2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

君には、大切な人がいますか?
人は…大切な何かを守りたいと思った時に、本当に強くなれるものなんです

その人の夢を叶えたいっ……!そのためならっ!僕は忍びに成り切るッ!!

プロフィール

(NARUTO秘伝・臨の書より)

誕生日1月9日
年齢15歳ナルトたちの3歳上)
身長155.9cm
体重43.2kg
血液型O型
性格温厚素直一途
得意な技 千殺水晶・魔鏡氷晶
CV浅野まゆみ

概要

第一部・波の国編に登場する霧隠れの里の抜け忍。「氷遁」の血継限界を宿す雪一族の末裔で、忍者としての天性の才能を持つ少年。幼い頃に霧隠れの鬼人・桃地再不斬に拾われ、戦闘術を教わってからは彼に忠実に付き従う。

鬼と雪



人物

一人称は「ボク」。非常に温厚で雪のように静かだが、再不斬への忠誠心は高く、彼に危害を加えようとする者には容赦しない。
得意技はと風の性質変化を組み合わせて氷を作り出す氷遁忍術「魔鏡氷晶」である。

白
ナルト LOG 09


また、戦闘時は仮面を被っているが、ナルトの攻撃を受けた時に割れて素顔が明らかになる。
長い黒髪に白い肌で、非常に端麗な容姿を持っていた。だが、性別は男ナルトには「サクラちゃんより可愛いのに」と驚かれている。(尚、実はこの感想が後々のナルト自身の選択の伏線にもなっている)

NARUTOログ9


ちなみにナルトとは直接対峙する前に素顔で出会っているのだが、その時の白は着物姿で髪も下ろしていたのでただの美少女にしか見えない。


生まれは水の国だが、母が血継限界である「雪一族」の人間である。この「雪一族」は忌み嫌われる存在で、父が母を殺し、白も殺されかけたが逆に父を殺してしまう過去があった。
その時に自身が"必要とされない存在"と思い絶望して放浪していたが、血継限界の一族と知りながら自身を拾い、必要としてくれた再不斬を心から慕うようになる。
そして彼の相棒として共に戦い続けたが、最期は再不斬を庇う形でカカシ雷切を受けて死亡。



本編においてナルトの人生に深く影響する人物でもあり、何度も回想で登場している。特に、最初の出会いの時に呟いた「人は大切な何かを守りたいと思った時、本当に強くなれるもの」という言葉はナルトの心に今もなお深く刻み込まれている。

アニメでは何の因果か、かぐや一族の最後の生き残りとされた君麻呂と、彼が霧隠れの里を襲撃した際に出会っている。

霧隠れの暗部時代について

白誕2020


霧隠れでは抜け忍を始末する霧隠れの暗部である追い忍・特殊部隊に所属していた経歴がある。現在も被っている仮面は追い忍の衣装。
推測だが、再不斬が起こした霧隠れの水影暗殺、またはクーデターには参加していないと思われる。
桃地再不斬がクーデターを起こした時期は白はまだ幼かったため、霧隠れに残し去っていた後に、密接に接触しながらも霧隠れの暗部・追い忍の特殊部隊に所属した可能性が高い。
アニメ版では水月によると「クーデターにより、汚職政治家である大黒天善の多くの手下がやられたことに、再不斬にだけ根を持っている、又大黒天善は再不斬を倒したと公の場で偽って公表していた」らしいが、天善から白の名前だけは挙がってはいないため、クーデターに居合わせていた大黒天善は彼を見なかったと言える。また、ゾウリワラジが白の速さに関しても初見殺しであったことから、暗部時代の白は実力を出していなかったのかもしれない。
ただ、鉄の国にて五影会談襲撃の際、の発言から霧隠れは再不斬と白は仲間だったという情報は掴んでおり、別件で白と霧隠れの忍び達との激突があったかもしれない。

再不斬と白の死に関しては、第七班帰還後にワラジにより、偽りなく霧隠れへと報告された。

関連イラスト

再不斬と白
涙


無題
再不斬と白



関連タグ

NARUTO 霧隠れ 雪一族 氷遁 
桃地再不斬 霧隠れ絆コンビ 哀しき悪役

別名・表記ゆれ
:色調タグの「しろ」でもある。白色基調のNARUTO関連作品を表す場合があるため、当キャラに「白」のみのタグ付けは避けるべき。

関連記事

親記事

霧隠れ きりがくれ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「白(NARUTO)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「白(NARUTO)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2168436

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました