ピクシブ百科事典

北海道放送

ほっかいどうほうそう

北海道を放送エリアとするテレビ、ラジオ局。
目次[非表示]

概要

テレビはTBS系列。ラジオはJRNとNRNのクロスネット。略称はHBC。コールサインはテレビがJOHR-DTV、ラジオがJOHR。

青森県の一部や北方領土でも受信できる。ゆえに1994年の北海道東方沖地震で、北方領土でも大きな被害が発生したが、その際現地に在住するロシア人のために、地震発生後しばらくの間、テレビの天気予報で北方領土の住民向けにロシア語テロップによる天気予報が行われたことがあった。

HBCウェザーセンターという独自に天気予報を行う機関が存在している。

1952年3月に開局。さらに1957年4月にはテレビ放送を開始したが、これは東名阪3地域以外で初めてテレビ放送を開始した民放だった。さらにテレビ放送のために手稲山山頂に送信所を設置したが、これにより、日本で最初に送信所を山の頂上に設けた放送局となっている。当時「手稲山の山頂に送信所を作るなんて無謀だ!」とまで言われたとか。ちなみに山の山頂に送信所を置く方式をマウンテントップ方式と言う。

アニメ事情

深夜アニメの放送数はテレビ北海道に次いで第2位である。また、北海道のテレビ局で唯一深夜アニメの自社制作実績を持つ(「RAY THE ANIMATION」と「砂ぼうず」。ただし他の地方TBS系列局との合同制作、さらには関東では独立局で放送された)。

ああっ女神さまっ」テレビシリーズの第1期を地方局で唯一ネットした。しかも早朝6時にである。ただし第2期は放送されていない。

また原作者が北海道に住んでいるということで本州では独立局しかネットしないショートアニメストレンジ・プラスを1期、2期ともネットしている。

アニメ・声優情報バラエティ番組「コエキタ!!」を放送していた。なお本来はCS局MUSIC ON!TVの番組であり、地上波ではここのみの放送だった。

夕方の情報番組で北海道出身のClarisを特集したことがある。

あれ?Clarisって出身地非公開だったよね?

マスコットキャラクター

本来のマスコットキャラクターはサルのもんすけなのだが、pixivで描かれたことがない。その代わり、ボーカロイドの一人である重音テトがマスコットキャラクター代用として描かれている。これは、重音がここの宣伝マンを務めたことがあるため。

縦読み

さて、このHBCを語る上で絶対にはずせない話題が一つある。
それは、北海道日本ハムファイターズの試合を中継する時に、各新聞社のテレビ欄で繰り広げられる縦読み芸である。
そのクオリティは極めて高く、左縦一列で納まることを知らず、左右それぞれ一列が縦読みになってたり、あるいは左縦一列から最下段までのL字型、果ては要所要所に縦読みなどを挟みこんで、一つの文にファイターズ所属選手16人が織り込まれるなど多種多彩。
詳しくは『HBC 縦読み』で検索。

pixivに投稿された作品 pixivで「北海道放送」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11684

コメント