朝]断絶後の内乱(68年6月 - 69年12月)においてシリア、エジプト、ユダヤ各軍団の支持を背景に最終的な勝利者となった。
即位後
元老院承認のもと皇帝に即位したウェスパシアヌスは、ユリウス・クラウディウス朝の皇帝たちと同様の権限を自身に付与する法律を制定した。それ以前は個人の特殊な地位であったローマ皇帝位を法的に定義づけたことで以降のローマ帝政の基礎を改めて築いたといえる。

立て直しに成功
ウェスパシアヌスはネロ以降の皇帝たちが破壊した政治を見事に修正した。その財政再建策で、(中核的であったわけでもないが)特に有名なのは「糞尿税」である。
ウェスパシアヌスはまた、現在でもローマ市の著名な観光名所であるコロッセオコロシアム)の建造に着手したことでも有名である。コロッセオは息子ティトゥスの代に一応の完成を見、もう1人の息子ドミティアヌスの代に最終的な完成を迎えるというフラウィウス朝を代表する事業となった。

気さくな性格
ウェスパシアヌスはユリウス・クラウディウス朝の皇帝たちとは異なり、気さくな人柄で知られていたという。そうした人柄は、死に際して「可哀そうなオレ、もうすぐ神になろうとしている」と語ったというエピソードにも表れているだろう。
その言葉通りウェスパシアヌスは死後、息子で帝位を継承したティトゥスによって神格化されている。

関連

pixivに投稿された作品 pixivで「ウェスパシアヌス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3053

コメント