ピクシブ百科事典

うちはサスケ

うちはさすけ

忍者漫画「NARUTO」のキーパーソン
目次[非表示]

……オレはようやく理解した…オレは復讐者…たとえ悪魔に身を委ねようとも力を手に入れなきゃならない道にいる…

CV:杉山紀彰東山奈央イタチ真伝のみ)

プロフィール

忍者登録番号012606
誕生日7月23日
星座しし座
血液型AB型
性格クール、強がり
身長153cm(13歳)→168.0cm(16歳)
体重43kg(13歳)→52.2kg(16歳)
好きな食べ物おむすび(おかか)、トマト
嫌いな食べ物納豆、甘いもの
好きな言葉
趣味修行、散歩
戦ってみたい相手木の葉隠れ上層部


概要

うずまきナルトのかつての親友ライバル、そして宿敵である。「写輪眼」という瞳術を受け継ぐうちは一族の末裔。火遁と雷遁系の術を得意とする。実質本作の第二の主人公と言える。

第一部

アカデミーを主席で卒業した「天才」で、同期の中でも図抜けた才能と実力を備えており、卒業時には既に火遁の術を習得していた。初期は第7班でナルトとサクラと共に、はたけカカシの指揮下で木の葉の忍として成長していく。
波の国で桃地再不斬との戦いで、うちは一族の血継限界である「写輪眼」が使いこなせるようになる。中忍試験で大蛇丸に目を付けられ「呪印」を刻まれ、カカシから「千鳥(雷切)」を伝授される。

波の国・中忍選抜試験ではうずまきナルト春野サクラと共に友情やチーム意識を築いていく。しかしとして人柱力であるナルトを狙いにうちはイタチ干柿鬼鮫が襲来した事をきっかけに事態は急変。イタチに対し千鳥を使って対抗しようとするも全く及ばないどころか、暴行を受け、月読という幻術にて一族が滅ぼされた日を24時間くり返し見せ続けられ、「お前は弱い。何故弱いか、足りないからだ…憎しみが」と復讐心を煽られる。圧倒的な強さに手も足も出なかったサスケは、己自身に失望し、そして仲間と共に在る光に満ちた未来への希望すら失ってしまう。さらなる力を求め大蛇丸一派の勧誘に乗り、抜け忍の道を選んで木の葉を脱走。止めようとするナルトと終焉の谷でぶつかり、勝利する。力を使い果たしたナルトと額当てを置き残し、国境を越えていった。サスケは幼少期に大好きな家族と一族を皆殺しにした、実の兄であるうちはイタチを憎んでいる。復讐こそがサスケの生きる理由だった。しかし、それ以前は唯一の兄であるイタチを敬愛しよく懐いており、仲の良い兄弟であった。サスケは復讐のため、イタチとの繋がり以外を全て切り捨てると決意した。


第二部

自分の体が乗っ取られるリスクを背負いながら、大蛇丸の一味に入り力をつけようとしたサスケ。その決意は、復讐が達成できるなら自分の体なんてどうなろうと構わない、と言い切るほどに固かった。3年間の修業の末、体を乗っ取ろうとする大蛇丸を返り討ちにすることに成功。大蛇丸が囲っていた目ぼしい使い手を集め蛇/鷹を結成し、イタチを倒した。しかし復讐はここで終わらない。抜け殻のような状態のサスケの前に、イタチの協力者と名乗る男トビが現れ、とある真実を語る。そのイタチの真実を通じて、実は一族抹殺が木ノ葉上層部の命令で行われていたことや、一族が滅ぶに至ったルーツを知ることになる。結果、サスケは深い憎悪と苦しみと悲しみを増長させ、真の復讐として一族を追い込んだ木ノ葉上層部含む木ノ葉の人間全てを抹殺することを宣言した。うちは一族の最後の生き残りとして、一族の敵討ちを続行することを決意する。

暁への参戦以降は、冷酷なサスケに陶酔していた香燐でさえ恐怖するほどの禍々しいチャクラを放っている。暁への加担(雲隠れのキラービーの襲撃と捕獲)、ダンゾウへの敵討ちを目的とした五影会談への強襲などを起こす。更に、木の葉の代表者かつ、一族抹殺の策を弄した張本人でもあるダンゾウが、一族の遺体から写輪眼を抜き取り武力として使ってる姿を見て、サスケはさらなる憎悪と狂気に呑まれて行く。仲間であっても復讐の邪魔になるようなら笑いながら葬ろうとする等、壊れた面が目立つようになる。

五大国それぞれの抜け忍などとの戦闘から五大国全てに因縁があり、その戦歴は五影にも知れ渡るようになった為、木ノ葉のかつての同期生や第7班(ナルトを除く)のメンバーもサスケを殺すことに決めた。

復讐としてダンゾウを討ち取り、香燐が倒れ伏している所に一人で始末を付けに来たサクラが遭遇。自身を刺し違えてでも殺そうとするサクラを返り討ちにする寸前でナルトが割って入り、2度目の再会を果たす。復讐する前にナルトと戦う、という約束を交わしたサスケは、来るべき戦いに備えイタチの両目を移植し、永遠の万華鏡写輪眼を開眼させた。

第四次忍界大戦の戦地に向かう道中、薬師カブトよって穢土転生されたイタチと出会ったため、全てを一時中断しカブトを止めるために共闘。カブトをイザナミという幻術に嵌め、多くの忍を苦しめていた穢土転生の術を解除することに成功した。そして術解除によって昇天していくイタチから本当の想いを伝えられたことや、死ぬ直前家族は復讐を望んでいなかった真実を示されたことで、多少なりとも正気を取り戻した。そして忍、里、一族とは一体何なのか、その本質を知りたいと考えるようになる。
そこに水月重吾が巻物を持って駆け付け、サスケは大蛇丸の野望の一端を知った。(ちなみに大蛇丸の野望の詳細は、連載終了後もまだ明らかになっていない)
また、解邪法印で復活させた大蛇丸の協力により、歴代火影達を穢土転生で蘇らせる。初代火影千手柱間から、柱間とマダラの因縁、それ以後続く千手一族うちは一族との因縁を聞く。初めは今の忍び世界のあり方とは別の想いから忍や里が作られていた事を知ったサスケは、イタチの意志や父・母の犠牲を無駄にしないために、木の葉の里を守ること・忍世界を変えることを決意。歴代火影と共に第四次忍界大戦に途中参戦し、ナルトとの対決前に旧7班と共戦することになる。

戦いの最中、マダラに胸を貫かれ瀕死の重傷を負うが、イザナミから脱し駆けつけたカブトの治療と六道仙人こと大筒木ハゴロモとの邂逅を経て陰の力を得る。またカブトから柱間細胞を移植されたことにより左眼に輪廻眼を開眼、六道仙術に目覚めたナルトと共に再度マダラに挑み、次いで現れた大筒木カグヤと相まみえる。(また柱間からマダラに対抗する為として、何らかの術を託されたがこれも最後まで明らかになっていない)

ナルトとの関係

最初は自分に変につっかかって来る「アカデミー最下位のうざいヤツ」とまったく相手にしていなかったが、班分けの初日に集まった際に睨み合いになり、さらにナルトがどんケツを食らって倒れ込んだことで、ファーストキスを最悪のかたちで喪失する羽目になり、「大嫌いなヤツ」へと変化した。

そして第7班として行動するようになり、再不斬襲撃の際に初めの共同プレイで再不斬の不意を突くことに成功。再襲撃に備えた「チャクラ木登り」の特訓の辺りから、徐々にナルトをライバルとして認識していくようになる。
中忍試験・第二試験で大蛇丸の襲撃を経て個人戦となったときには、ナルトに「お前と戦いたい」とはっきりとライバル宣言し、心中で彼を友としてみるようになっていた。

実はアカデミー以前にお互いを見知っていたことが示唆されており、父に認めてもらおうと必死に兄を追いかける自分と、周囲に認められようと必死にあがくナルトを、どこかで重ね合わせていたらしい。また、ナルトが苦しむ度に自分も痛くなってしまったという。

抜け忍となってからイタチへの復讐、そして木の葉への復讐と傾倒していくにあたり、ナルトや7班との絆を断ち切ろうと敵対していったが、第四次忍界大戦で再び共闘することとなった。

秘密

実は、彼は六道仙人の二人の息子の内、兄・大筒木インドラの転生体であることが、後に明らかになる。彼は幼い頃から何でも完璧にこなすことが出来る天才であったという。

最終決戦

マダラを媒介として復活した大筒木カグヤを封印し、後は無限月読を解除するのみとなった。そこでサスケは革命を宣言。サクラカカシの説得は届かず、止めようとするナルトとの決着をつけるべく終末の谷へと移動する。

サスケの目的は自らがあえて悪となり世界中の憎悪を一身に受ける事で里を纏めようとする、かつての兄の生き様を引き継いだモノだった。戦争が終わっても、今まで通りの忍の枠組みに戻すだけでは、任務を遂行し影で犠牲となる「忍」が無数に現れ続けるのは変わらない。平和は永遠に成し得ない。当然ナルトは孤独の道を進もうとするサスケを見過ごすわけが無く、サスケも自身を倒せる者であり唯一の友であるナルトの繋がりを断ち切るべく挑む。

「繋がりがあるからこそ苦しいんだ! 」
「これで…これでやっとオレは独りになれる…!」
「じゃあな、オレの唯一の…友よ!」


決着

2人の戦いは熾烈を極め、お互いの全力の技の応酬は谷の地形を変えるほどの凄まじい規模だった。互いの渾身の大技により両者とも片腕を失い、ダメージで戦闘不能となった。そしてナルトの想いに心を打たれて、「オレの、負けだ」と自身の敗北を認めた。兄や父や母、一族の「痛み」が伝わってきてサスケが復讐の道を選んだように、二人はお互いの「痛み」を感じていた。

