2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

SASUKE

さすけ

『SASUKE』とは、100人の出場者が巨大なアスレチックに挑戦するスポーツバラエティ番組。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 少年漫画『NARUTO』の登場人物の英字表記。→うちはサスケ
  2. TBS系列で不定期に放送されている特別番組。本項で解説する。

※うちはサスケ関連のイラストが大半を占めるため、「NARUTO」をマイナス検索するなど投稿作品の絞り込みを推奨する。

概要

『SASUKE』とは1997年からTBS系列で不定期に放送されている、視聴者参加型スポーツエンターテインメント番組である。

海外展開も行っており世界165カ国で放送、18カ国でSASUKEのフォーマットを採用して自国制作され、特にアメリカ版である『Ninja Warrior(ニンジャ・ウォーリアー)』は絶大な人気を博している。2013年にはマレーシアで初の世界大会が開催された。

過去には派生企画として女性限定の大会である『KUNOICHI』や、小中学生向けの『SASUKEJr』、体力自慢な高齢者向けの『SASUKEsenior』が放送された。

2022年に国際近代五種連合が2024年パリ五輪を最後に除外される「馬術」に代わる新種目として「障害物レース」という名称で『SASUKE』の導入を検討していることが明らかになる。
障害物としてSASUKEの一部セットが導入されるスパルタンレースのような種目になる模様。

番組内容

センシティブな作品
いよいよ決戦‼ SASUKE2020‼



毎回100名が出場し、「1st」、「2nd」、「3rd」、「Final」の4つのステージに分かれた様々な障害物をアクションゲームのようにクリアしていく巨大フィールドアスレティックス。
途中で池に落下したり、池の水面に体の一部が着水したり、コースアウト・タイムアップになるとその場でリタイアとなる。毎回何らかの新エリア設置、あるいはマイナーチェンジが行われることが多い。
完全制覇者には賞金200万円(24回のみ車)が贈呈される。

初期はタイトルの『SASUKE』の由来となった猿飛佐助のように、忍者のごとくバランス能力が試されるエリアが多かった。しかし、近年はバランス系エリアはごくわずかとなり、握力・腕力・脚力・体幹の強靭さなどを試されるパワー系エリアがステージの大半を占めている。

基本的には視聴者参加型の番組だが、様々なアスリートやスポーツ選手、更にはSASUKEに夢中になった芸能人達も多数出場している。

また、バラエティ番組としての要素も有しているため、出場者100名の中には1stステージの最初のエリアすら全くクリア出来そうにない、盛り上げ担当のお笑い芸人など明らかな色物も出場していることが多く、阪急電鉄の車掌が気合いが空回りしていきなり落水したり、放射線技師が白衣のズボンを脱げずにヤケクソ状態で自爆して、カメラマンも巻き添えで池に落とすなど、予想できないハプニングが発生することも。

出場者の順番は後半になればなるほど有力選手となっており、例外もあるものの基本的にはゼッケン1番~50番は初出場の一般人や芸能人などの色物枠、51番~80番はクリアが期待できる実力者、81番~100番はステージクリアが濃厚な本命選手が多い。特に100番は完全制覇に最も近い大本命選手扱いとなっており、出場者やファンからの期待と信頼を一身に背負っている。

SASUKEは競技の難易度の高さと、それに挑む出場者の人間ドラマも魅力の一つ。
完全制覇を目指し自宅にSASUKEのセットを自費で組み上げ練習を積む者や、練習時間を確保するために転職する者、さらには練習に熱中する余り失職した者すらいる。
ここまで来るともはや賞金目当てや損得勘定で参加している雰囲気すら全くない。むしろ彼らはSASUKEそのものを愛し、SASUKEに人生そのものを捧げる愛すべきSASUKEバカたちである。
上記の理由から「名も無き男たちのオリンピック」とも称されている。

有名なエリア

1stステージ

  • 五段跳び

斜面状の足場4つを滑らないようリズミカルに超えていくエリア。
見た目簡単そうに見えるが、案外初見の挑戦者はここで転ぶことも。
派生に「六段跳び」や「十二段跳び」など、数に物を言わせたものもあれば、足場の形を変形させた「ドームステップス」「クワッドステップス」や、最後の足場からロープに掴まる「ステップスライダー」が存在する。なお、現行の「クワッドステップス」以外は足場に手をつくと失格となる。

  • ローリングヒル
第1回から第7回まで存在した「丸太登り」と、第1回から第4回まで存在した「丸太下り」をひと繋ぎにしたリメイクエリア。傾斜のついた5段の回転するローラーに飛びついてよじ登った後、逆バージョンの下り坂を下りて対岸に着地する。
コツは丸太が回転しないようにすること。
かつての「丸太下り」はジャンプで超えてしまう選手も多かったが、第34回から安全の都合上頂上からの飛び降りは禁止されている。

  • ローリング丸太
第3回大会から新設され、長く初見挑戦者を振り落としてきた「急転直下の拷問車輪」。
第2回大会でFINAL進出を果たした田中光を初め、多くの有力選手を潰した最初の壁である。
このエリア以降、「しがみつき」や「回転」をイメージしたエリアが必ず一つは設置されるようになる。
因みにオールスターズレベルになると、この程度は完全に通過点だったりするが、実際回転力は凄まじく、第25回で初体験で漆原裕治が目を回した。
派生として側面に張り付く「ローリングエスカルゴ」が存在する。
第25回を最後に登場していなかったが第37回の2ndステージの新エリア「ローリングログ」として復活予定だった。しかし、悪天候の影響で見送りとなり、正式な復活は第38回からとなった。

  • ロググリップ
ローリング丸太と異なり、しがみついて衝撃に耐えるエリア。当時高校生だった佐藤惇が唯一1stでリタイアしたエリアでもある。
派生として「タイファイター」「ウィングスライダー」「シルクスライダー」がある。

  • フィッシュボーン
女性版SASUKE『KUNOICHI』で初登場した、回転する突起を避けながらを小さな足場を渡るバランスエリア。
抜けられるタイミングが少なく、熟練の挑戦者でも度々不覚を取るエリアである。
派生というより旧型としては突起だらけの回転するローラーを抜ける「ヘッジホッグ」が存在する。
5つのハンマーを避けながら平均台を渡る「5連ハンマー」もコンセプト的に近いかもしれない。
第37回からはフィッシュボーン改となり、足場が増え後半は逆回転するようになった。
なお、足場を飛ばしてショートカットする事は禁止されており、第38回で竹田敏浩が最後の足場を飛び越えて失格となり、同大会で全カットした選手でも同様の失格となった選手が続出した。

竹田「知ってたらわざとでも踏んでたよー」

第5回から新設された難関。
トランポリンを飛んで先のネットにしがみつくという難しいエリアで、第6~8回では完全制覇者の秋山和彦を3回連続でリタイアに追い込んだ。
第18回にはスパイダーウォークと合体した「ジャンピングスパイダー」に進化しており、スパイダーウォークの苦手な山田勝己が計4回リタイアした。尚、秋山はこの形態では無敗
トランポリン系のエリアは、第28回では左右にネットが分かれて掴みにくくなった「ジャンプハング改」、ブランコ状のバーに掴まった後、円柱に飛び移る「ダブルペンダラム」を経て、後述の最新式に進化している。

現在のトランポリンエリア。後述アメリカからの逆輸入であり、最初のバーの下りで強烈なG(速度)がかかる上、そこから2本目に飛び移らなければならない。
しかも1発で2本目に移れないと構造上クリア不可という鬼畜使用で、初見でこれに嵌ってしまった竹田敏浩は逆上がりしか出来なくなった。
後述のそり立つ壁と並ぶ1stの難所エリアであり、山本進悟、長崎峻侑、菅野仁志などの有力選手達も苦戦している。

  • タックル
第31回から新設されたエリア。過去に2ndに設置されていたタックルマシンの強化版であり、240kg、300kg、320kgの計860kgの壁を押し進んでいく。
ここで足腰のスタミナを削られ、続くそり立つ壁で涙を呑む挑戦者も多い。

SASUKEの代名詞とも言うべき1st最大の難所エリア。
第4回までは「そそり立つ壁」という名の急斜面の坂だったため、時間さえ気にしなければ端を掴んで昇ることも出来たのだが、現在は反り立った斜面を駆け上がって天辺を掴まなければならない。
身体能力のほかにコツが必要で、多くの挑戦者は実際にセットをこしらえて修行に励んでいる。
派生として高さの異なる2つの壁を連続で昇る「2連そり立つ壁」や、壁の上にロープが付いた「グレートウォール」といったエリアが存在する。

2ndステージ

  • ローリングログ

第37回では安全上の理由から見送られ、第38回から正式に2nd第一関門として登場。
かつて1stで猛威を奮ったローリング丸太のリニューアル版で、以前の物と比べ丸太の直径が小さくなっており、容赦の無い遠心力が三半規管を直撃しスタミナを奪うエゲツないギミックに進化している。
一番キツいのが、ローリング丸太の時より回転数が2倍である事

横長のバーを両手で掴み、縦に続く突起を1段ずつ引っ掛けながら上がっていく、「鮭の滝登り」。
それまで2ndはタイムアタックという概念をひっくり返した難所で、第19回では1stを生き残った2人を叩き落としたトラウマエリア。
現在は2ndとFINALの2つのステージに設置されており、2ndでは登りと下り。FINALでは15段の登りという非常に長いバージョンが存在している。

  • スパイダーウォーク
第1回から登場している定番エリア。2枚のアクリル板の間を突っ張って進む。
初期はやたら長い上に道中「動く壁」があり、主に時間の面でチャレンジャーを苦しめた。
かつては山田勝己が特に苦手としていたエリアであり、現在は通過点になりつつある。
第40回大会から権利の問題で「スパイダーラン」に名称変更がされた。

  • メタルスピン
第14〜27回大会で使用されたエリア。鉄製の円盤からぶら下がるゴム製の紐に飛び移り、その反動と遠心力で向こう岸へ渡る。
山本進悟曰く「脇を閉めないと振り落とされる」ほど反動が強いらしく、実際脇を閉めなかった選手はほぼほぼ落下している。
第15回大会で、あの長野誠を落としたエリア。そのためスタッフ間では重宝されていたらしく、長い間長野に対する嫌がらせの如く設置され続けたが、他の挑戦者が多大な被害を受けた一方で、長野はその後一度も失敗しなかった。

第28回から新設された、史上初の水泳エリア。サーモンラダーに続く難所として知られる。
8メートルのプールを逆流に抗いながら泳ぐため、体力を根こそぎ持っていかれる難所。
だが本当の地獄は突破した後となっている。

第1回から登場しているエリア。旧称「逆走コンベア」。「逆走コンベア」としては第13回まで登場しており、第14回から前述の「メタルスピン」に変わった。
第32回で「リバースコンベアー」として復活して以降は、前述のバックストリームの後に挑戦するため、めちゃくちゃ滑る鬼畜難易度となっており、漆原や髙橋賢次がここでスタミナ切れに追い込まれたこともある。また、両端に足を付けて進むのはルール違反である。

30キロ、40キロ、50キロと順に重くなる壁を持ち上げてゴールに突き進む最終エリア。
既にヘトヘトになっている状態でこれを突破するのは、至難の業である。
かつては(主にオールスターズのメンバーが)最上段まで上げて片手で支えてみたり、ボタンを押す前にバク転を決めてみたりパフォーマンスの場ともなっていたが、前述の2エリアが追加されてからは文字通り死に物狂いの最終エリアになっている。

3rdステージ

  • フライングバー

サーモンラダーを横に倒したような、バーで先の皿に飛び移っていくエリア。
当初はパイプスライダーに代わる最終エリアを予定していたが、誰も到達できなかったため前倒しになり続け、今では初回エリアになってしまった。
第6期で復活直後は予想外に猛威を振るい、特に第33回はあの森本裕介を含む日本人選手4人全員を飲み込んだ。そのせいか第34回以降は皿のサイズ拡大と滑りにくい素材に変更したため、難易度が低下している。

  • サイドワインダー改
ポールにしがみ付き、1.8m離れた別のポールに飛び移る。ポールは4本ある。この形態での脱落者は存在しなかった。
第32回ではR改となり、4本のポールのうち、2本目と3本目のポールはしがみ付くと降下して衝撃が加わった。
第39回で更に改良が加えられ1本目と3本目に回転するようなり飛び移るタイミングが取りづらくなった。

  • スイングエッジ
第39回で新設されたエリア。Xのような形状のバーに順手→逆手→逆手と飛び移っていく。
一見単純にも見えるが、二本目と三本目を必ず逆手で掴まなければならないため、従来にない動きを要求される。さらに赤い突起部分以外を掴むのは反則であり、このルールで第39回では伊佐が失格となった。
梶原は初見でクリアするも、その後良幸、伊佐が立て続けにリタイアし、これを目にした日置に「こんなんクリフハンガー前に置いちゃ駄目でしょ!」と言わしめた。

第4回で初登場し、3rdステージの代名詞として知られる究極の難所エリア。ここで辛酸を舐める挑戦者も多い。
長さ3センチという僅かな突起に指を引っ掛け、空白を避けながら横に進んでいく。
完全制覇後に大幅なリニューアルが施されることで有名なエリアで、大抵初お目見えの時はここで挑戦者が全滅する「クリフ無双」となる。
当初は2つの空白を交わしながら真横に進むものだったが、上り段差が生まれ、下り段差が増え(クリフハンガー改)、突起が傾いた上、1mの間隔を飛び移る(新クリフハンガー)、長さが倍増し(アルティメットクリフハンガー)、背面ジャンプを強いられ(クレイジークリフハンガー)、挙句の果てにはジャンプ先が上下に可動する(ウルトラクレイジークリフハンガー)、上下だけでなく前後に可動する箇所ができる(クリフハンガーディメンション)と、多くのリニューアルが重ねられた。
だが本当にすごいのは、これを容易くクリアできる者がいるという事実である。

上から突き出ている横の奥行きの幅1cmの突起に掴まりながら横に移動する。第31回とエリア名は同じだが、突起の数が3本に増えた。途中には空白が2か所あり、1本目から2本目は30cm奥へ、2本目から3本目は60cm奥へ移動する。ここをクリアした後はブレイクゾーンの緑色のパイプへ乗り移り休憩出来る。尚、第33回大会ではブレイクゾーンを挟まずにパイプスライダーへ直接移動する仕組みであった。第35回からは、番組上でバーティカルリミットと表示されている。
一部の参加者は後の進化を見越して飛び移りの練習も始めている模様。

2本のパイプの上に乗った横向きのパイプを動かしながら、ゴール地点に飛び移る、3rd最後の審判。
初期はコーナー地点で休憩ポイントがあり、大抵CMを挟む。
ゴール地点に飛び移るためにバーを支点にして体を振る必要があるが、振りすぎると反動でバーが後退するという理不尽な難しさになっており、長野や森本も最初はこれに阻まれてFINALを逃した。
だがこの二人は2回目以降の挑戦で失敗したことがない。 
これでもかつてはクリフハンガーを差し置いて3rd最難関と言われていた。その頃は到達者の大半がオールスターズで落下者の大半もオールスターズだった。

FINALステージ


  • スパイダークライム
開始の合図と共に、スタート地点から壁に手足を突っ張った状態で壁を上に素早く登っていく。当初では残り15秒までに登らなければ左右の壁が開いていくというシステムがあったが、第29回(ファイナリスト実現は第30回)以降このシステムは廃止。
第39回より、最初のエリアは「スピードクライミング」に変わった。

  • サーモンラダー
第32回より最初のエリアと綱登りの間に追加された。その高さは15段とかつて2ndステージで猛威を振るった初期型の2倍以上ある。普通の3rd常連組でも3往復が限界の上下4段サーモンを倍のスピードで7往復できる森本ですらギリギリ。綱登りに入る頃には本人曰く「死にかけていた。」
足を付くことができない都合上、吊り下げられた綱を掴むのが地味に難しい。

  • 綱登り
完全制覇へ立ち塞がる最後の最後の壁。ゴール地点に繋がるロープを登っていく。初代FINALは15mの綱登りのみだったが、挑戦者のほとんどが半分を僅かに超える程度でタイムアップになっていた。第4回の秋山の完全制覇で翌大会にリニューアルされて以降は、ごく一部の回を除き複数のエリアで構成される内の最終エリアとして設置されている。かつては時間切れになるとロープが切れることもあり、多くの挑戦者を振るい落としてきた(現在は安全面への兼ね合いからか、ゆっくり降ろされるか、ゴール地点に近ければ引き上げられる)。第12回の長野はわずか0.11秒の差で完全制覇を逃したこともあった。

有力選手

毎回多種多様な職業の人間100人が登場するSASUKEだが、その中でも過去に優秀な成績を収めた選手は90番台以降のゼッケンをつけて1stステージ後半にまとめて登場する事がよくある。
ここではその有力選手をまとめる。

完全制覇者

名前大会
秋山和彦第4回(1999年)
長野誠第17回(2006年)
漆原裕治第24回(2010年)、第27回(2011年)
森本裕介第31回(2015年)、第38回(2020年)


SASUKEオールスターズ

ミスターSASUKEこと山田勝己を筆頭に初期から出場している6人の有力選手。
全員が単独での最優秀成績の経験があり、完全制覇(秋山、長野)、皆勤賞(山本)、2nd3rd最多進出(竹田)など様々な記録を持つ。
第11回では6人全員が1stをクリアするなど長きに渡り活躍し、後の新世代達を始め多くの選手達に影響を与えた。

山田勝己
「俺には……サ、SASUKEしかないんですよ……」(第10回3rdリタイア時)
ご存知ミスターSASUKE。初登場は第1回大会。この時は2ndの5連ハンマーで落下。
初めて注目されたのは第3回。当時5人のFINAL挑戦者の中で最もゴール付近に迫ったことで
「完全制覇に最も近い男」と呼ばれるようになる。
残念ながら完全制覇はなしえなかったが、ひたむきにSASUKEに挑み続ける彼の背中を追ってSASUKEを志した人間は多い。
第10回での上記の言葉は山田を象徴する名言として紹介VTRなどでは必ずと言っていいほど使われる。
何度も引退を宣言するたび撤回してきたが、第28回をもって惜しまれながらも引退。
その後は山田軍団「黒虎」を組織し、若手選手の育成に力を入れている。
第38回以降は再び選手にも復帰した。

長野誠
「いや、見ません。また今度、ちゃんときた時に」(第12回FINALリタイア時)
宮崎県出身の「史上最強の漁師」にして史上二人目の完全制覇者。初登場は第7回大会だがそり立つ壁でリタイアしており、この回はカット。
第8回でもこれに阻まれた事から自宅にセットを再現して特訓に励み、第9回で3rd進出を果たして注目される。
ほかならぬ山田勝己に憧れてSASUKE出場を志した事と、第11回から3回連続でFINAL進出を果たした成績から「第2の山田」ともいわれる大本命と称される。
その後第17回で見事完全制覇を達成。FINAL進出5回、8度の最優秀成績、15度のゼッケン100番(2000番を含む)というSASUKE史に残る選手である。
第32回をもって惜しまれながらも引退。挑戦後は引退セレモニーを行った。その後も毎回会場には足を運んでおり、時には解説者としても活躍。
第38回では久しぶりに選手として出場して会場を驚かせた。余談だが、これにより第38回は2回以上FINAL進出経験のある選手全員が出場した大会となった。
第40回では長男の塊王と共に初の親子での出場を果たし、50代を迎えても尚1stクリア目前まで迫ってみせた。
実は何かとエリアのマシントラブルでリタイアしてしまう事が多かった。特に第23回ではスライダージャンプのロープがセットの鉄骨に絡まるというアクシデントが発生し、まさかの1st再挑戦となった。体力面の条件から誰もがクリアを絶望視していたが、結果的に15秒以上残してクリアしてそのままFINALまで進出する異次元の強さを見せつけ、後述の新世代の面々からは「神様だよ」と称された。

秋山和彦
「僕らは所謂、雑草アスリートですから」(第12回挑戦前のインタビュー)
北海道出身の指圧師にして初代SASUKE完全制覇者。元毛ガニ漁師だったことから「毛ガニの秋山」と呼ばれていた時期がある。毛ガニを背負ってスタートラインに立つ姿に憧れた人も多いだろう。
初登場は第2回大会だがこの時は2ndでタイムアップ。
しかし第4回で高速タイムでのクリアを達成し、3rd、FINALを立て続けにねじ伏せ、前人未到の完全制覇を達成した。
元々先天性の弱視を患っており、そのハンデを乗り越えての大偉業に当時全国のお茶の間が仰天したという。
後の漆原や又地のような3rd特化の軽量級選手の先駆け的な存在。前述の弱視もあって1stが最も苦手でそれ故に第6回のジャンプハングでのリタイアをきっかけに苦戦を強いられるが、それでも第11、12回では3rdまで進出している。
第28回をもってSASUKE引退を表明。その後の出場はないが完全制覇者やオールスターズの一員としての招待には快く応じており、第40回では後述のせいやに触発されて他の完全制覇者達と共に電撃復帰を果たして会場を沸かせた。

山本進悟
「僕が欲しいのは"実力者"であって"唯一の皆勤賞"」(第23回1st挑戦前の紹介VTR)
東京世田谷のトレーニングジム代表を務める。SASUKEの歴史で唯一第1回大会から皆勤を続けるその姿はまさにSASUKEの不死鳥伝説
当初は長谷川サービスステーションのガソリンスタンドのアルバイト店員で、どこにでもいる優し気なお兄さんといった見た目だったが、いきなり俊敏かつパワフルな身のこなしで第1回1stを突破。
特に丸太下りをてっぺんからジャンプして突破する様子から「凄いぞガソリンスタンド勤務! 普段何やってるんだ!?」と実況に驚かれた。
その後登場のたびに正社員、店長、所長、エリアマネージャー、課長と出世を続け、当時の古館アナウンサーは「油まみれの出世街道」と表現している。
第3回、第7回の2回のFINAL進出、第5回と第7回の二度の最優秀成績の経験を持つ。特に第7回では同大会唯一のファイナリストとなったが、開始直後に肩を脱臼し、僅か5秒でリタイアするという苦い経験をしている。
第31回以降長らく1stリタイアに苦しんでいたが、メンタルを強化して臨んだ第40回で実に10大会振りに1stをクリアし、同大会のケイン・コスギと並び1stクリア最年長記録を更新した
余談だが最近YouTubeでもゲストとして招かれていることがあるらしい。

竹田敏浩
「災害現場で子供背負って救助してると思ってやります」(第15回3rd挑戦前)
加圧ジムトレーナー。
当時「史上最強の消防士」と呼ばれた有力選手で、初登場の第5回大会では自身の前に1stに挑んだ73人が全員脱落する中、いきなり1stクリアを果たして大注目される。
その後第11回から第17回まで7大会連続の3rd進出という現在も破られていない(佐藤惇が第38回で並んでいる)大記録を挟んで、第2期終焉の時点で出場13回3rd10回、第3期終焉の時点で出場20回3rd進出13回と比類なき安定感を誇っていた。以降はサーモンラダーに阻まれ続けて3rd進出は果たせていないが、40歳を越えても尚第33回と34回では1stをクリアしている。
2nd、3rdともに最多進出という記録を持ち、第34回にはあの長野が残したステージクリアの合計数も抜いて最多記録となった。
しかし、オールスターズの中では唯一FINAL進出が果たせておらず、涙を堪える姿もあった。
秋山や長野の引退後も山本とともに挑戦を続けていたが、2022年6月に自身のYouTubeチャンネル上で引退を表明した。
話によれば、運動時に心臓への負担が感じられるとの事。ご自愛ください。

白鳥文平
「ありがとうございましたぁーっ!」(第15回1stクリア時)
千葉県の公務員で、「印旛村の英雄」というキャッチフレーズがある。なお現在、印旛村は市町村合併で印西市に名前を変えている。
初登場は第9回大会。当時1stの難関だったジャンプハングを高身長を活かした片足跳びで突破し、その後第17回まで1st連続クリアを果たして6人目のオールスターズと呼ばれるようになる。
第15回では猛暑により熱中症にかかってしまい、100番の長野の後の挑戦となったが見事に1stをクリアし、そのまま3rdまで進出を果たした。
自宅に数多くのSASUKEセットを自作しており、その完成度の高さから有力選手が彼の自宅に集まって合宿に励む事があったが、2009年に解体された。
全盛期の白鳥の魅力は華麗さで、かつての3rd難関エリアだったランプグラスパーはあまりのリズミカルさに観客から手拍子が起こるほど。またパイプスライダーは僅か3~4回の振りで終点に達する。
腰痛や怪我の影響で、第21回大会以降は第30回記念大会のみ自身の幕引きとして出場している。
この時のジャンプハングはネットが左右に分けられて片足跳びでの飛び移りは不可能に近かったが、白鳥は敢えて自身の片足跳びで勝負。結果は着水リタイアとされてしまったが、最後にカメラに見せたのは全てを出し切った白鳥の笑顔であった。

SASUKE新世代

第17回大会の長崎峻侑がFINAL進出した頃から、SASUKEオールスターズよりも若い世代をSASUKE新世代と呼ばれるようになった。
2度の完全制覇を果たした漆原裕治が新世代のリーダーと呼ばれている。
一時期「SASUKEオールスターズvs新世代組」と番組側から演出していた時もあった。
現在、高齢化も進んでいるもののそれを感じさせない活躍を見せている。

漆原裕治
「人生って、ホントにこんな事があるんですね……」(第27回V2達成時)
靴の「ハルタ」の営業マンにして、史上3人目の完全制覇者
初登場は第21回で、この時こそ1stリタイアだったが、続く第22回でリベンジを果たしFINAL進出。
新世代のリーダー格として完全制覇候補に名乗りを上げ、第24回で見事完全制覇を達成。
さらに第27回でも進化したFINALをねじ伏せてSASUKE史上初のV2を達成した
しかし、細身故パワーに欠けるという弱点があり、また、水泳もあまり得意ではなくバックストリームも苦手。以降の新エリアがいずれも腕力を問われるものが多いため、秋山の時のジャンプハングのような漆原対策なのではという説も上がっている。
第34回には1stをクリアできなければ引退と宣言して挑み、見事に4大会ぶりのクリアを決めて引退を回避。40代に突入し限界説も囁かれていたが、第36回には6年半ぶりに3rdステージ進出。SASUKE史上初の40代によるクリフハンガー攻略をウルトラクレイジークリフハンガーで成し遂げるという健在ぶりを見せた。第37回でも3rdステージに進み、前回リタイアしたバーティカルリミットを攻略するも、最終エリアのパイプスライダーで開始直後に落下。リタイア後のインタビューでは涙を滲ませながらリベンジを誓っていた。
第40回では44歳にして三大会振りの3rd進出を果たし、同大会の鈴木祐輔と並び2ndクリア最年長者となった
現在はYoutubeでSASUKEの練習風景や他の選手との交流、プライベートの様子を投稿している出場選手は珍しくないが、漆原はその先駆者とも言える存在。彼の動画には、同じく新世代で仲の良い日置や又地を始め、多くの選手が登場している。

長崎峻侑
「人間が60億人以上いて、平等なのは「時間」と「夢を持つこと」だと思うんです。小さいことからでいいんです。一つずつ叶えていくことで、大きな夢も絶対叶うと思うんですよ」(an-lifeインタビュー)
北京オリンピック強化選手に指定されたトランポリンパフォーマー兼引越屋。
初登場は第14回で、第17回では因縁のクリフハンガーを突破して長野とともにFINAL進出。
当時19歳であり、第1回での川島孝幸(当時18歳)に次ぐ若さでの偉業である。
この頃からオールスターズの後の若い有力選手を「SASUKE新世代」と呼称するようになる。
第18、19、36回では弟も出場。池谷兄弟との対比で長崎兄弟と呼ばれて話題になった。
第19回リタイアから長らく姿を消していたが、第29回大会で待望の復活。
第36回以降はドラゴングライダーが鬼門となっていたが、第40回で久しぶりの1stクリアを果たした。

菅野仁志
「やっぱり筋肉マンが、筋肉が人よりある人が歯を食いしばって頑張って乗り越えるからこそ感動が生まれるのであって、ちょっとみんなに筋肉の良さを教えたいな」(第28回直前ナビ)
初出場の第20回は国士舘大学の体操競技部所属で、大学の後輩である長崎の活躍に触発されての出場だった。現在はビルメンテナンス業とシルバーアクセサリーデザイナーを兼業している。
第22回で3rd、第23回でFINAL進出を果たした事で注目され、新世代有力選手の一人として活躍中。
しばらく3rdのクレイジークリフハンガーが鬼門であったが、第31回でついに突破し、今後の更なる飛躍を予感させた。しかしその後は肩の脱臼等の故障もあって1stリタイアが続いている。
また成績の浮き沈みが激しく第3期と第5期はほとんどで3rdステージまで進出しているが、第4期と第6期は一度も3rdに進めていないどころか1stクリアが2度(6期は0回)しかない。
第36回から四大会連続ドラゴングライダーでリタイアを喫していたが、第40回でついにリベンジを果たす。しかし、2連そり立つ壁で無念のタイムアップとなった。
余談だが、第31回大会で初の1st突破を果たしたゴールデンボンバーの樽美酒研二とはプライベートで仲が良いらしい。

橋本亘司
『2nd stage初めてのクリア者は、やはり橋本亘司でした!』(第27回2ndクリア時)
島根県体育協会体操指導員。初出場は第21回、そこから3回連続で予選を突破し第23回で1stクリア。3回連続で予選会をクリアしたのは橋本のみである。
続く第24回大会ではファイナリストの1番手となり、漆原、菅野に続く「新世代第三の男」として有力選手の一角に躍り出た。
その後も第27回でアルティメットクリフハンガーの初のクリア者となるなど活躍するも、第30回以降出場が途絶える。
新たに躍進した新世代選手達の活躍により今では影が薄くなった感が否めないが、SASUKE裏チャンネルに現れたり、漆原とラーメンを食べに行く姿なども確認されており彼の復活を待つファンは多い。
近年ではマッサージ店「ほぐしやkiwami」を開業。漆原のYouTubeに出演し、TV上では見せなかったコミカルな人柄が人気を集めており、「体が作れればまた挑戦してみたい」という旨の発言もしている。
第40回では一般オーディションを通過し、約9年振りの出場を果たして注目を集めた。

川口朋広
『スタッフからは危険を促されましたが、本人の強い希望を尊重し、挑戦していただきましょう!』(第32回足の打撲を抱えたままでの3rd挑戦時)
クライミングシューズメーカー取締役。初登場は第21回。第30回でFINALを達成し、注目を集める。
SASUKEの各ステージの分析が非常に細かく攻略法も鋭いため、スタッフ間では「教授」というあだ名までつけられているらしい。
「SASUKE界のベジータ」・「SASUKEで人生を変えた男」・「SASUKE界のリアル陸王」とも呼ばれている。実際アドバイスは的確であり、挑戦中のプレーヤーがうなずいてアクションに移す場面も見られた。
嘗ては両親の離婚を機に不良になった経験があったが、SASUKE出場に伴い家族の絆が深まったとする一方で、私生活の負担も大きく、第31回からは「完全制覇後は引退する」と表明している。
第37回のリタイア以降そり立つ壁が鬼門となっていたが、第40回ではそれを克服し、3rdまで進出。復活の狼煙を上げた。

朝一眞
「気持ちや、気持ち!!」(1st挑戦前のスタンバイ中)
型枠大工。元「涙の植木職人」。初登場は第21回で長らく予選会を突破できずにいたが、第28回で3rd進出を果たし一気に完全制覇候補に名乗りを上げる。
SASUKEへの情熱は並々ならぬものがあり、メンタルにかけては最強クラス。
3rd最強な関門であるクレイジークリフハンガーと一番因縁が深く、第31回まで4度も阻まれ続けてきた。
この時、川口は「練習ではできているが、本番で何かが起きている」と語り、森本は「つかんだ時に体重を逃がせないと体が引っ張られて指が離れる」と分析している。
最近は足の怪我で欠場中。彼の復活を待つ声も多い。

日置将士
「自分が全力で頑張る姿を見せれて、全て家族のおかげです」(第30回初の3rd挑戦後)
電気店勤務。初登場は第25回。第30回で3rd進出を果たし、新世代の仲間入りを果たす。
長らく1stで苦しみ続けてきただけにこの時は家族への感謝をインタビューで語った。
第29回での初1stクリアを皮切りに1stに関しては新世代の中でも抜きん出た安定感を誇り、以降の大会での1stリタイアは現時点で第32回のみ。
クリフシリーズに阻まれている一人だが、第36回では練習の成果もあり遂に一つ目の移りを成功させている。
有力選手でありながらゼッケンは31番から60番の早めの番号を渡されており、近年の大会では大体2nd、3rdのトップバッターは彼となっていることから「SASUKEの切り込み隊長」と呼ばれることも。仲の良い漆原や又地がゼッケン100番を任されたりしていることもあって、本人も割とそのことを気にしているようである。
三児の父であり、家にあるSASUKEのセットで息子と一緒に練習をしていることも。家族との合言葉は「出発進行!発車オーライ!」

又地諒
『4畳半からの、ファイナリスト、誕生だーーーっ!!』(第27回FINAL進出時)
配管工。第21回で初めて予選会を突破して出場。4畳半の自宅にセットを自作して練習を積んだエピソードから「4畳半ヒーロー」というあだ名をつけられている。
片手指懸垂に絶対の自信があり、それを象徴するように3rdのアルティメット、クレイジー、ウルトラクレイジーと挑んだクリフハンガーはことごとくクリアしている。第36回ではウルトラクレイジークリフハンガーの飛び移りで一瞬左手が離れるも右手のみで耐えて持ち直すという凄まじい力を見せつけた。この時の常連選手達のリアクションは必見。
第27回と第30回の2度FINAL進出経験があり、完全制覇者の長野、漆原を差し置いて100番を背負ったこともある。ベトナムでのSASUKEイベントに呼ばれた時も日本代表としてぶっちぎりのスピードで1stを突破して見せた。
第31回から5回連続で1stリタイアが続いたことがあり、実況で一時は引退も考えていたと語られたが、近年は練習を重ねた結果1stの安定感も上がっており、再び完全制覇者候補に名乗りを上げている。
平成生まれのファイナリストは又地が初めてである。
ファンからは職業が同じなため、「リアルマリオ」と呼ばれることも。

鈴木祐輔
中学校教諭であり「(3代目)SASUKE先生」の異名を持つ。第16回大会初出場。
元ライフセービング日本代表であり水泳に絶大な自信を持っているほか、様々なスポーツをこなしている。
SASUKEに挑んで10年越しの第32回で初めて1stクリア、最終的には3rdまで進出した。
40歳を越えても尚3rdに進出する力を持ち、第39回と第40回では2大会連続で2ndクリア最年長記録を塗り替えている。
一方で3rdは、サイドワインダーが鬼門となっている。

森本(サスケ君)世代

SASUKE新世代よりもさらに若い世代を森本世代と呼ばれるようになった。
SASUKEと関わった歴はSASUKE新世代にも引けを取らない。
完全制覇を果たした森本裕介や連続で3rd進出している佐藤惇と以前からも活躍は見せていたが、第36回での活躍で大きく名を轟かせた。
第40回では全員が3rdクリフハンガーディメンション以上へ進み、そのポテンシャルを見せつけた。

森本裕介
『これまで、サスケ君、森本裕介はクリフハンガーで失敗したことが、ないーーーー!!!成功したー!!!!!』(第38回3rd挑戦時)
システムエンジニア。史上4人目の完全制覇者。現在のSASUKEのゼッケン100番を背負う人物。
初登場の第18回は当時15歳であり、同大会最年少の出場であった。
出場を重ねるごとに見た目も成績も如実に成長していく様子から、バイト先のクライミングジムでのニックネームである「サスケ君」が実況の代名詞として多用された。
ステージの各障害物を入念に研究して攻略法を編み出しており、多くの挑戦者が軒並み敗れたクレイジーやウルトラクレイジー、ディメンションも含めてクリフハンガーで全く落ちた事がないという大変驚異的な実績を有する。
高知大学大学院生としての最後の年だった第31回でFINAL初進出からの完全制覇を達成。
平成生まれ及び90年代での完全制覇者は森本が初めてである。
第37回では川口と同様、濃霧と悪天候の影響により、そり立つ壁を登る事が出来ず、まさかの1stステージでタイムアップでリタイアとなってまった。
しかし、次の第38回では前回のそり立つ壁のトラウマを克服して1st、2ndステージを突破し、雨天中の3rd、FINALと進み、雨天と氷点下の深夜という最悪なコンディションのFINALを2.5秒残しでクリア。漆原に続く2回目の完全制覇を成し遂げた
最高の仕上がりで臨んだ第40回では1st〜3rdを抜群の安定感でクリアし、長野と並ぶFINAL進出回数1位タイとなった。そしてFINALでは新FINALステージを完全制覇手前まで迫り、通算7回目の最優秀成績を収めた

佐藤惇
『SASUKEには、この男がいた!!佐藤惇、最速タイムでクリア!!』(第37回1stクリア時の実況)
アメリカのフリーランニングに近い「パルクール」という競技の指導員。
当時高校生だった第21回で予選を突破して初登場。23回~25回で連続で1stをクリアした。この時こそ2nd敗退だったが、第32回で復活し鮮やかな身のこなしで1stと2ndを攻略。
更には日本人で唯一ウルトラクレイジークリフハンガーまで迫ったのだが、尺の都合なのか全部のステージが同大会でサイドワインダーまで進んだアンドレ・シム共々ダイジェストになってしまった。
これには放送時のニコニコ生放送で多数の視聴者からツッコまれており、総合演出の乾雅人氏も思わず謝ってしまったという。
第33回以降も毎回3rdまで進出しているが、毎回ほぼ全てのステージがダイジェストにされる不遇もあったが、第35回で実に10大会ぶりに全てのステージがフルで放送された。第36回にはついにウルトラクレイジーの1度目の飛び移りを成功させた。
第39回は怪我により欠場したが会場には来ていた。
第40回時点で出場機会11回連続での2ndステージ進出は前代未聞の最多記録であり、3rd進出も最多の8大会連続という抜群の安定感を持っている。
また、これだけの安定感を誇っているにも関わらずステージのクリアタイムが脅威的に速いことでも知られ、第33〜38回の6大会ではいずれも残り時間20秒以上、2ndステージも34〜37回の4大会でも残り時間15秒以上でクリアしている。
その一方で、進出した3rdでは第33回でフライングバーで不覚を取った以外は日置同様クリフシリーズが鬼門となっている。

多田竜也
「僕のこの体を作ってくれたのは、他でもない妻の頑張りのおかげです」(第37回FINAL進出時)
山形県庁職員の理学療法士。第17回大会初出場。当時中学2年生でありながら、 そり立つ壁をクリアするという偉業を達成した。「山形県庁の星」とイベントでよく言われている。
森本裕介よりも早い14歳での初出場であり、彼も認めるポテンシャルを誇っていながらなかなか結果が出なかったが、第36回大会で12年の時を経てついに悲願の1st突破。得意とする3rdまで進出し、今まで多くの挑戦者を飲み込んだウルトラクレイジーハンガーを初見で一発でクリアした。
第37回大会では前回リタイアしたバーティカルリミットを攻略し、その勢いでFINALへと進出した。平成生まれのファイナリストでは3人目である。
第39回では1st、2ndをダイジェストにまとめられてしまったが、3rdではただ一人クリフハンガーディメンションを越え最優秀成績者となった。
第40回では前回リタイアしたバーティカルリミットを越え、2回目のFINAL進出を果たした
第35回でドラゴングライダーでリタイアした後、5年交際していた妻にプロポーズし、2019年4月に結婚した。ちなみに妻とはいきものがかりがきっかけで交際するようになったらしい。2020年6月上旬には第1子が誕生した事をSNSで発表した。

