2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:内田雄馬※第1話のエンディングロールではノンクレジット。

概要

BORUTO』に登場する謎多き少年。当作のキーパーソンで、Vジャンプの漫画BORUTO編集担当・真鍋廉は「カワキはもう一人の主人公的存在」だと発言している(『あにレコTV』2020年12月21日放送回)。

ツーブロックヘアーが特徴。右頬に「Ⅸ」の文字が刻まれている。身長183cm(青年時)。
当作の主人公のうずまきボルトとは逆に左掌に「楔(カーマ)」が表れている。

第1話のプロローグでは、青年となった姿でボルトと崩れた火影岩の上で戦っており、本格的な登場は原作では漫画7巻第23話、アニメでは第188話のラストになる。

人物

口も態度も悪く、束縛を嫌う性格。弱肉強食主義者で、自分を害する者には容赦なく報復を行う。
ただし、この性格は後述する半生が大きく影響しており、本来は思慮深い性格。心を開いた相手には相応の敬意をもって接するが、親しい人間がほとんどいなかったこともあって対人関係はぶっきらぼうで不器用。
うずまきヒマワリうずまきヒナタの為に作った花瓶を意図せずとはいえ割ってしまったことを素直に詫び、ナルトと替えの花瓶を買いに行ったり、ずっと花瓶を修復することに熱心になるなど、決して悪人ではない。
また、劣悪な環境で育った為か、初めて食べたたい焼きの味に感動したり、ぶつかってきた子供に“社会勉強”と称して能力で脅しをかけたりと世間知らずな面もある。
アニメでは空腹時に野良犬に対して落ちたパンを譲る優しさも見せている。
教わった経由は不明だが、最低限の読み書きはできる模様(彼の手紙を読んだボルトは字の汚さに苦言を呈していたが)。

アニメでは原作よりかなり表情が豊かで、笑顔を見せたり大笑いしたりと、原作では決して見られないような一面を見ることが出来る。

七代目火影・うずまきナルトはカワキに昔の自分(人柱力として腫物扱いされていた頃)を重ねて見ており放っておくことができず、心が荒んでいた彼の支えになろうと苦心し、カワキの方もナルトと触れ合う内に徐々に心を開いていき、自身の奪還のために木ノ葉を襲撃してきた殻の幹部であるデルタをナルトが撃退した出来事を機に、彼に弟子入りする。当初はナルトのことを「火影」と呼んでいたが、後に「七代目」と呼び慕うようになる。

ボルトとの仲は当初は険悪だったが、共に過ごし交流を重ね、デルタ襲撃の際に身体を張ったことを機に心を許すようになり、二人の間には確かな友情が芽生え始め、共に殻とジゲンの打倒を誓い合う。
彼の同期たちとも交流しており、シカダイいのじんとも一緒にゲマキの話題で盛り上がるなど親しくなっている。また、いのチョウチョウ曰く「イケメン」らしい。

アニメでは筧スミレとの関わりが原作より深く掘り下げられ、彼女の情報で身柄を拘束されていた科学忍具の研究所を抜け出しており、スミレは自身の生い立ちからカワキの過去に何かがあることに気づき「かつての自分の同じ目をしている」と彼女からは同情されており、ナルトとの出会いのきっかけを作っている。
うずまきヒマワリとの関わりも深く描かれており、2人だけで交流するエピソードや、下忍の任務の為にヒマワリと共に忍者アカデミーに通ったりと、彼女を信頼している描写もある。
デンキメタルとも交流があったようで、彼らからも好印象を抱かれているが、イワベエからは「因縁をつけられた」として警戒されている模様。デンキ曰くアカデミー時代の彼に似てるとのこと。

劇中の活躍

過去

幼少期、呑んだくれの父親(アニメではコカツという名前が明かされている)からネグレクトを受けていた中、大筒木イッシキの次の器候補としてジゲンに目を付けられ、大金と引き換えにジゲンによって「」に売り飛ばされる。