サスケは、うちは一族で唯一の生き残りになってしまい迫害されていた自分と、九尾の人柱力とされて里の人々から嫌われ孤独となっていたナルトを重ねていた。そしてサスケは自分の「弱さ」だと恐れ拒絶していたが、ナルトがどんどん気になるようになってしまったことや、ナルトが痛みを感じるたび自分も痛くなってしまうこと、第七班(カカシ・サクラ・ナルト)に自分の家族を重ねてしまうようになっていくこと、それになぜか安心してしまったことを打ち明けた。また、サスケに憧れていると言うナルトに対して、サスケもナルトに憧れてることを打ち明けた。この時2人は笑い合い、長きに渡る宿命の因縁に決着がつき最大の親友へと至ったのである。

その後、2人は駆けつけたサクラによって治療される。そこで、サスケはようやくサクラが自分へ向ける想いに背いていたことを謝罪する。そして、サクラが流した涙に複雑な表情を見せている。

サスケの罪は、世界を救うために貢献したことや、カカシやナルトの尽力によって帳消しにされた。しかし当の本人のサスケは義手の完成を待たぬまま、贖罪のため、世界を見て周り、守るために旅に出る決意をした。
旅に出発する際にはサクラに2度目の感謝の言葉を告げ、ナルトからは里抜け時に置いていった自分の額当てを渡されている。


その後(※ネタバレ注意)






最終話となる700話以降は電波などが届かないような僻地に赴いて火影やその相談役などの里の上層部しか知らない極秘任務に携わっていることが明らかになった。また、ナルトとは違い柱間細胞による腕の生体義手をつけていない。彼なりのこだわりなのか、何か理由があるのかは不明。
そして里に残っているサクラの下には彼と彼女の娘であろう少女・サラダが登場している。サラダとは彼女の物心がついて以来会っていない模様。

人物

冷静でストイック、裏を返せば生真面目で不器用な性格の少年。
女子たちからは整った顔立ちもあってちやほやされていたが、自身の目標に邁進していたため、色恋沙汰には興味を持たずにいた。また、周囲に馴染めなかったためか孤立していた描写がある。
基本クールだが、内に秘める情動は強く熱い。
行動原理は愛情であると作中で明かされており、家族想いで誰よりも力を求めている。しかしそれ故に危うい所がある。幼少期に一晩で一族を失ったトラウマから繋がりを恐れ拒んでいた。

写輪眼

苦しみや悲しみによる深い愛の喪失や自身への失意によってもがき苦しんだ時に開眼・強化されるという性質がある。
写輪眼万華鏡写輪眼永遠の万華鏡写輪眼輪廻眼輪廻写輪眼の変遷を辿る。

使用術


◎火遁
豪火球の術
鳳仙火の術
龍火の術
豪龍火の術
◎雷遁
千鳥
草薙の剣・千鳥刀
豪火薙袖
千鳥流し
千鳥千本
千鳥鋭槍
千鳥光剣(劇場版)
麒麟
◎忍具
影手裏剣の術
操手裏剣の術
操風車三ノ太刀
口寄せの術(大蛇と鷹を呼びだす)
潜影多蛇手
蛇睨呪縛
雷光剣化
鷹(ダンゾウ戦で初使用、背中に乗って飛行できる)
◎体術
ハヤブサ落とし(激闘忍者大戦2、アニメオリジナル(第133話))
影舞葉
獅子連弾
写輪眼
◎万華鏡写輪眼
「永遠の」万華鏡写輪眼
天照(※)
血継限界 炎遁(えんとん)炎遁・加具土命(※)
須佐能乎(※)
炎雷(※)
◎輪廻眼
天手力
封術吸印
インドラの矢
地爆天星
六道・地爆天星
万象天引
神羅天征
異空間ゲート
◎その他
縄抜けの術
分身の術
影分身の術
ワイヤーアクション
※は万華鏡写輪眼の開眼時のみ使用可能

関連イラスト

サスケオンリー



第一部

宇智波佐助
うちはサスケ


6月の憂鬱
アオ



第二部前期

サスケ
サスケ



第二部中期

サスケ
雄飛の刻


うちはサスケ 02
.



第二部後期

サスケとナルト
蛇から鷹へ


HBD
無題





青年期(699話、THELAST、秘伝シリーズ)

In Between





最終話(700話)※ネタバレ注意









(❁´◡`❁)
最愛


スピンオフ

うちはサスケの写輪眼伝
最強ジャンプにて連載中のギャグ漫画の主人公。忍界の王子

SASUKE迅雷伝
岸本先生がサスケ主人公で映画にする予定だった。

サスケ真伝
699話、LAST後の話。




関連タグ

NARUTO うずまきナルト 春野サクラ うちはイタチ うちは兄弟 蛇/鷹 サスサク うちはサラダ 新うちは一家
チャクラ宙返り チャラスケ サスコ 千鳥
ダークヒーロー ウスラトンカチ 


他の記事言語

Sasuke Uchiha

pixivに投稿された作品 pixivで「うちはサスケ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160982319

コメント