ピクシブ百科事典

宇宙船サジタリウス

うちゅうせんさじたりうす

「宇宙船サジタリウス」とは、日本アニメーション制作のSFアニメである。
目次[非表示]

概要

1986年1月10日から1987年10月3日まで、テレビ朝日系列局(ただしあいつそいつこいつは放送日時差し替え)で全77話が放送された。なお、テレビ信州では、最終回のみ放送日時を差し替えた。さらには、TBS系列局約1局とフジテレビ系列局約1局でも全話放送された一方、日本テレビ系列局約1局とフジテレビ系列局約1局では途中で放送を放り出してしまった

イタリアの物理学者アンドレア・ロモリのSF怪奇冒険絵本『アルトゥリ・モンディ』を原作としているが、原作から借りているのはメインキャラクターや一部の設定のモチーフだけであり、ほぼ日本アニメーションオリジナルの作品である。ちなみに「アルトゥリ・モンディ」とはイタリア語で「異世界」という意味である。

主題歌である「スターダストボーイズ」の歌詞に歌われている通りに特別な才能や能力を持っているわけでもなく零細企業(劇中で倒産する)に務める平凡なサラリーマンに過ぎない主人公達が、家族を養う為に四苦八苦し仕事先で巻き込まれたトラブルに右往左往する言わばサラリーマンの悲哀が描かれており世知辛い描写も多いなど「どういう視聴者向けに作られたのかよく分からない」作品。これを「子供向け作品」として作っていたのなら制作スタッフは色々とおかしい。

放送時間は金曜日19時30分~20時で、前番組はメタルヒーローシリーズ巨獣特捜ジャスピオン』だった(『ジャスピオン』は月曜日19時に移動した)。ただし最終回は土曜日の同じ時間帯で放送されたものの、朝日放送は放送時間前倒し、そして先述の通りテレビ信州では放送日時を差し替えた。

元々は半年でやめるつもりだったそうだが、最高視聴率が19%まで逝っちゃったこともあり、1年9ヶ月くらい持った。ただその一方で、テレビ朝日の大胆すぎた編成(夜7時台にニュース番組を組んでしまった)のせいで無念打ち切りに追い込まれてしまった。

ストーリー

トッピーラナは宇宙輸送の零細企業「宇宙便利舎」のサラリーマンで、中古貨物宇宙船「サジタリウス号」のパイロット。1ヶ月ぶりで地球に戻ると、社長から次の仕事を言い渡された。依頼主は宇宙考古学研究所の研究員のジラフ。危険なベガ第3星に、調査のために単身で旅立った研究所の先輩で恋人のアン教授を連れ戻してほしいという内容であった。

登場人物

トッピー


サジタリウス号の船長で操縦士。娘が生まれたばかりの新婚ほやほやの30代。犬がモチーフであり、だんじてカバではない。気弱だが責任感の強い平凡なサラリーマン。

ラザニアを食べるラナ


サジタリウス号の副操縦士。妻と7人の子供をかかえるカエル顔の40代。好物はラザニア。ふだんは飄々としているがシビアな性格。関西弁をしゃべる。

アン教授を追いかける20代の宇宙考古学研究員。当初はただの客だったが、後にアン教授と結婚、トッピーが立ち上げた「新宇宙便利舎」に就職。臆病だがたまに感情を抑えられず暴走することがある。キリンがモチーフ。

ペポ♪


ベガ第3星でトッピーとラナが最初に出会った、サボテンのような種族の宇宙人。吟遊詩人で、愛用の琵琶を肌身離さず持ち歩き、その歌声にはトッピーたちは何度も命を救われている。実は女の子。

アン教授


美人で優秀な宇宙考古学者かつ物理学者。ムー大陸の謎をつきとめるため、危険も顧みず単身ベガ第3星へ向かう。

その他


主題歌

オープニングテーマ

スターダストボーイズ
作詞 - 阿久悠 / 作曲 - 鈴木キサブロー / 編曲 - 和泉一弥 / 歌 - 影山ヒロノブ / コーラス - こおろぎ'73

エンディングテーマ

夢光年
作詞 - 阿久悠 / 作曲 - 鈴木キサブロー / 編曲 - 和泉一弥 / 歌 - 影山ヒロノブ / コーラス - こおろぎ'73

外部リンク

TVアニメ公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「宇宙船サジタリウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84418

コメント