2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

人物についてはこちらを参照⇒歴代ローマ皇帝

概要

ネルウァ=アントニヌス朝の5人の皇帝。共和制の時代から拡大を続けてきたローマの版図が最大を迎え、ローマ帝国始まって以来の平和と繁栄が訪れ、「パクス・ロマーナ(ローマの平和)」と呼ばれる時代を築いた。


五賢帝

名称在位
12代目ネルウァ96~98年
13代目トラヤヌス98~117年
14代目ハドリアヌス117~13年
15代目アントニヌス・ピウス138~161年
16代目マルクス・アウレリウス161~180年

16代目はルキウス・ウェルスと共同で、彼も含む場合もある。
マルクス以外は皇帝を世襲にせず、養子をとることで後継者に指名した。
「実子や血縁に囚われず皇帝に最適な人材を養子にした」と思われがちだが、実際は単に息子に恵まれずやむなし、という理由であった。
しかし、それが幸いしてパクス・ロマーナという絶頂期を迎えたのだからなんとも皮肉である。
マルクスの実子であるコンモドゥス暴君となり、ローマ帝国は衰退していくことになる。

関連記事

親記事

歴代ローマ皇帝 れきだいろーまこうてい

子記事

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました