ピクシブ百科事典

山中いのじん

やまなかいのじん

「山中いのじん」とは、漫画・アニメ『BORUTO』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

CV:阿部敦
第四次忍界大戦の終結から数年後、サイ(山中家に婿入りし「山中サイ」に改名)と山中いのの間に生まれた一人息子。木ノ葉の伝統である「猪鹿蝶」の子供である。

髪と瞳の色はいの、肌の色とはサイ譲り。岸本曰く「いのを小さい男の子にしたらいのじんになった」。名前の由来はおそらく、「仁(弐)」から(祖父にあたる山中いのいちは「壱」)。

うずまきボルトうちはサラダ奈良シカダイ秋道チョウチョウとは親つながりで顔見知り。

ボルトたちと忍者アカデミーに同期入学し、卒業後は風祭モエギが隊長を務める第十班(モエギ班)にシカダイ、チョウチョウと共に「新猪鹿蝶」を結成し、活動している。

最強ジャンプで連載されている『BORUTO SD』にも登場。初登場では、口元だけが笑っていて目が笑っていない状態で「フフフ…」と笑うという、なかなかのインパクトを見せた。本編同様、やはり怒った時の母親を苦手としている。

プロフィール

誕生日12月05日
星座いて座
身長147cm(12歳)
好きな食べ物チーズ、たこ焼き
嫌いな食べ物脂身
趣味絵を描くこと、ゲーム(FPS)


容姿

金髪の髪を後ろで縛っており、青い瞳も母親のいの譲り、色白の肌は父親のサイ譲り。両耳には白いピアスをしている(シカダイとチョウチョウもしていることから、猪鹿蝶伝統のピアス伝授の様子)。

いのじん
BORUTO🔩山中いのじん


漫画版及びアニメのアカデミー時代は、長袖の紫色のパーカーに、グレーのオーバーオールというスタイル。
劇場版及びアニメでは下忍となってからは、父親のサイを意識した黒に近い紫色の服装をしている(NARUTO原作最終話でも似た格好をしているが、デザインが若干異なる)。木ノ葉の忍の額当ては通常通り額に装着。

人物

言いたいことははっきり言うタイプで、サイ同様に毒舌。自意識過剰な発言をするチョウチョウにも「デブ」とよく暴言を吐いている。
クールに見えて、少々意思が弱く自分の実力に自信がない面もあり、怒った時の母親が苦手。表情の豊かさはいの譲り。

勝気な母親と自由奔放なシカダイやチョウチョウに振り回されており、気苦労が絶えない。

実家は花屋で、時々その手伝いをしている。父親に似てネーミングセンスは上手いとは言い難い。
ミツキ編では芥の「アッくん」との交流が描かれた。

ともだち、だよ
Doodle ♡
Clay Flowers



能力

山中いのじん
ed


父直伝の「忍法・超獣偽画」をメインに使うが、父の絵を内心古いと感じており、墨だけの父に対し絵の具も使うなど、自分なりに工夫している。一時期スランプに落ちおり、うずまきヒマワリに絵の先生になってもらい、絵を描く楽しさを思い出す。
また、医療忍術や母方の秘伝である「心転身の術」も会得しているが、当初は自信がなく、成功率は低かった。両親との修行をきっかけに「心転身の術」もマスターしつつある。
シカダイが中忍に昇格してからは焦りを感じ、修行に勤しんでいる。

関連イラスト

初夏
いのじん


イノジン!
いのじん


ロメオ
Happy Valentine's Day~!



関連タグ

NARUTO BORUTO 新世代木ノ葉忍 
山中いの サイ(NARUTO) 新猪鹿蝶
奈良シカダイ 秋道チョウチョウ 風祭モエギ

真城最高……同じ漫画雑誌連載されていた漫画のキャラクター。「絵」と「漫画」に深い関わりを持ち、さらにいのじんのとサイコーの相方同じ声優である。

関連記事

親記事

新猪鹿蝶 しんいのしかちょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「山中いのじん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7052422

コメント