ピクシブ百科事典

忍刀七人衆

しのびがたなしちにんしゅう

忍刀七人衆とは、霧隠れに七本存在する忍刀を使いこなす実力者に尊敬と畏怖を籠めてつけられる称号である。この記事では主に穢土転生で蘇らされた前任者と、各種忍刀の概要も合わせて記述する。
目次[非表示]

概要

霧隠れの里に存在する特殊な能力を持った七本の忍刀を使いこなす忍者に贈られるような称号であり、その名は他国の忍達にも知れ渡り、恐れられていた。
だが、相次ぐ内乱等で次々と所有者が刀ごと離反していき、現在の所正式に霧隠れの忍として所属しているのは長十郎のみであり、現状は解体されたも同然である。鬼灯水月は忍刀七人衆を復活させてそのリーダーになろうとしていた。

因みに、この称号は刀を受け継がれるたびに襲名されていき、第四次忍界大戦で穢土転生されたのは歴代の中でも特に扱いに優れていた選りすぐりの猛者たちである。
忍刀を持つ事自体が霧隠れの忍にとっての一種のステイタスであるようで、他里の忍に使われる事を露骨に嫌悪している。
原作では僅かな登場であったが、疾風伝では彼らにもスポットが当たり、どうして忍刀七人衆は解体したのか、どのような人物であったかが僅かながら窺い知れる。
また旧忍刀七人衆の前任者の殆どはマイト・ダイに倒され、生き残った西瓜山河豚鬼は里を裏切っていた事で上層部の命令を受けた部下だった鬼鮫に殺害される。に所属した枇杷十蔵うちはイタチを庇い戦死。
最後まで残っていた黒鋤雷牙もナルト達の攻撃に自ら死を選んだ為、旧忍刀七人衆は全滅している。
小説「シカマル秘伝」の登場人物で、元・霧隠れの抜け忍だった過去のあるゲンゴによれば、霧隠れの忍びは幼少のころから忍刀を使う訓練を受けており、それはやがて忍刀七人衆が扱う特異な忍刀を扱う為の下地とするためである。それは特殊能力を有した血継限界の血族を迫害した霧隠れにおいて、特殊能力を持たない、それに頼れない人間本人のたゆまぬ努力次第で強くなれるものとしての数少ない道筋の一つだったともいえる。
またこの忍刀七人衆が持つ特異な忍刀を扱うには特別な訓練が必要で、その際は前任者達や先任者達と顔見知りになるのだが、何れにおいてもあまり良い関係は築けなかった様である。
忍刀七人衆と顔見知りだった蘭丸再不斬を知らなかった辺り、再不斬はまだ新参者であったと思われる。

長十郎曰く、前任者と先任者達の忍刀七人衆中で干柿鬼鮫は特に異質な存在だったらしく、誰もが彼は特別だと言われていたようだが、雷牙からは嫌われていた辺り、あまり良く思われていなかったようである。

各種忍刀と、主な所有者達

断刀・首切り包丁

桃地再不斬が所有する巨大な忍刀。作中で初めて登場した忍刀でもある。後述の忍刀と見比べると、一見すると巨大なだけの刀にしか見えないが、血液中の鉄分を吸収する事で刀身を修復する能力を隠し持っている。
その為、いくら刃こぼれしようと、折られようとも敵を切り続ける限り何度でも修復されていく。
その後、再不斬の前に所有していた忍刀七人衆として枇杷十蔵の存在が語られている。
また意外にこの刀はとは強い結びつきがあり、所有者である十蔵や水月が暁に加わったりなど関連がある。

・所有者
枇杷十蔵 → 桃地再不斬 → 鬼灯水月(墓標代わりだった首切り包丁を受け継ぐ名目で盗む)
その後、エーに折られた後に暫く行方不明になっていたが、第四次忍界大戦時に穢土転生された再不斬の手元に再び戻ったが、後にはたけカカシの手に渡る。アニメオリジナルにおいて、再不斬から手に入れたその首切り包丁で、他の忍刀七人衆と渡り合っている。
また十蔵は穢土転生されなかったが、抜け忍である彼が霧隠れに遺体が渡った為痕跡諸共消されてしまったから、転生されなかったと言うところか。

大刀・鮫肌

幾重の棘状の刃が重なった刃で、削る事に重点を置かれている巨大な忍刀。相手の肉体だけでなく、チャクラさえも削り取って吸収し、持ち主に還元して回復させる能力を持つ。二本目に登場した忍刀でもある。
実はこの刀自体に意思があり、自分の意思で動き回り、生き物のように口も持っている。所有者と融合したり、自らが認めたもの以外が掴むと、柄からも鋭い棘を伸ばして拒絶したりするのだが……これ本当に刀?と突っ込んではいけない。

・所有者
西瓜山河豚鬼干柿鬼鮫
前任者である河豚鬼を殺害して奪った後、長らく鬼鮫が所有していたが、後に鮫肌自体がキラービーの事を気に入り、彼の手に渡る(これ自体が潜入するための作戦の一つではあったが)。
第四次忍界大戦では、キラービーがそのまま所持していたため、穢土転生された河豚鬼は刀を持たない状態で戦わざるを得なかった。ちなみに鬼鮫は自分の体を鮫に喰わせて死体を欠片すら残さなかったため、カブトが鬼鮫のDNAを手に入れることはできなかったようである。

双刀・ヒラメカレイ

霧隠れが現在唯一所有している忍刀。魚を真上から見たような、意外と可愛らしいデザインをしている。
チャクラを貯め、それらを一気に開放する事で切れ味を増したり形状を変化させる事が出来る。

・所有者
???→長十郎
長十郎の先任者である名前が判明していない七人衆がマイト・ガイの回想に登場。彼もまたマイト・ガイの父であるマイト・ダイとの交戦で戦死した可能性が高い。また、全ての七刀を使いこなせると評された鬼灯満月はこの刀を使いこなせると思われるが、七人衆としてこれを扱ったかは不明である。

鈍刀・兜割

斧状の刃と、巨大なハンマーを持つ、変則的な鎖鎌のようなデザインの忍刀。そのまま二刀流のように扱う事もできるが、最大の特徴は鍔迫り合いに持ち込んだ時や硬いものを斬る時に、刀をハンマーで叩き、二撃目を加える事でガード毎相手を切り伏せる事である。

・所有者
通草野餌人

長刀・縫い針

刺繍針をそのまま巨大化させたような忍刀。突き刺した相手を縫い合わせるように拘束する他、刀に通した糸(ワイヤー)を周囲に張りめぐらせる事で相手の動きを封じる。
アニメではさながら必殺仕事人の様にワイヤーで相手の首を吊って絶命させていたりもした。

・所有者
栗霰串丸

爆刀・飛沫

斧に巻物を組み合わせた形状の忍刀。巻物に大量に張られた起爆札で相手を爆殺する事を目的とし、鍔迫り合いは勿論、例え軌道が逸れたとしても爆風に巻き込まれてしまう。トイレットペーパーの様に巻物を回す事で再び起爆札を補充することができる。

・所有者
無梨甚八

雷刀・牙

二刀一対の細身の双刀で、先端部に牙状の突起が付いている忍刀。雷遁を帯びさせる事で、忍刀の中でも最高の切れ味を誇る。このほかにも、避雷針の代わりにしたり、逆に周囲に放電したりすることも可能である。
(原理としてはうちはサスケ等が自分の刀に雷遁を纏わせたり、千鳥流しで周囲にダメージを与えるのとそれほど変わりは無い)

尚、この雷刀・牙は原作より先に第1部のアニメオリジナルのエピソードの中で登場した黒鋤雷牙(これまたオリジナルの元・忍刀七人衆)が所有していた忍刀であり、アニメから逆輸入された刀でもある。
後に原作でもマイト・ガイの過去回想にて登場した牙を所有する七人衆が雷牙によく似た人物となっているが、詳細は不明(アニメでは雷牙と同じ色使いで描かれている)。彼も穢土転生されなかったが、雷で身体を消し去り跡形も無くなってしまった為、転生されなかったと思われる。

・所有者
林檎雨由利 → 黒鋤雷牙(アニメオリジナルの時系列、設定的に)
その後、アニメオリジナルの展開でこの牙は穢土転生された雨由利からオモイに戦利品として託さている。

その他の所有者

上記した者以外にも忍刀七人衆に名を連ねた者はいると思われるが、詳細は不明。うちはサスケの同志となった鬼灯水月の兄である鬼灯満月は、これらすべての忍刀を使いこなすことができ、正式に七人衆の一員となったかは不明ではあるが、穢土転生された中に満月の姿を見た霧隠れの忍びは「歴代の中でも選りすぐり」と評していた事から、歴代最強の忍刀七人衆の一人として名を連ねている。どの刀を主に使っていたかは不明。穢土転生された第四次忍界大戦では刀を持たずに水化の術で戦っていた。

関連イラスト

忍刀七人衆
Seven Sords Men PT II



この記事のカテゴリ

NARUTO 疾風伝 アニナル 霧隠れ 逆輸入
マイト・ダイ

pixivに投稿された作品 pixivで「忍刀七人衆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71781

コメント