ピクシブ百科事典

TITVS FLAVIVS CAESAR DOMITIANVS AVGVSTVS DOMINVSV ET DEVS

本名ティトス・フラウィウス・ドミティアヌス
スペルTITVS FLAVIVS CAESAR DOMITIANVS
皇帝名ティトス・フラウェウス・ドミティアヌス・アウグストス・ドミヌス・エト・デウス
スペルTITVS FLAVIVS CAESAR DOMITIANVS AVGVSTVS DOMINVSV ET DEVS
生没51年10月24日 ローマ(イタリア本土)- 96年9月18日 召使による暗殺(記録抹殺)
権力元老院から
統治81年9月14日 – 96年9月18日(15年)


概要
11代ローマ元首。厳罰主義者・暴虐の君主として記録上抹殺された。
ティトゥスの共同元首として知られるが、ティトゥスと違い英才教育は受けさせてもらえなかったせいか、かなり人格に問題があったと言われている。
元首ティトゥスが急死(ドミティアヌスが暗殺したと言われる)すると急遽ローマ元首に即位した。

無慈悲のうえ不誠実
潔癖な政治を志したせいか不正を許さぬ統治をしたようだが、自身の個人的感情から罰することが多く、治世の末期は暴虐をもって伝えられるようになった。ローマ本国に無慈悲な法を強制発布し、ローマ市民から言論の自由を奪った。元老院議員や騎兵階級のものをたびたび告発しては死刑にした。貴族階級に公然と敵意を示し、元老院の決議をしばしば無効にした。それでいて自分に対してはかなり甘い、最悪な性格とされていた。

ホモは許さぬぞ
特にドミティアヌスはローマの綱紀粛正のため男娼娼婦に対し処刑を含む程の厳罰を行ったのだが、当の彼自身がにもにも手を出す淫らな人物だったと言われている。しかも同性愛者を大量に粛清したのは個人的嫌悪であった

拷問好き
ドミティアヌスは拷問が好きだったようで、男娼娼婦への残虐な拷問をいくつも思いついたとされる。特に陰部に燃えた木杭を突き刺す処刑や、陰部を火であぶり続けると言ったものが有名。

政治はできる
しかし彼はローマ帝国軍を優遇し政治手腕も無慈悲ではあるが有能であったようで、不正を許さぬ態度は方面軍や属州民からの支持は高かったが、ローマ市民には生き苦しい時代だったようだ。

生前から自分を神格化
治世の末期ドミティアヌスは現人神(ドミヌス・エト・デウス=主にして神の意)と公言し、崇拝を強要するにいたった。神となった自分の石像を作らせ、側近や議員に『俺は神だ!!跪け』と言って回り、跪かないものを次々と罰した。これは流石にローマ市民や元老院の逆鱗に触れたようで暗殺計画が立てられるようになっていった。

そして96年にドミティアヌス数々の身勝手な法律の報いをうけて、計画通り配下の奴隷と議員により惨殺された。45歳であった。

関連

関連記事

親記事

フラウィウス家 ふらうぃうす

pixivに投稿された作品 pixivで「ドミティアヌス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 476

コメント