ピクシブ百科事典

JNN

じぇいえぬえぬ

JNNはTBSをキー局とする民放ニュースネットワーク
目次[非表示]

概要

 このネットワークTBSをキー局に全国の民放28局から構成されるニュース系列。
 また、このネットワークの成立は1958年と日本最初の民放ネットワークであり系列局は「○○放送」という名前が多く、ラジオ放送も行っていることが多い。そして昭和時代に多くの局が加盟したため平成新局が少ないのも特徴。
 日本最初の民放ネットワークでありながら、秋田県福井県佐賀県徳島県に系列局はなく、隣接する県のJNN加盟局( それぞれIBC岩手放送北陸放送および毎日放送、毎日放送、RKB毎日放送および長崎放送 )が取材を担当している。また現在においては全ての局がTBS系シングルネット局でクロスネット局は1局もない。これには後述するJNN排他協定が絡むこと及び平成新局設立時代にクロスネット解消を強力に推し進めたことが絡む。

JNN排他協定

 このニュースネットワーク加盟局の規定として存在し、地方局を縛っている。

  • JNNの名を冠したニュース番組は必ず同時ネットをする
  • 他のニュースネットワーク(ANNNNNFNN)へのニュース素材の提供禁止
  • 他系列のニュース番組のネット禁止( 自社作成等はOK )
 この縛りが他系列より非常に厳密であり、TBSと地方局の関係があまり良好でない所が多い。特にTBSと毎日放送、CBCの不仲は有名。さらにこれのせいで福島テレビフジテレビ系列)に愛想を尽かされテレビ山口テレビ朝日とフジテレビから系列局追放処分を食らいあいテレビテレビ朝日系列としての開局を断念した。

TBSネットワーク

 JNNの付帯事業として行われるニュース番組以外の番組供給ネットワーク。
 こちらに関しては一応JNN排他協定の影響は受けないため全国ネット番組をローカル局判断で差し替えもできるが、他のネットワークと異なり、「系列局の判断でローカル放送に切り替えた場合、放送できなくなる」こともあり、全国ネット枠で差し替えを行う放送局は野球関連の放送など、よほどの事態がない限りは行われない。
 また他の放送局に比べ制作した番組の販売も少ない。
 ただし九州などに多い民間放送教育協会(テレビおよびラジオの教育番組の制作及び番組供給事業を実施する公益法人、文化放送およびNET→テレビ朝日の力が強い)加盟局は配慮の上、放送可能となっている。

加盟局

放送局名放送対象地域
北海道放送北海道
青森テレビ青森県
IBC岩手放送岩手県
東北放送宮城県
テレビユー山形山形県
テレビユー福島福島県
TBS関東広域圏
テレビ山梨山梨県
静岡放送静岡県
信越放送長野県
新潟放送新潟県
チューリップテレビ富山県
北陸放送石川県
CBCテレビ中京広域圏
毎日放送近畿広域圏
山陽放送岡山県・香川県
中国放送広島県
山陰放送鳥取県・島根県
テレビ山口山口県
あいテレビ愛媛県
テレビ高知高知県
RKB毎日放送福岡県
熊本放送熊本県
大分放送大分県
長崎放送長崎県
宮崎放送宮崎県
南日本放送鹿児島県
琉球放送沖縄県


JNNをつけた主な番組

 タイトルにJNNを付け、報道のTBSを支えた(ただし足を引っ張ったものもあったが)番組の一部を、ここに紹介する。

  • JNNニュースコープ
 1962年10月から1990年3月の18時半から(終了時刻は時代により異なる)の時間、27年半にかけて放送された、大型ニュース番組の走りとも言える存在。田英夫(共同通信)、古谷綱正、新堀俊明、田畑光永(いずれも毎日新聞)、入江徳郎(朝日新聞)、戸川猪佐武、藤原弘達(いずれも政治評論家) 、浅野輔(国際商科大学教授)、吉川美代子、三雲孝江、松下賢治(いずれもTBSの局アナ)と言った名キャスターを輩出した。
  • JNNニュースの森
 上記のJNNニュースコープの後継番組として1990年4月にスタート。こちらも荒川強啓、久和ひとみといった名キャスターを輩出したほか、進藤晶子、小川知子、小倉弘子と言った、TBSの看板女子アナがメインキャスターを務めている。だが全体的には「スーパータイム」(FNNフジテレビ系列、ただし一部系列局除く)や「NNNニュースプラス1」(日本テレビ系列ほか)、さらには「小宮悦子のスーパーJチャンネル」(テレビ朝日系列、ただし一部系列局除く)やテレビ東京アニメ(ただしポケモンショック以前)にやや押され気味だった。2005年3月終了。
  • JNNイブニング・ニュース
 JNNニュースの森の後継として2005年3月末にスタート。JNNニュースコープ最後のメインキャスターだった三雲孝江をメインに据えた。2009年3月に終了したが、この番組の終了後、「JNN」をタイトルの頭につけた大型ニュース番組は(選挙特番も含め)放送されていない
  • JNNおはようニュース&スポーツ
 1983年4月から1991年3月まで放送された。朝6時台の30分のニュース番組の先駆けとも言える存在。大相撲の場所中には、前日の主要取り組みを伝える「スポニチ大相撲ハイライト」をこの番組で放送した。
  • JNNニュース22プライムタイム
 1987年10月に鳴り物入りでスタートさせた平日22時台の報道番組。打倒「ニュースステーション」(ANN・テレビ朝日系列、ただし一部系列局除く、久米宏がメインキャスターを務める)を目指し、当初黒柳徹子をキャスターに据えようとしたりしたが失敗。結局ライバルには全く相手にされず、その上メインキャスターであった森本毅郎不倫による謹慎などもあり、わずか1年で打ち切られ、その後報道番組を続ける(JNNニュースデスク'88/'89)が1年で廃止された。この番組の大ズッコケこそ、その後のTBSの大凋落の引き金になったと言える。まさにTBS黒歴史の一つ……ともいえるが、この番組のおかげで「ニュース23」の大枠ができたことを記述しておく。
  • JNNフラッシュニュース
 21時台か22時台の直前に存在する3分から6分程度のニュース番組。1962年開始。
  • JNN報道特集
 1980年10月から2008年3月まで放送された、ニュースバラエティーショー。日曜の夕方でサザエさん(後にちびまる子ちゃんも加わる)にボコられていた印象があるが、取り扱ったネタによっては「サザエさん」に並んでしまったこともごくたまにあった。また、元々は土曜深夜の番組だった。アシスタントの一員という格好で阿川佐和子が加わるまではオッサン(フリージャーナリストの蟹瀬誠一以外は全て毎日新聞記者)しか出てこなかったため、「相変わらずの(見苦しい)3人が、お伝えします」という自虐スポットCMが放送されたことがあった。ただし1997年3月から番組終了までは美人ジャーナリストとして知られる田丸美寿々がメインキャスターを務めた。ちなみに「報道特集」という名前の番組は2017年春の改編時点でも土曜17:30-19:00にて放送中。

関連項目

TBS
他のネットワーク: FNN Nippon_News_Network ANN

pixivに投稿された作品 pixivで「JNN」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173

コメント