ピクシブ百科事典

新・忍刀七人衆

しんしのびがたなしちにんしゅう

新・忍刀七人衆とは『BORUTO』に登場する集団である。

概要

かつて霧隠れに存在した特殊な能力を持った七本の忍刀を使いこなす忍者に贈られるような称号、忍刀七人衆の名を名乗る若き霧の忍たち。
実態は領土拡大の野心に燃える水の国の大名の策謀に乗せられて、かつての血霧の里の実情も知らずにその復活を目論んだ干柿屍澄真が率いる革命家気取りの集団に過ぎず、霧隠れの現状への不満から過去を賛美して妄想を実行に移したようなもので、粛清を考慮していた水影の長十郎もボルトに乗せられたとは言え「子どものケンカ」と言っている。
一人ひとりの実力は「中忍の中でも頭一つ抜きんでている(長十郎・談)」レベルであり、スキルの面ではそれ相応に高いものの、その平均的な能力差などにムラがあり、また血なまぐさい時代や忍界大戦を経験してきたわけではなく平和な時代に生きてきた故に錬度が低く、それでいて根拠なく自身の力を過信した上に他里の忍びを見下したりするにも関わらず、攻撃される側になると無様に取り乱し、かつての忍刀七人衆と比較すると些か実力不足が覗える。中には過去の所有者の血縁者もいるため、不遇な過去によって不退の覚悟の者もおり、彼等の非はあれど霧隠れの世代間の歪みを端的に表している。
実際に、水影である長十郎から正式に授与されたのは枸橘かぐらだけであり、あとは保管庫から強奪して奪い取ったに過ぎない。かぐら自身も屍澄真に負い目がある故に半ば参加したようなものだった。かつて忍刀七人衆を復活させて自分がそのリーダーになろうとして果たせなかった人物からは「なんであんな連中が新七人衆を名乗ってんだか。戦争を経験してもいないガキどもが」とその実力を非常に低く評価されている。実際に忍刀の扱いに関しても、自身の実力や錬度、心構え等から完全に使いこなせているとは言い難く、首魁の屍澄真は最終的に鮫肌に取り込まれ、スキルの点では使いこなしてはいるものの練度の低さで完全に使いこなせなかった者(文淡、蛇苺)、殆ど使いこなせていたとは言い難かった者(八朔、巨峰、一朗太)ばかりであった。また、かぐら自身もヒラメカレイを完全に使いこなすのに関してはチャクラ量等の不足など、完全に使いこなせる段階にまでは至っていなかった。
やがて屍澄真によって引き起こされたクーデターだったものの、六代目水影長十郎、うずまきボルト、うちはサラダ、鬼灯水月から情報を得たミツキ、結乃イワベエ、七人衆を離反した枸橘かぐらによって苦戦しながらも鎮圧され、七人衆も敗北。かぐら以外は罪人として拘束され、更生プログラムを受けさせられる事となり、かぐらは長十郎の監視下に置かれる事となった。忍刀も結果的に没収となったと思われる。
なお、新・七人衆の一件は隠蔽されている。

構成員と所有する忍刀

大刀・鮫肌干柿屍澄真-リーダー格。
双刀・ヒラメカレイ枸橘かぐら-かつての水影・枸橘やぐらの孫。
雷刀・牙黒鋤文淡-かつての七人衆・黒鋤雷牙の娘。
断刀・首斬り包丁尾道八朔
鈍刀・兜割笛吹巨峰
爆刀・飛沫鬼柚子一朗太
長刀・縫い針蛇苺

pixivに投稿された作品 pixivで「新・忍刀七人衆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2365

コメント