その後、「楔(カーマ)」の刻印と人体改造処置を強制的に施され、他人への不信感と怒り、そして周りに誰も味方がいないという悲しみを募らせていった。

なお、アニメでは「殻」所属以前の経歴が掘り下げられている。
外界とは狭いトンネル1本だけで繋がっている田舎で育ち、父親の酒代を稼ぐために働かされ、稼ぎが少ない日は食事抜きにされる、さらには日常的な言葉責めと暴力という躾によって「自分は無力である」「他人はすぐ裏切るから信用できない」という思想を刷り込まれていた。
ちなみに、父親はかつては忍だったと周囲に言いふらしていて、カワキ自身もそれを信じていたが、真相は不明。

木ノ葉の里へ

そんな中、自身を輸送する『殻』の飛行船が墜落したことにより、期せずして「殻」からの脱走に成功する。
追手である傀儡を片っ端から破壊し続けて疲労で倒れていたところを、飛行船調査のためやってきたボルトたちに発見される。
ボルトに刻まれた「楔」を見ての追手と誤解し警戒するが、さらに自身の回収に現れた外陣のガロウを返り討ちにした後に力尽き、木ノ葉隠れで身柄を拘束される。
自分を危険人物、あるいは化け物扱いする周囲への疑心から監視や拘束を力づくで跳ねのけるが、その内面に秘めた憂いに気付いた七代目火影・うずまきナルトが直接監視役を買って出た為、うずまき家居候することになった。

うずまき一家とは問題を起こしつつも、なんとか生活できていたが、自身の回収のため木ノ葉に侵入してきた内陣のデルタとナルトが交戦した際、巻き込まれたヒマワリをかばって右手を喪失する怪我を負う。
デルタから自分を守り、彼女を倒したナルトに対して信頼心が芽生え始め、デルタとの戦いの後はカタスケによって右手にナルトのチャクラを通した義手を作られ、彼に弟子入りして忍術も教わる。

殻への反撃

ナルトの前にジゲンが現れた際は、彼を侮辱されたことで、一瞬大筒木の力が目醒める。
ナルトがジゲンに連れ去られ安否不明となるが、右手の義手でナルトのチャクラを感じて彼の安否を確認し、時空間を開き第七班と共にナルトの救出に向かう。
「新生第七班」として彼らと共闘して「殻」の内陣・ボロを倒し、ナルトを救出することに成功する。

ボロとの戦いの後は木ノ葉の里で遠野カタスケ筧スミレによって治療を受ける。

続き『殻』の科学者であるアマドが木ノ葉の里に亡命、飛行船が墜落したのは果心居士によって意図して墜落したものだと判明する。大筒木イッシキがジゲンの器化に成功したことで、左掌の「楔」が消滅する。

シカマルたちによって匿われていたが、ナルトのチャクラを通じて居場所をイッシキに探知されてしまい、時空間忍術で飛ばされる。イッシキから再びカーマを刻まれようとされるも、「影分身の術」を使って不意をつき、イッシキを消滅させることに成功する。

アニメにおける追加描写

イッシキ撃退後は、再度行われたボルトたちの中忍試験を観戦し、ナルトから忍の道を提案されたこともあり、忍に興味を持つようになる。他の班との合同任務に参加するも、自分本位に行動しチームワークを試みなかったが、シカダイやチョウチョウとの護衛任務で少しずつ変わっていった。
その努力が認められ、特例措置により下忍に任命。配属先は中忍になったサラダが隊長を務める第七班となった。

下忍となった後は、水の国における霧隠れと舟戸一族との戦争に介入、忍者学校での護衛任務などを行っている。

コードとの戦い

イッシキ撃退後は「楔」が無くなり、自身が弱体化してしまった事や、クラマを失ったナルトを守る為、「殻」のコードの撃退の為に焦りが生まれ始める。合理的な強さを求めてアマドからもう一度「楔」を刻まれる事を提案されるが、この場ではそれを聞き入れなかった。

うずまき家宅にて、かつてボルトがナルトに取り上げられた額当てをボルトから譲り受け、信頼しているナルトや、愛着を持ち始めたうずまき家や木ノ葉の里の無関係の人々を巻き込むことを避ける為に、一人里を抜けてコードを誘き寄せる。

コードに木ノ葉から手を引くように頼み、彼に痛めつけられるも、駆けつけて来たボルトに助けられる。

ナルトへの思慕

上記の通り、悲惨な幼少期と「殻」による実験生活によって過酷な生活を送り続けたカワキ。
そんな自分を受け入れ、「息子」として温かな愛情を注いでくれたナルトに彼は思慕の情を抱くようになる。
ボルトや忍達と交流を深め、一人の人間として良い意味で変わり始めていった。
そしてナルトへの思慕は強い執着心となり、己の行動原理そのものへとなる。
しかし、カワキの想いはシカマルが「単なるファザコンじゃ片付かねぇな。度を超えてる」と不安視する程危ういもので、「殻」の襲撃を機に実力不足を痛感した彼はナルトを守りたいが為に力を渇望するようになった。

Kawaki カワキ


物語冒頭において、崩壊した木ノ葉の里でボルトとカワキは共に青年となり戦っているが、そこでの二人のやり取り曰くナルトはカワキによって既に「送られて」おり、それが死なのかは不明である。アマドの考察、そして前作での愛憎劇を考えるとナルトへの深すぎた愛情がカワキに狂気をもたらしたのか、真実はまだわからない。

能力

boruto
kawaki


「殻」による肉体改造により「存在そのものが科学忍具」とも言える代物に仕上がっている。強力だが、科学忍具の弱点である「過剰使用によるオーバーヒート」を疲労という形で背負っているため、休息と栄養補給を適宜行う必要がある。
忍の修行はまったく受けていなかったが、ナルトに弟子入りしてからはチャクラの使い方を学び、火遁などの術も一部会得している。

なお、アニメ版では山奥の田舎育ちのせいか船酔いに耐性がなく、船上での活動時は酔い止めの措置が必要になる。

  • 細胞硬化(さいぼうこうか)
自身の細胞を硬い鉱物のように硬化させて腕に纏わせる。この物質はカワキ自身の体積を無視して肥大し、切り離しても硬化状態が維持される。

  • 治癒強化(ちゆきょうか)
常人より傷の治りが早い。ただし、空腹状態では鈍化する。

  • (カーマ)
ボルトとは反対に、カワキの左掌にジゲン(大筒木イッシキ)によって刻まれている印。ある程度使いこなしており、敵の攻撃を吸収したりそれを放出して反撃に使用することもできる。だが完全にコントロールは出来ておらず、無意識に出ることもあって「自分のではないから嫌なんだ」と呟いている。
ボルトの「楔」と共鳴し、時空間を生み出すことがある。

  • 螺旋丸・連奏(らせんがん・つらね)
ボルトとの連携技。ボルトに「楔」の力を注ぎ、強力な螺旋丸を放出する。

残像ではなく実態を持った自分の分身を作り出す。修行の末に会得した。

コード戦で「楔」が再び刻まれたことで片目が開眼した。

  • 秘術・少名碑古那(スクナヒコナ)
イッシキの能力で、コード戦で「楔」が再び刻まれ、イッシキの眼を開眼したことで使用可能となった。視認した物質を瞬時に縮小・復元できる。

関連イラスト

Boruto Chapter 25 - Kawaki
ぼーっと、、。


Kawaki From Boruto
空腹につき不機嫌。


楔 共鳴
鬼カワキ



関連タグ

BORUTO キーパーソン 相棒
改造人間 サイボーグ
もう一人の主人公 宿命のライバル
ダークヒーロー ブラックヒーロー ブルーヒーロー
うずまきボルト うずまきナルト 新生うずまき一家 
殻(BORUTO) 楔(BORUTO)
カップリングタグ
カワスミ カワヒマ
カップリングBLタグ
カワボル カワナル ボルカワ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4449184

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました