ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

射手座

いてざ

十二星座のひとつ。弓を引くケンタウロスの賢者「ケイローン」を模した星座。
目次 [非表示]

概要

黄道12星座の一つで、ケンタウロス族の賢者ケイローンを象ったとされる星座

西洋占星術における黄道12宮の人馬宮にあたり、11月23日~12月21日前後に太陽に隠れる。

中国では北斗七星に対し南斗六星(ケンタウロスのからにかけて)を持っているとされ、人の寿命を司る星座とされていた。

我々の地球が属する天の川銀河の中心はこの星座の中にあり、太陽系は銀河系の辺縁部にあるため天の川はこの星座の方角がもっとも密度が濃い。


由来

ケイローンは世界最初のケンタウロスだが他とは生まれが違い、ゼウス父親である大地と農耕の神クロノスの隠し子であり、ゼウスを始めとする後発の神々たちや人々に知識を与えた。

後に生まれたケンタウロスは乱暴下品な種族ではあったが、自らと同じ姿のケイローンを長とし彼を尊崇していた。

ある日ヘラクレスが十二の試練の一環としてエリュマントス山に向かう最中、優しいケンタウロスのポロスの家に留まった。ポロスはヘラクレスがエリュマントス山の化け物を退治してくれると知り大いに歓迎するが、そのを目にした気の荒いケンタウロスたちが押し寄せ、ヘラクレスに危害を加えようとした。怒ったヘラクレスは毒矢を放って威嚇するが、たまたまヘラクレスに襲い掛かったケンタウロスの腕を貫通し、後ろにいたケイローンに命中してしまった。

ケイローンは純粋なだが霊力が低かったためヒドラを無効化できず、不死身肉体で永遠に苦しみ続けることとなってしまう。ヘラクレスは悔悟の情に囚われるも、その後人類を与えたで毎日肝臓に喰われ続ける刑罰に処されていた巨神プロメテウスを発見し、彼にケイローンのを与えることで二人の偉大なる神を永久の苦しみから救ったのだった。

死後、ケイローンはその偉業がゼウスに称えられ、射手座となった。


を狙う天の弓

射手座は蠍座と隣り合うほど近い位置にあり、その鏃は蠍座の火の心臓に狙いを定めている。

一説には、この蠍は「狩人オリオンを殺した大蠍」であり、その凶暴性を制御するために射手座となったケイローンに監視させている、とされている。


南斗六星

射手座の弓と前足を形成する星々を、東洋占星術では「南斗六星」と呼ぶ。

これはおおぐま座北斗七星と対を成す天上の柄杓であり、北斗七星が死を招く凶星であるのに対し、南斗六星は生を授ける福星とされている。


射手座をモチーフにしたキャラクター

聖闘士星矢

特撮

アニメ

漫画

ゲーム

その他


その他

  • あるなする(太平洋フェリーがかつて運行していたフェリーで、本星座のγ2星「アルナスル」に由来)

関連タグ


いて座 人馬宮 Sagittarius/サジタリウス 射手  南斗六星

黄道十二星座 黄道十二宮 星座 占星術 蛇遣座/蛇遣い座/へびつかい座

神話 ギリシャ神話 ケンタウロス ケイローン


他言語記事

Sagittarius


関連外部リンク

いて座 - Wikipedia

いて座とは - ニコニコ大百科

いて座 - アンサイクロペディア

関連記事

親記事

十二星座 じゅうにせいざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1190133

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました