ピクシブ百科事典

北日本放送

きたにほんほうそう

北日本放送とは、富山県にある日本テレビ系列のテレビ&ラジオ兼営局。
目次[非表示]

概要

県内一の老舗局で、1952年7月に開局。1959年4月にはテレビの放送も始めている。「おはようKNB」「いっちゃん!KNB」「ご近所ラジオKNB」「ビバ!クイズ」など人気番組を多く輩出。

1978年12月23日、地方テレビ局で初めて音声多重放送を開始。
2004年10月1日、地方テレビ局で初めて地上デジタル放送を開始(日本テレビ系列局では4局目)。

1973年1月から6月にかけて、連続ドラマ「ゲンコツの海」を水曜19:30-20:00に全国ネットで放送した。富山県に生産拠点を置く吉田工業(現在のYKK)の一社提供で、渡辺篤史が主演を務めた。

テレビの系列については、中部日本放送とラジオ時代からネットワークを結んでいたことや近隣の北陸放送新潟放送信越放送ラジオ東京テレビ(現在のTBS)の系列に入っていたことからラジオ東京テレビ(現在のTBS)系列入りが有力とされていたが、地元出身の正力松太郎日本テレビ初代社長の働きかけがあったことやスポーツ中継の人気が高かったことから日本テレビ系列入りした経緯がある(『北日本放送十年史』より)。もっとも、日本テレビや読売新聞グループとの資本的関係は一切ない

マスコットキャラクターは、公式からも「不思議な奴」とされている謎の生き物・エチューと、つがいの小鳥であるゆっちゅとめっぴが存在している。

仁義なき戦い・北陸3県早朝ラジオ編

文化放送の早朝ラジオ番組「走れ!歌謡曲」を1988年4月から放送していたが、実はこの番組の放送開始当時、福井放送ではニッポン放送の「オールナイトニッポン」第2部を、北陸放送ではTBSラジオの「いすゞ歌うヘッドライト」を放送していたため、結果北陸3県では文化放送・ニッポン放送・TBSラジオの早朝ラジオ代理戦争が行われていた。
しかし、1990年3月に福井放送が「オールナイトニッポン」第2部を打ち切ってしまい、「いすゞ歌うヘッドライト」に移行したことでニッポン放送が脱落、文化放送とTBSラジオの一騎打ちの様相を呈していた。
その後2007年3月に、今度は福井放送が「走れ!歌謡曲」のネットを開始しているが、早朝3時台のみにとどまってしまった(早朝4時台は引き続きTBSラジオの番組を放送)。

ところが2020年9月、北日本放送は32年6ヶ月にわたって放送してきた「走れ!歌謡曲」をやめてしまい、「オールナイトニッポン0」平日版に切り替えた。これによってニッポン放送が復帰、早朝3時台のみながら再び3局代理戦争に突入した。また、早朝4時台はニッポン放送とTBSラジオの一騎打ちに変わっている。
なお「走れ!歌謡曲」は2021年3月の改編で終了したものの、福井放送は引き続き後継番組の「ヴァイナル・ミュージック〜歌謡曲2.0〜」を(早朝3時台のみ)放送している。

アニメについて

放送エリアにアニメスタジオのP.A.Worksの本社があるためなのか、UHFアニメの「花咲くいろは」、「Another」、「有頂天家族」、「艦隊これくしょん(艦これ)」を放送した実績を持つ。なお、「艦これ」以外の3作はP.A.Works制作の作品であり(ちなみに「艦これ」はディオメディア)、「Another」については、放送局中最も早く放送を開始した。また、キー局・日本テレビとの同時ネット番組だった「デジタル所さん」と「NANA」および(本来は深夜アニメとして制作された番組ではない)「HUNTER×HUNTER」以外では、青い文学シリーズという文学アニメシリーズを一部放送している。
放送エリアの富山県が藤子・F・不二雄の故郷であり、北日本放送は「ドラえもん」の1作目(日本テレビ制作)と2作目(テレビ朝日制作)を放送している。1作目については製作を担当した日本テレビ動画が突然解散したため他の系列局ともども放送終了、その後封印された。2作目については、1980年4月5日に第1期第3話からネットしている。

関連タグ

西日本放送:似たような名前をしている放送局。こちらも日本テレビ系列局。

外部リンク

公式サイト
Wikipedia

関連記事

親記事

首都圏以外のテレビ局及び首都圏のローカル(UHF)局一覧 しゅとけんいがいのてれびきょくおよびしゅとけんのろーかるゆーえいちえふきょくいちらん

子記事

兄弟記事

コメント