ピクシブ百科事典

鬼灯水月

ほおずきすいげつ

「鬼灯水月」とは、『NARUTO』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV: 近藤隆

NARUTOらくがきログ4


16歳。身長177cm。
大蛇丸の獄に封じられていた霧隠れ出身の青年で、鬼灯満月の弟。「鬼人・再不斬の再来」とまで言われる神童であり、その名は暁の干柿鬼鮫にも知られていた(が、アニメでは「一本調子、再不斬より上だと言ったのは取り消す」と前言撤回されている)。忍刀七人衆の完全復活と、そのリーダーになるのが夢。また、刀剣愛好家の一面もあり、七人衆の忍刀だけでなく、交戦した相手の刀等にも興味を持っている。

大蛇丸から自分を解放したうちはサスケの実力を認め、蛇/鷹のメンバーとして同行していた。
しかし、五影会談襲撃時に敗北した事でサスケに見捨てられ、重吾と共に置いていかれてしまう。サムライに見つかり牢に閉じ込められるも、第四次忍界大戦開始から程無く脱出する。

戦闘では独自の水遁忍術「水化の術」とその応用術を操る。また雷遁は苦手である。
また、忍刀の扱いもかなりのものではあったが、首切り包丁を使うにはパワー・テクニック共に再不斬までには至っていなかった。

人物

20140218


サスケに対しては、優しいすぎると愚痴をこぼしながら、渋々従っている。
相手を脅したり、痛めつけたりとサディストの一面があり、ゾウリ(アニナル)や、大蛇丸の囚人のタキシ、角都の部下達や帳簿係りなど脅してた時は生々していた。
だが、サスケ写輪眼の力が強まるにつれ、水月の好きな事も制限され、キラービーの居場所を吐かせようとキラービーの部下を脅してたが、サスケに止められてしまう。
写輪眼は水月曰く 便利な目 とうんざりしていた。
鷹のメンバーではやたらと殴られ役になっており重吾の殺人衝動が暴走した時や香燐の憂さ晴らしの矛先には決まって水月がたいてい被害に遭う為、気苦労が絶えない。

同属嫌悪と言うべきか…香燐とは犬猿の仲でしょっちゅう喧嘩をする。

水化の術の使い手故か、水分補給をかなりの頻度で行っている。

七代目火影と緋色の花つ月(ネタバレ注意)

大蛇丸や他の鷹のメンバーと共にアジトで働いている。本編ではちょっとしたトラブルメーカーになってしまっていた。
親子共々アジトに訪れ、大蛇丸の話を聞いた後のうちはサラダのお願いでDNAを検査をすることに。香燐の机の中にあった臍の緒を勝手に持ち出して検査してしまったことで思わぬ誤解を生んでしまう。
また、元々軽口であるためか余計な一言を言ってしまうことで危うくうちは一家にヒビが入りかけるという失態を犯しうずまきナルトからは「お前ら鷹のメンバーは…昔から余計な事ばっかしやがるってばよ!!このバカ!!」とまで言われてしまう。
後に戻ってきた香燐によって誤解は解かれたが、サラダに謝ると共に新しいメガネをサラダプレゼントしに行くように言われるのだった。

関連タグ

NARUTO 
うちはサスケ 香燐 重吾 蛇/鷹
鬼灯満月 鬼灯一族

pixivに投稿された作品 pixivで「鬼灯水月」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 729284

コメント