ピクシブ百科事典

ヒドラの市

ひどらのいち

ヒドラの市とは、「聖闘士星矢」のキャラクター。
目次[非表示]

CV:平野正人(テレビ版)、小野坂昌也(OVA版 / 聖闘士星矢Ω)

青銅聖闘士の1人で、原作開始時点では14歳
年齢不相応なモヒカンに痩せた体躯。
銀河戦争でキグナス氷河に敗北して以来出番の少ないサブキャラで、最初はニヒル系ぽい演出だったがやがてネタキャラになった。
サガの反乱に邪武達と共に駆けつけその際に勝敗は常に顔で決まるという、ある意味この作品を象徴する名言を残している。
またハーデス編の序盤で聖域の警備をしており、それ以降語尾に「~ざんす」が付く口調になっている。

技:メロウポイズン

Ωでの市

同期の(原作設定では市の異母兄でもある)とともに登場。語尾に変わらず「~ざんす」とつけている。
しかし作中での扱いは檄と天地の差で、聖衣のシステム変更に対応出来ず自分の属性も見いだせない有様。
同期の青銅二軍は彼以外全員が引退、青銅一軍が表舞台から姿を消す中それでもなお聖闘士であることに固執している為に自分の半分ほど(下手するとそれより下)の年齢の子供達と一緒にパライストラで学生をやって世代の近いゲオルゲスの授業を受けているという情けないポジションにされて少々やさぐれ気味である(光牙にはすっかり舐められ、面と向かってオッサン呼ばわりされた。尤も光牙は基本誰に対してもこんな感じだが)。
はるかに歳下の同級生相手に威張り散らす等典型的なダメ大人と化しており、へルキャンプでは同級生達をゆとり呼ばわりしておきながら自分が道を間違えてタイムオーバーになり不合格するなどの間抜けぶりを発揮している。
しかし同期のドラゴン紫龍の子である龍峰(原作設定だと伯父と甥の関係でもある)には比較的優しく、光牙らからも「市先輩」と呼ばれている事から嫌われているわけではなかったようである。

光牙に「滅茶苦茶老けてね?」と言われていたが、容姿そのものは十代の頃と大して変わっていない(容姿に年齢が追いついたということだが)。

水蛇座(ヒドラス)の市

パライストラ崩壊後もちゃっかり無事だったようで、15話で再登場。
予告では多くの視聴者の腹筋を崩壊させた。

……が、本編では白銀聖衣を餌にされてあっさり寝返っていたことが判明。ミケランジェロに頼み込み水蛇座の白銀聖闘士にしてもらっていて光牙ら一行を攻撃してきた。
その行動の裏には青銅一軍の一見華やかに見える活躍に追いつけず、パライストラでも落ちこぼれとして過ごした十数年の鬱屈があったようである(尤も一軍メンバーは一見華やかに見える実績を残した裏で色々と大変な目にあっているのだが)。
とはいっても今までの実戦経験もあるのか、(ミゲルら程でないにしろ)そこそこに強かった。
光牙に倒されて白銀聖衣は全壊、倒れているところを現地の少年に気遣われた際は涙を流して感謝の言葉を述べており改心する可能性もあるのかもしれない。またアリアを無理に連れ戻そうとする様子や一般人の少年を本気で攻撃する様子もなく、単に個人的な鬱屈を晴らしたかっただけのようである。
一緒に土属性のコアを守護していたミケランジェロがあまりにやる気がなかったのも悪になりきれなかった原因かもしれない。

聖衣石はグリーンカラーのペンダント型だが、着用のバンクシーンは無かったので今後この姿での登場があるかは不明。
ゲーム版「アルティメットコスモ」では属性:土として水蛇座での登場となるがこちらはTV本編とは異なるオリジナル展開である。

技:パラライズベーゼ、ヒドラスゴージャスキック、ヒドラスサウザンドパラダイス

Ω第2期での市

前述の裏切り行為に対する処分からか、青銅聖闘士にランクダウンしている。
再建されたパライストラで年下の蒼摩が教員の代役を勤めていることを良しとせず、蒼摩と決闘しようとしたが同期である檄に叱責されたりしている。
1期では聖衣石バージョンの海蛇座聖衣が、片腕のみ装着されていた場面があったはずなのだが、詳細な聖衣デザインがなかったからか、2期からは旧作のデザインが流用されていた。74話ではオブジェ形態まで披露されているが、貴鬼の修復の影響なのだろうか。

別名・表記ゆれ

 ヒドラ市

関連タグ

聖闘士星矢 聖闘士星矢Ω 青銅聖闘士 勝敗は常に顔で決まる 青銅二軍

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒドラの市」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15149

コメント