ピクシブ百科事典

枸橘かぐら

からたちかぐら

枸橘かぐらとはアニメ『BORUTO』の登場人物である。
目次[非表示]

CV:河本啓佑

概要

霧隠れの若き忍びで、うずまきボルトとあまり変わらない年頃でありながら、六代目水影長十郎の側近を務める実力者であり、中忍。四代目水影・やぐらの孫。
真面目で礼儀正しく、明るく人となりも良い好青年だが、その出自ゆえに苦労をさせられた暗い背景を持ち、また自身の持つ二面性に苦悩しており、そこを突かれて霧隠れを揺るがす謀略に巻き込まれる事となる。

人物像

祖父・やぐらを思い出させる容姿の持ち主。明るく礼儀正しい好人物だが、血霧の里の代名詞と言われたやぐらの子孫ということで迫害を受けた経緯があり、また刀を持つと殺人衝動が凄まじくなり、これによって死亡事故を引き起こしてしまった凄惨な過去がある。それでも、傷つけてしまったアカデミーの先輩でもある干柿屍澄真や長十郎達の助けもあり、生き延びてきた。
忍者としての実力も木剣で忍刀を持った相手を圧倒して無力化し、長十郎も自身のヒラメカレイを与える位に高く評価。屍澄真もその実力を高く評価していた。その屍澄真の策謀の末、新・忍刀七人衆としてクーデターに加担させられる事となる。

戦績

本編では自身の血筋に絡む呪縛、屍澄真への恩義と里への忠誠心、ボルトとの友情で本来の実力を完全に発揮できたとまではいかなかったものの、完全に引き出せていなかった状態でもヒラメカレイをそれなりに扱う事が出来ていた。やがて鮫肌に取り込まれて暴走した屍澄真をボルトと共闘してヒラメカレイで撃破している。

pixivに投稿された作品 pixivで「枸橘かぐら」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 128106

コメント