ピクシブ百科事典

黒鋤文淡

くろすきぶんたん

黒鋤文淡とは、アニメ『BORUTO』の登場人物。
目次[非表示]

CV:伊瀬茉莉也

概要

霧隠れの若きくノ一であり、かつて忍刀七人衆に名を列した黒鋤雷牙の一人娘。
父同様に雷遁に長けた実力者であり、同世代の霧の若手の中でも屈指の実力者と思われる。
干柿屍澄真血霧の里復活を目指す同志の一員。屍澄真に加担して雷刀・牙を強奪。新・忍刀七人衆の一員として六代目・水影長十郎うずまきボルトうちはサラダと対戦。屍澄真と鬼柚子一朗太によって分断した敵戦力のうち、うちはサラダと激突した。

人物像

外見においては瞳の形のみ父親似であり、金髪、白い肌に青い瞳のスレンダーな美人だが、霧隠れに良く見られる鋭い歯の持ち主。
父の里抜けの影響を受けて、母からは「あのろくでなしに似た」と虐待を受けて育てられており、その一方で良く知らぬ父・雷牙に対し愛憎半ばの感情を抱いている。実際に、屍澄真の計画に加担したのも父の使った雷刀・牙を入手するのが目当てでもあった。それ故に、うずまきナルトを父の仇と認識している。
平和な霧隠れと他里からの旅行者を快く思わず露骨に軽蔑し見下す、かつての血霧の里の実情も知らず美化している、自身の力を過信し他里の忍の実力を根拠なく見下す悪癖に加え、自身と対峙したサラダの写輪眼を「親から楽して貰ったもの」「猿真似」と嫌悪する等、血継限界に対しての嫌悪も見受けられるものの、多彩な雷遁術を使いこなし、雷刀・牙を歴代七人衆レベルに器用に使いこなしている実力は本物である。

本編での戦闘

ボルトと屍澄真の戦闘時に登場し、雷遁をまとわせたボルトの手裏剣を雷遁をまとわせた忍刀ではじき返す。その後、雷刀・牙を強奪後にうちはサラダと激突。
地下湖にて自身の多彩な雷遁術や雷刀・牙の力をフル稼働させて術をサラダにコビーされながらも苦しめたが、幻術にかかっていたこと、雷遁を使っていた事による水素の発生を突かれて水素爆発を起こされて敗北した。

pixivに投稿された作品 pixivで「黒鋤文淡」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21175

コメント