山本桂太朗
栄光ゼミナール講師。第20回大会にて予選を突破し初出場、当時は高校生でメガネの坊主、その姿から今日のSASUKE仲間から「コメ」の愛称で呼ばれている。
しばらく出場はなかったが第29回で初めて1stを突破以降、第34回以降から常連となっている。
ボルダリングで鍛えた他の選手も認めるポテンシャルを持ち、3rd適性に関しては森本世代の中でも最強の呼び声が高かったが、第39回まで長らく2ndで涙を呑んできた。
第40回ではそのポテンシャルを遺憾なく発揮し、クリフハンガーディメンションとバーティカルリミットを軽々越えて見せたが、パイプスライダーの着地に失敗し惜しくもFINAL進出を逃した。

荒木直之
有名自動車会社のカーデザイナー。第29回大会初出場。慶應義塾大学大学院理工学研究科出身で山本桂太朗の後輩にしてベトナム版SASUKEの日本人唯一のファイナリスト。
第35回では圧倒的なスピードで進んでいくもトランポリンの跳躍に失敗し本人にとってもトランポリンがトラウマになった。
続く第36回では森本から恐怖を克服するために指導してもらい、ドラゴングライダーを突破しトラウマを克服。見事1stステージ最初のクリア者になった。勢いのまま3rdまで進出しウルトラクレイジークリフハンガーの跳躍1回目を成功させた。
ちなみに1stステージの新エリアが登場する度にリタイアする事が多く、1stクリアも今のところ偶数の大会のみとなっている。

山田軍団「黒虎」

山田勝己の引退後の第29回に発足した彼が果たせなかった完全制覇の夢を引き継ぐ若者たちによる集団。
発足当初はなかなか結果を残せなかったが、現在では山本良幸を筆頭に3rd進出の常連組となっており、中盤の有力選手として期待されている。
森本世代と共にこれからが期待できる選手達である。

山本浩茂
山田軍団「黒虎」発足当初からの古参メンバーでゲームセンターSEGAの従業員。初登場の第29回から第35回までは常に出場している。師匠譲りの詰めの甘さが玉に瑕だが、第30回、第31回、第34回で1stをクリアしたことがある。

山本良幸
『これが、山田勝己の最高傑作だぁーっ!!』(第39回1stクリア時)
「黒虎の絶対エース」の異名を持つ。第37回大会初出場。
初挑戦ながら1stをクリアし、2ndではトップバッターでありながら、最速の一角の一人である佐藤惇のタイムを越えて最速タイムを叩き出した。
さらに3rdでもクリフハンガーの一回目の飛躍に成功し黒虎の新エースと紹介された。
続く第38回でも抜群の安定感をみせ、2ndではまたしても最速タイムを叩き出す(しかもこの2ndで10秒以上残したのは彼以外だと森本しかいなかった)。3rdではクリフハンガーディメンションの二度の飛び移りを成功させる(直後に突起から手を滑らせて落下してリタイア)。この大会では完全制覇した森本に次ぐ成績を残した。
第39回は三大会連続の3rd進出を果たすも、新エリアのスイングエッジでリタイア。
しかし第40回ではこれまでリタイアしたエリアを軽々と攻略し、ついに黒虎初のファイナリストとなった。
ポテンシャルは「長野と同等かそれ以上」と山田からも評されている。
現在のSASUKEの選手達の中で完全制覇の可能性を最も秘めていると言っても過言ではなく、森本自身次の完全制覇者最有力候補であると期待を抱いている。

高須賀隼
2021年の新メンバー選考会で入団した水泳指導員。
2022年の黒虎代表決定戦を見事勝ち抜き、第40回の出場権を掴み取った。勢いのまま初出場で1stをクリアしたが、2ndのスパイダーランで足を滑らせリタイア。

初期の有力選手

大森晃
「ファイナリストである誇りはどこへいっても持って、前に前に行く勇気は持てますね」(第2回FINALリタイア時)
おさる」の芸名で活動しているお笑い芸人。浅井企画所属。記念すべき第1回大会の最優秀成績者。
第1回から3大会連続でFINAL進出という大記録を打ち立て、当時は「芸能界のミスターSASUKE」とも呼ばれ、完全制覇の最有力候補とまで言われていた。
腕力こそほかの選手に譲るものの、特筆すべきは軽やかな身のこなしと卓越したバランス感覚であり、5連ハンマーや丸太登り、パイプスパイダーといった初期の難関を軽々と越えてしまうなど大活躍をしていた。しかし、第4回以降ローリング丸太やジャンプハングに阻まれて1stリタイアが続き、第8回から出場が途絶えた。その後はブランクを経て度々出場している。
ゼッケン100番を背負ってFINALに進出したのは彼と長野誠、森本裕介の3人のみであり、3大会連続FINAL進出記録は長野誠と並び歴代一位タイの記録である。
因みに芸人としては元『アニマル梯団』(2000年解散)、芸名を「モンキッキー」にした時期もある。
2008年より書家・松川昌弘に師事し書家・宇都鬼(ウッキー)として活動開始。

長谷川健
日光江戸村で忍者を務めるアクション俳優で、初期完全制覇者候補の一人。
忍者のコスチュームそのままで挑戦する姿から「SASUKEの風魔小太郎」などと呼ばれたこともある。
第1回は経験によるバランス感覚や身のこなしでFINAL進出を果たすが、続く第2、3回で新設されたパイプスライダーに阻まれてFINAL進出を逃してしまい、悔しいところでリタイアとなった。

三浦英一
頭の手拭いが印象的な鳶職。初期の常連選手の一人で、第1回〜第9回まで皆勤賞。
第1回では1stを26.2秒残してクリアするが、2nd5連ハンマーでリタイア。
第2回と第4回では3rdパイプスライダーまで辿り着くもFINAL進出とはならず、第5回以降ジャンプハングでのリタイアが続き放送でもカットされるようになった。
表舞台に姿を現すことはないが、現在でも山本進悟とは交流があるとのこと。

田中光
アトランタオリンピックにおける日本代表選手であり、初出場の第2回で前述のおさるとともにFINAL進出を果たす。
特に新設されたパイプスライダーが猛威を振るう中での初の成功者であり、FINALも残り2メートルまで迫り最優秀成績を収めた。
第3回では新設された難関ローリング丸太でリタイアとなった。

川島孝幸
初期は中華料理店の店員だったが、のちに全日本タンブリング選手権優勝という記録を打ち立てる。初登場の第1回では当時18歳という若さながらFINALに進出し、史上最年少のFINAL挑戦者となった。この記録は現在も破られていない。
18回で復帰し29回まで出場。2nd進出はならなかったが1stクリア目前まで迫ったこともある。

ケイン・コスギ
『この男を紹介する時、あえて修飾はいりません。ケイン・コスギです!』(第7回1st挑戦前)
筋肉番付時代から活躍する言わずと知れたアクション俳優。スポーツマンNo.1決定戦では成績上位者の常連だった。
第1回から出場し、この時は3rdのポールブリッジで落下しリタイア。その後も出場した大会では全て1stをクリアしており、芸能人最強選手とも呼ばれていた。
特に最後の出場であった第8回は完璧なコンディションでFINAL進出を果たしたが、悪天候の雨で思うように上ることができず、無念にもタイムアップとなってしまった。この挑戦は古館アナウンサーの「ケインの悔し涙かこの雨は!」という実況も相まって非常に印象深く、しばしばファンの間でSASUKE史に残る名場面の一つとして語られている。完全制覇まであと一歩まで迫ったものの、この大会を最後に、俳優業に専念するため出場を取りやめてしまった。
弟であるシェイン・コスギも2回の3rd進出を果たすなど、兄弟揃って実績を残している。
第22回ではものまね芸人の山本高広が彼のものまねをして出場したが第一エリアでリタイアした。
ファンからも長らく復帰を望まれていたが、第40回で実に21年振りのSASUKE復帰を果たす。カムバックにあたって、又地の指導の元で6ヶ月以上に渡ってSASUKEのためのトレーニングと体作りに励んだ。その甲斐あって、なんと48歳にして圧巻のパフォーマンスで1stをクリアし、1st無敗記録、1stクリア最年長記録を更新した。2ndステージではタイムアップでリタイアしてしまったが、次回以降への参戦にも意欲を示している。

池谷直樹
筋肉番付の企画「モンスターボックス」の世界記録保持者。スポーツマンNo.1決定戦でも優秀な成績を残して続けた選手で、ケインのライバルとしても有名だった。
初登場は第2回で、この時は1stのぶらさがり丸太で落下。
しかし第10回以降はほぼ3rd進出を果たす、オールスターズに次ぐ好成績を残す。
長野の完全制覇以降は安定感に欠けてしまったが、第26、27回では1stをクリアしている。
選手として以外では落選して出場できない時も愛弟子であるマッスルミュージカルや自身が立ち上げたサムライ・ロック・オーケストラメンバーの応援のため度々会場に足を運んでいた。
兄である池谷幸雄も第1回で1stクリア経験があり、第20、24回では兄弟で出場した。
1stクリアこそないものの現在も出場中、山本や山田、大森と共にレジェンドの一人として名を連ねている。

朝岡弘行
「登るぞ!今日は先生登るぞ!」(第12回FINAL進出時、生徒の前で)
元小学校教師で「SASUKE先生」の異名を持つ。第1期から出場し活躍するもジャンプハングに阻まれ第2期序盤は低迷、その後ひっそりと消えていくかと思われたが第10回でジャンプハングをクリアし、3rdに進出して以降有力選手に返り咲く。その後半年間の休職を経てトレーニングに専念した第12回において白鳥、長野と並びファイナリストとなった。
しかし、トレーニングのために休職したと放映されたのがまずかったのか、以後教師を退職して肩書が絵本作家志望となり、番組からの扱いもダイジェスト、果てにはカットになるなど不遇になった。
尚、現在は彼を師と仰ぐ愛弟子がいるらしく、育成に励んでいるらしい。

髙橋賢次
『5回目の挑戦!ようやく!ようやくこの赤い絨毯の上で涙を流す時が来た!』(第24回FINAL進出時)
運送業者であり、「コング髙橋」の愛称で親しまれる選手。その愛称に相応しい強靭なパワーとスタミナが武器。
第24回でのFINAL進出で注目されているが、実は第5回から長らく出場を続けている古参出場者でもあり、第2期はテストプレーヤーを任されていた事もあったという。
1stがやや苦手な反面2nd適性は高く、2ndでは過去10回の挑戦の内8回をクリアしている。(内6回は最速タイム)
ステージクリア時には雄叫びを上げながらサポーターを投げ捨てるパフォーマンスも見せた。
長きにわたり2nd、3rdに進出し続ける実力者であったが、第35回で惜しまれながらも引退。
活躍時期が近い新世代のメンバーと親交が深く、漆原のYouTubeにも度々出演している。

中田大輔
プロトランポリン競技選手。
第8回で初出場にして一人目の1stクリア者となり、その後第9回から三大会連続で3rd進出を果たして有力選手の一人となる。
2004年5月に交通事故に遭い、万全でない状態での出場が続いたが、それでも第17回で3rd、第21回で2ndまで進出した。
3rdのランプグラスパーと因縁が深く、4回の3rd挑戦の内3回このエリアでリタイアしている。

ヨルダン・ヨブチェフ
ブルガリア出身の体操オリンピック選手。
初登場の第8回では、1stを0.00秒でクリアという奇跡を起こし、いきなり前述のケインと共にFINAL進出を果たして注目を浴び、その後ケインの跡を継ぐようにSASUKE挑戦を続ける。
若干ウェイトがあるためスパイダーウォークやそり立つ壁など苦手なエリアも多い分、力が要求されるエリアでは負けなしの突破率を誇る。
第23回を最後に出場していない。

小林信治
モンキーバーズ日本人2位を誇る産業廃棄物処理業者。
極真空手の有段者でもあり、初登場時は1stクリア後に気合の声を上げていた。
初出場にして3rdまで進出し、第14回では子供のお守りを入れた脚で1stのゴールボタンを押すというパフォーマンスで会場を沸かせて再び3rdに進出。1人パイプスライダー前のデビルブランコまで到達し、最優秀成績者となった。
その後は安定感に欠け、3rd進出はなくなってしまい、他に注目選手が出てきたせいか第17回以降はややカットされがちになってしまった。
よく見ると第18回以降も出場しているので気になった方は探してみよう。
第40回では応援のために久しぶりに会場に足を運んだ姿が公式YouTubeチャンネルにて公開された。

小林正明
体操塾の塾長で教え子からは「まちゃ先生」と慕われている。
第12回大会で初出場にして3rdまで出場するも全ダイジェストと扱いは不遇だった。しかし、SASUKEトライアルで竹田、長野に続く3位となり、次の第13回においても5人の3rd進出者の一人となり注目を集める。
第16回を最後に出場は途絶えるも、第29回において久々の復活を果たしファンの注目を集めた。
因みに3rdリタイアの理由はいずれもパワーがありすぎてボディプロップを割ってしまったため

山田康司
竹田と同じ岐阜県の消防士、秋山を下回る体脂肪3%、山田と同じ苗字と、オールスターズ3人を足して3で割ったような消防士。
初登場の第12回ではゼッケン1番での登場でいきなり1stクリアを達成し、当時の有力選手達の度肝を抜いた。
尚、ゼッケン1番で2nd進出を果たしたのは彼と第27回の菅野仁志、第4回の新一郎のみである。
1stに対しては竹田以上の安定感があり、史上最難関と言われる第19回1stを生き残った二人の内の一人でもある。

石川輝一
日体大体操部のOBであり、マッスルミュージカルに所属する有力選手。
初登場の第14回で3rd進出を果たし注目される。
近年においても活躍しているが、新設されるエリアでの苦戦があり、特に最近では2ndのバックストリームが鬼門となっている。
第30回大会を最後に出場していない。

リー・エンチ
台湾出身のロッククライマー。現在はスポーツトレーナーをしている。
初登場は第17回で、台湾の厳しい予選会を1位通過して来日した選手であり、SASUKE人気が海外に及んでいる事を象徴する人物の一人。
第24回で念願のFINAL進出を果たすが、惜しくもタイムアップ。
その後は第25、26回で二度の最優秀成績を収めている。
第31回大会以降は会場に足を運ぶも出場はしていない。

有力選手(第18回以降)

森渉
アスリート俳優。初出場は第16回。最強スポーツ男子頂上決戦でも好成績を残している。
第33回大会で初出場から12年越しの1stクリア。
第36回では2ndのゴールボタンを押したが、リバースコンベアーでコンベアーのない端に足を置き進んだことが反則と判定され失格となった。
第38回は3日目の収録日がフジテレビの『逃走中』のスタッフが集まって製作された『オチルナ!』の収録に参加していたため不参加だった。その後、森はSASUKEにも出たかったとブログで語っている。
妻の金田朋子も第31回に出場したことがあるがローリングヒルでリタイア。

鷲見裕二
「リベンジ、それ一本で行きます」(第19回2nd挑戦前)
元モトクロス国際A級ライダーの経歴を持つ自動車整備士。恐らくSASUKE史上最も「記録より記憶に残る」という言葉が当てはまる人物。
第11回から出場しているが、第2期の間は1stをクリアできず、放送時もカットされるなど不遇だった。
大きく注目されたのは第19回。オールスターズもコングも長崎も超えられなかったフライングシュートを攻略し、山田康司と共に2ndまで進出し、最終競技者となる。
先に散った選手たちの思いを背負ってリボーンのBGMと共にスタートラインに立つ姿は多くのファンの心に刻まれた。この時山田康司とともに最優秀成績者となった。
第24回では久しぶりの2nd進出を果たし、メタルスピンでリタイアこそしたものの、因縁のサーモンラダーを見事攻略して見せた。
第40回では予選会で敗退したが、久しぶりの姿でファンを喜ばせた。

奥山義行
「実は全然クールじゃないっていうね……」(第24回FINAL進出時)
1991年世界陸上200m日本代表選手。現在はスポーツトレーナー。
初出場は第19回。この時は全カットだったものの続く第20回大会で未だ猛威を振るう1stを突破した三人のうちの一人となった事で話題になり、その後も22回~27回まで毎回3rdに進出し続ける活躍を見せた。SASUKEに出場するために転職しており、紹介ではしばしばそのことに触れられていた。
40代で3rdに進出した初めての選手である。
クリアしてもあまり表情を変えないことから「SASUKE一クール」「孤高の天才スプリンター」と呼ばれていたが、第24回のFINAL進出時はゴール地点で顔を突っ伏し、インタビューでも「実はクールじゃないんです」と珍しく喜びをあらわにしたことは有名。また、当時39歳という史上最年長ファイナリスト記録を保持している。
第26回では日本人で唯一の3rd進出者となり、リー・エンチと並び最優秀成績を収めた。
第29回を最後に出場していないが、40手前からの挑戦という年齢のハンデを跳ね除けて挑む姿は多くの視聴者の心をつかみ、現在でも復帰を待つ声は多い。

リーヴァイ・ミューエンバーグ
第20回で初出場したアメリカのプロフリーランニング選手。
後のアメリカ版SASUKE「アメリカンニンジャウォーリアー」の先駆けとも言える人物であり、長野や奥山と共に第20回1stをクリアした三人のうち一人。
若さあふれるパフォーマンスで、1stではエリア間で宙返りを度々披露し実況を驚かせた。
この時はただ一人3rdに進出し、クリフハンガーまで到達。外国出身選手史上初の最優秀成績を収めた。
尚、この時の「SASUKEの挑戦に国の違いはない」という名言を残し感動を呼んだ。
が、もれなく次の第21回から日本人VSアメリカ人VSリー・エンチという国際対決の図式が作られてしまったのは伝説である。
怪我をきっかけにSASUKE、フリーランニングともに引退、現在は農業に従事している。

ブライアン・オロスコ
当時アメリカ予選会をリーヴァイに続く2位で通過した人物。第20回初出場。
しばらくの間2ndで阻まれていたが、第25回でついに3rdに進出。この時初めてリーヴァイに勝る成績を残した。

デイヴィッド・キャンベル
自宅の1200坪の庭に世界一巨大なSASUKEセットを持つミュージシャン。
初登場は第22回で、この時こそ1stでタイムアップだったが、第26回では3rdアルティメットクリフハンガーまで到達。続く第27回でも1stを44.32秒残しという未だ破られていない最速タイムで突破し、再び3rdまで進出した。
それ以降SASUKEの出場はないが、American Ninja Warriorでは40代目前でなお1stステージをクリアするなどの活躍を残している。

田島直弥
ヤマト運輸勤務。同姓同名のお笑い芸人とは別人。
第23回で初出場にして2ndに進出したが、サーモンラダーに阻まれた。
腕力強化に努めた第24回では3rdまで進出し、スパイダーフリップを腕力のみで攻略し常連選手達に衝撃を与えたが、続くグライディングリングでストッパーを外し忘れてしまい、そのまま勢いを付けようとした反動で落下。FINAL進出目前まで迫りながら無念にもリタイアとなった。
第28回以降は出場していない。
新世代の一人として扱われたこともある。

ドリュー・ドレッシェル
アメリカ出身のジムトレーナーであり、現在のSASUKEアメリカ選手の筆頭を飾る人物。
初出場の第27回ではハーフパイプアタックの着地に失敗して捻挫を起こし棄権してしまったものの、第30回で3大会ぶりに出場してからは確実に1stをクリアしているため、ドリューの挑戦はクリフハンガーを超えられるかにかかっているともいえる。
第36回では2ndステージのバックストリームからリバースコンベアに移動する際、滑り台で勢い余ってコースアウトで失格になってしまった。連続3rd進出も6大会でストップとなった。
第6期開始と同時に覚醒した感があり、ウルトラクレイジークリフハンガー初お披露目の第32回には誰もが恒例のクリフ全滅を予想する中まさかの初見突破。これはアメリカ人史上初のクリフハンガークリアである。流石にバーティカルリミットはどうにもならなかったが、続く第33回も最優秀成績を収めている。また、佐藤惇とのハイレベル(異次元)な最速タイム争いは第6期SASUKEの見所の一つ。
逸話として、第32回大会では1st挑戦時に夜露による危険を訴えたが、聞き入れてもらえなかったため異常に滑る1stを強引にクリアしてから再度指摘し、事故の危険を未然に防いだ。
最も台風真っただ中でケインとヨブチェフにFINALをやらせたスタッフからすれば「たかが夜露程度」だったのかもしれないが、安全な競技を訴える彼の姿勢は見習わなければならない。
2019年9月にアメリカ版SASUKEで完全制覇を成し遂げた事を森本のTwitterで明かした。
https://twitter.com/sasukemorimoto/status and/1173943715984883714?s=19
第37回は妻が出産を控えていたため不参加となったが、その後の2020年8月、性犯罪行為で逮捕された。

樽美酒研二
「届いたかなみんな!やりゃあできんだよ!やりゃあできる!頑張ろう!」(第36回2ndクリア時)
ゴールデンボンバーエアドラマー。第28回に初出場した今最もSASUKEを愛する芸能人。フェイスペイントが特徴の彼であるが、つけている状態だと体力を消耗するという理由から出番までは素顔にサングラスで待機している。
出場するたびに肉体が進化していき、第31回大会では悲願の1stクリアを果たす。
第35回大会では彼の前の95人中3人しかクリアしていないという状況の中、見事なパフォーマンスを見せ1stを突破した。続く第36回大会前には自腹で倉庫を借りて猛特訓。悲願の3rd進出を果たし大号泣。

ラギヴァル・アナスターズ
タヒチ出身のタヒチアンダンス講師。元カヌー代表選手で、当時は金メダルを獲得している。
初登場の第31回でいきなり1st、2ndと桁外れのタイムをはじき出し、先にクリアしていた日置に「化けもんですね」とまで言わせた。
ウルトラクレイジークリフハンガーにリベンジを誓った第32回は不運にも雨に見舞われフライングバーで敗退。
第33回以降はFINAL進出もありうると期待の声が高まっているが、第35回以降は出場していない。

塚田僚一
A.B.C-Zのメンバー。高い身体能力をSASUKEでも存分に見せつけている。第31回に初出場し第33回で悲願の1stクリアを成し遂げた。完全制覇者の漆原裕治を師として仰いでいる。
第40回ではジャニーズの仲間達が次々とリタイアする中5年振りに1stをクリアし、自身最高記録となるリバースコンベアーまで進んだ。

岩本照
SnowManのリーダー。第33回に初出場した最もSASUKEを愛する芸能人の一人。
第33回は第1エリアでリタイアしたものの、第38回で悲願の1stクリアを成し遂げ、塚田、菅田琳寧に次ぐ三人目の現役ジャニーズクリア者となる。続く第39回でも圧巻のパフォーマンスを見せた。
第40回では、1stのドラゴングライダー2本目でバーがずれてしまい、空中でぶら下がってる状態からジャンプを試みるも無念の着水となった。

ジェシー・グラフ
アメリカ出身のスタントウーマン。「アメリカンニンジャウォーリアー」では女性初の1stクリア者で、2016年の世界対抗戦では2ndステージを女性で初めてクリア。
初登場の第34回では15秒近く残して1stをクリア、史上2人目の女性1stクリア者となり、その勢いで2ndもクリア、女性初の3rd進出者となったが、ウルトラクレイジークリフハンガーで残念ながら力尽きた。
第37回では2年ぶりに出場し、再び3rdに進出した。
サイドワインダー時に両脚のみでしがみつき両腕を休める「ジェシースタイル」が特徴。
その次の二大会ではコロナ禍により海外からの出場が見送られ、更に肩の怪我に見舞われるも、第40回でついに帰還。1stを猛スピードでクリアするも、2ndのリバースコンベアーで無念のタイムアップとなった。

伊佐嘉矩
山田軍団「黒虎」元団員で、現役の十種競技選手。十種競技とSASUKEの両方で日本代表になることが夢。
雄叫びを挙げるのが特徴で初出場の第36回では気合いが入りすぎてローリングヒルでリタイアするという不甲斐ない結果で終わってしまったが、第37回では3rd進出。クリフハンガーでリタイアするが、次回山田をFINALへ連れていく事を誓った。
第38回後に黒虎を退団し、第39回では和田アキ子率いるアッコ軍団「赤虎」として出場した。
第40回終了時点で、二大会連続、3rdのスイングエッジでリタイアを喫している(うち前者は前述の通り、赤い突起部分以外を掴んだことによる失格)。

才川コージ
アクション俳優。
トリッキングで培われた抜群の身体能力で初出場の第37回から4大会連続で1stをクリアしているが惜しくも2ndクリアは果たせていない。
序盤のゼッケンを与えられることが多く、第38回以降1stクリア一番乗りを決めている。

レネ・キャスリー
「ファイナルだぜ、ベイビー!」(第37回FINAL進出時)
ドイツ版SASUKE「Ninja Warrior Germany」2連覇の実績を持つサーカス一家の象つかい。第37回大会初出場。
象つかいで培った身のこなしとドリューを越える指の力で初出場でFINAL進出し、最優秀成績者となった。初出場でのファイナリストは第8回のヨブチェフ以来、初出場での最優秀成績者は第20回のリーヴァイ以来。
特筆すべきはパイプスライダーの飛び移りで、長野や森本を始め反動をつけて飛び移るテクニックが必須のところ、レネは片脚を乗せたところからユラリと踏みとどまるという衝撃さから『異次元』と評されている。

菅田琳寧
7 MEN 侍のメンバー。「アクロバットの天才」と呼ばれるほどの身体能力を誇り、『炎の体育会TV』からの資格として第38回に参戦。
見事1stをクリアして塚田に次ぐ二人目の現役ジャニーズクリア者となり、続く第39回でも1stをクリアした。

梶原颯
吉本坂46のメンバー。人呼んで吉本随一のマッスルモンスター。第38回大会初出場。
順天堂大学体操部出身で、友人でもある才川の祖母の実家で訓練を積み二大会連続で1stをクリアした。
2ndローリングログの影響でタイムアップとなった反省から、目を回した状態からサーモンラダーの練習をするという方法を編み出し、39回大会で20秒残しで2ndを突破。3ndではスイングエッジを初見でクリアするも、クリフハンガーで脱落した。
第40回でも驚異的な速度で1st、2ndをクリアし、他の選手達を驚愕させた。

武藤智広
トランポリンでインカレ優勝を経験した、サムライ・ロック・オーケストラの男性リーダー。
初出場を果たした第38回では全カット(ドラゴングライダーでリタイア)だったが、師匠・池谷直樹と同じく38回で初登場してドラゴングライダーまで進んだ渡部麻衣が見守る中出場した第39回では1stで危ないところを見せつつも、通算200人目の1st初クリア者になり、勢いそのままに3rdまで進出した。
第40回では師匠と共に出場し、再び3rd進出を果たしたが、二度に渡ってサイドワインダーで不覚を取っている。

その他の注目選手、名物選手

上記の選手達以外に様々な面で会場を盛り上げた選手達の一部をまとめる。

1stクリア経験者

飯島豊久
通称「和製ブルース・リーの元陸上自衛隊員。
SASUKEで最も無駄な動きが多い男と呼ばれ、エリア間で様々なパフォーマンスを披露する。
初出場の第1回こそ1stをクリアしたが、その後は全て1stでリタイアしている。
第30回は9年振りに出場し、変わらぬパフォーマンスで注目を集めた。

田邊智恵
スーパー戦隊シリーズなどでスーツアクターも務めるスタントウーマン。
第2回で初出場し、女性初の1stクリアを果たしたが、2ndではスタートのスパイダーウォークを突っ張ることが出来ないままリタイアとなった。

吉永克己
小学校教師。「新SASUKE先生」の異名を持つ。
初出場は第2回で、実は前述のSASUKE先生こと朝岡よりも先に出場している。1stリタイアが多いが、第7回では1stをクリアしている。
第35回では16年ぶりに出場。この時は実況の杉山アナから「元祖SASUKE先生」と呼ばれていた。

トラビス・アレン・シュレイダー
ベンチプレス190kgの記録を持つダイバー。
初出場の第4回では90kgという重量ながら1st、2nd共に最速タイムでクリア。続く3rdでは最終エリア・パイプスライダーの前半でパイプが脱線して宙吊り状態になるも、なんと力ずくで中間地点まで進んでみせた
そのままゴール地点の着地にも成功した(放送時はカット)が、脱線した時点で失格となるためFINAL進出を逃した。

畠田好章
バルセロナオリンピック団体総合銅メダリスト。第6回のみ出場。
当時猛威を奮っていたジャンプハングで初めて上に登るという攻略法を編み出し、実況で「前代未聞だ!」と驚かれ、そのまま3rdまで進出した。
このジャンプハングの攻略は後に同大会に出場していたケイン・コスギが同じ手法で攻略したことで、以後定番となった。

なかやまきんに君
ご存知肉体派お笑い芸人。スポーツマンNo.1決定戦4連覇の実績を持つ。
第8回より度々出場し、第9回と第11回では1stをクリアしている。第30回では実に11年振りの1stクリアを果たした。

岡田祐一
メディカル事業。初出場は第10回。
初出場から12年10ヶ月という期間を経た第31回で40代ながら初の1stクリア。これは初出場から初クリアまでの期間としては最長ブランクの記録である。
2ndではウォールリフティングまで到達するも、壁を持ち上げることに固執したのが仇となり3枚目の壁でタイムアップ。

新井健一
水泳指導員。
第10回から出場し初出場で1stをクリアしている。SASUKEにおける合同トレーニングの先駆けとなった存在。

佐藤弘道
ご存知10代目体操のお兄さん。第18回から出場。
第22回と第24回で2ndに進出。二回ともメタルスピンでリタイアしているが、年齢を重ねても色褪せない活躍で多くの子供達と同年代の大人達に元気を与えた。

ワッキー
「芸能界No.1アスリート」の異名を持つお笑い芸人。
第20回から出場し、しばらくは1stリタイアが続いていたが、第27回で念願の初1stクリアを達成。なかやまきんに君以来となるお笑い芸人の1stクリア者となった。その後は第29、30回でも1stをクリアしている。

宮﨑大輔
「3人残ったが、この3人は"チーム"なんです」(第21回3rd挑戦前)
スポーツマンNo.1決定戦での優勝経験も持つハンドボール日本代表選手。
第20回は1stハーフパイプアタックでリタイアしたが、第21回では有力選手達が次々リタイアしていく中で長野、竹田と共に3rd進出を果たして注目された。
第22回は前回の実績を買われゼッケン99番を背負うも1stロープラダーで惜しくもタイムアップ。

岸本真弥
『お願いですからロググリップは壊さないでください!』(第30回1stロググリップにて)
商社「ゴードー商事」の営業マン。
初出場の第25回でスタート前にフライパン曲げを披露し実況から「期待できそうだ!」と言われたが、まさかの第一エリアでリタイアしてしまった。
その後も1stリタイアが続いたが、第30回ではついに1stをクリアしそのまま3rdまで進出。当時最難関と言われたクレイジークリフハンガーも攻略し、その肉体が見掛け倒しでないことを証明した。
新世代の一人として扱われることが多い。

武尊
第4代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者。
第30回で初出場し、第33、34回で1stをクリアしている。
第36回以降は防衛戦などの関係で欠場しているが、日々自宅のSASUKEセットでトレーニングに励んでいる。
第39回では四大会ぶりの出場を果たした。
 
大嶋あやの
第17回での長野の完全制覇を見てからSASUKEに魅せられたKUNOICHIの有力選手であり、第31回から本家SASUKEに参戦。
第36回から連続出場し第40回で悲願の1stクリアを果たし、第2回の田邊智恵以来となる日本人女性の1stクリア者となった。
第38回までは東京シティ信用金庫職員だったが、その後キッズパーソナルトレーナーに転職。
川口朋広とは師弟のような間柄。

宇賀神翔悟
足場工事職人。
第32回大会に初出場し、第34回ではダイジェストながら1stクリアを果たしたが、泳ぎが苦手なのが祟りバックストリームでタイムアップになった。第35回でドラゴングライダーの飛び移りに失敗している姿がCMで流されていた。第36回は再び1stをクリアするが、バックストリームで体力を使いきりリバースコンベア半ばでタイムアップ。
番組側から定義された森本世代の選手ではないが、最近では上記5人と行動を共にすることも多く、漆原の結婚式の際も森本世代テーブルにしっかりと含まれていたことから森本世代とする動きが強かったが、第37回以降からは応募に落選し続けている。

高須清輝
第37金比羅丸の船員。
長野誠が勤務する水産会社の社長の息子で、長野の意志を受け継いで第33回に初出場。長野のアドバイスを受けながら見事に1stをクリアする快挙を成し遂げるものの、サーモンラダーが鬼門になっている。第36回以降は管理職に専念するために出場を断念している。

中川貴晴
ソサイチ日本代表。
自身の活躍で7人制サッカー・ソサイチを広めたい思いを抱き第33回に初出場し、第34、36回に1stクリアしている。現在はソサイチの選手やパーソナルジムのトレーナーとして活躍する傍らでもトレーニングに励んでいるが、応募に落選し続けている。

ステファニー・エデルマン
オーストリアとドイツ版Ninja Warriorで女性最優秀成績者。
第36回に初出場するも、ウイングスライダーで長身が仇となって踏ん張れずにリタイアしたが、同じくNinja Warrior Germanyでトップ選手として活躍するオリバー・エデルマンと結婚し、夫婦で挑んだ第40回で1stをクリアし、同じ女性選手の大嶋、ジェシー、そして夫のオリバーと共に2ndに進出した。

後藤祐輔
幼い頃に山田勝己に憧れSASUKEを志した林野庁職員。
応募し続けて8年越しに初出場を果たした第38回では全カット(ドラゴングライダーで脱線)だったが、第39回では難易度の増した1stをクリア。2ndサーモンラダーでリタイアしたものの、森本から「3rd、FINALくるかもしれませんね」と評され、ファンからも近年減少している一般人からの有力選手入りを果たすかと注目されている。

安嶋秀生
少年忍者メンバー。
身体能力は折り紙付きで、初出場の第39回で見事1stクリアを果たし、四人目の現役ジャニーズクリア者となった。

芸能人選手

喜矢武豊
「ゴールデンボンバーのゴールデンハムスターだよ!」(第31回1stリタイア時)
ゴールデンボンバーのギター担当。
樽美酒と共に第31回に出場するが、ローリングヒルで手脚を必死に動かしながら落下し、周囲から「ハムスター」といじられた。第32回ではそれを乗り越えて「ハムスター卒業」を果たすも、次のタイファイターで華麗なダイビングを披露する。
第33回ではまさかの開始から2秒弱で着水。
第35回では新設のエリアでリタイアするも、ここで人類史上初めてドラゴングライダーのバーとの接触を果たす。その次の大会では、同エリアの2本目のバーに惜しくも移れず落水。
そして、三大会ぶりに出場した第39回ではなんと最終エリア2連そり立つ壁に到達。二つ目の壁でタイムアップとなったが、そこにはもはやハムスターといじられていた頃の面影はなく、多くの選手とファンの感動を呼んだ。
第40回では猛スピードでクリアを試みるも、その焦りによってフィッシュボーンでまさかのリタイアを喫した。

KAREN
ゴーゴーダンサー集団・CYBERJAPAN DANCERSのメンバー。
第34回でトップバッターを務めて以降は常連として出場し続けており、第36回と第40回を除いて、ローリングヒルが鬼門となっているが、第40回はフィッシュボーンまで進んだ。

陣、浦川翔平、武知海青
ダンス&ボーカルユニット・EXILEグループのパフォーマンス集団・THE RAMPAGE from EXILE TRIBEメンバー。3名とも第37回から初出場して以降連番で競技を行っている。
第37回でタレントオーディションを合格して以降、川口朋広に弟子入りしており、3名とも卓越した身体能力を披露するも、ドラゴングライダーから先に進めず足踏みしている。
余談だがEXILEグループからは第26回にNAOTO、第28回に関口メンディーが出場経験がある。

霜降り明星
お笑いコンビ。コンビ揃って大のSASUKEファンで、二人揃って第38回から出場。
粗品は恐らく誰もが当初はそこまで期待していなかったと思われるが、いざスタートすると軽快な動きで序盤の難所エリアを次々とクリアし、ドラゴングライダーも一本目のバーを掴みかける大健闘を見せて常連選手達から絶賛された。
相方せいやはローリングヒルでリタイアしたが、「毛ガニの秋山」をリスペクトして「毛ガニのせいや」を名乗っている。

山葵
和楽器バンドドラム。樽美酒研二、岩本照と同じくSASUKEに魅せられた者同士でソウルメイトとなっている。
第38回から初出場しているが、現状はドラゴングライダーが鬼門となっている。

名物選手

立川福裕
第1回〜第10回まで皆勤で出場していたサラリーマン。スーパーマンのコスプレをして出場する姿が印象的で、実況からは「跳べないスーパーマン」と呼ばれた。
娘から「恥ずかしいから出場をやめてほしい」と相談されていたらしく、第10回を最後に出場していない。

妃羽理
通称「史上最強のニューハーフ」
初出場の第6回ではローリング丸太で一度両脚が離れるもなんとか持ち直したが、ジャンプハングでリタイア。その後は第13回を除いて第14回まで出場していた。
第30回では久し振りに会場に姿を現し、アクション教室の生徒3名を引き連れて「妃羽理軍団」を結成したが、全員が1stロググリップでリタイアした。

倉持稔
第9回で初出場した居酒屋「江戸っ子」の店長を務める通称「たこ店長」
なんと初出場の時点で54歳であり、その後第28回まで名物選手として出場し続けた。
第一エリアでの脱落が多いが、第26回では63歳にして第三エリアのローリングエスカルゴまで進む大健闘振りを見せた。
2022年1月にSASUKEの公式YouTubeチャンネルにまさかの出演。70代となった現在でも身体を鍛える姿が公開されファンの注目を集めた。
第40回では応援のため久しぶりに会場に姿を見せた。

鳥澤克秀
第18回から出場しているウエイトリフティング元日本代表。
毎回スタート前にバーベルを持ち上げる、リンゴを握り潰す、瓶のフタを歯で開けるなどの豪快なパフォーマンスで会場を沸かせているが、ほぼ毎回ここで体力を使ってしまい序盤エリアでリタイアして観客の笑いを誘っている。
実は初出場から殆どの大会に出場しており、出場回数だけならオールスターズに次ぐ。
現在、一部視聴者からは「影のオープニング担当」と言われているとかないとか。

松田大介
「自宅になかった…。作ります!」(第32回1stリタイア時)
第32回より出場している水道経営者。
自宅に20エリア以上ものSASUKEセットを製作している。現在は多くの選手達がここで合同練習を行っており、森本曰く「本番(の感覚)と一緒だと思います」。
1stクリアの経験はないが、近年は練習の成果もあって着実に成績を伸ばしており、第38回では最終エリアのそり立つ壁まで到達したもののスタミナ切れによりタイムアップとなった。
SASUKEの公式YouTubeチャンネルでは彼や松田パークそのものの動画は勿論、出場決めた選手が練習先として松田パークを訪れる事が多いため、出演頻度が多い。
最早エリア毎の練習を必須とする難易度のSASUKEにおいて現在の選手達がこの松田パークに通うのは通例である事から、縁の下の力持ちとも言うべき存在だろう。
事実、挑戦前に女性タレント達からエールをもらい、茶化されたりしている。

女性タレントたち「「松田さーん!頑張ってー!」

山田勝己「何やあれ」

日置将志「ちょっと行って欲しくねぇな」

松田「コラコラッ」

そして第40回。自身9度目の挑戦も1stステージを突破できず、「この仕上がりでクリアできないってなると、ちょっともう考えられないかな…」とまさかの引退宣言。しかし仲間たちと顔を合わせた際には「(SASUKEを)続けたい」と本音を明かしたのち、ミスターSASUKEの前で「(俺には)SASUKEしかねえんだよ」と泣きながら言い放った。

本間隆史
BANDAI社員。第35回初出場。
会社にSASUKE部を創設し、部員と共にトレーニングに励んでいる。
第38回では諦めない気持ちを前面に押し出し、最後はトランポリンの前で転倒後、沼に豪快に落水。その執念から森本に「中年の星」と呼ばれた。

外部リンク


関連タグ

アスレチック アスリート
人間やめました 忍者 猿飛佐助 愛すべき馬鹿達
KINDAICHI

エクストリームスポーツ
風雲!たけし城

関連記事

親記事

TBS てぃーびーえす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10113012

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました