ピクシブ百科事典

やぐら

やぐら

四代目水影・やぐらとは、『NARUTO』のキャラクター。
目次[非表示]

CV:入野自由

概要

三尾人柱力で、尾獣を完全に制御できた数少ない忍。本名は枸橘やぐら
紫色の眼をした子供のような風貌で、鉤爪と緑色の花が付いた、長い棍棒のような武器を背負っている。子供のような風貌であるが、実際は大人とされる。ただし、人柱力と尾獣が一堂に介した場面では、ナルトの言葉に対し子供のようにムキになったことがあり、実際の年齢は不明。
四代目水影であるが、うちはマダラトビ)に裏で操られており、霧隠れの権力は奪われていたのが実態で、霧隠れの里を恐怖政治で支配していた。
まだ洗脳されていた時代の頃、干柿鬼鮫に指示し情報を漏えいして裏切っていた西瓜山河豚鬼抹殺させ、月の目計画を語り鬼鮫を暁へとスカウトしている。
白眼を移植したによって、その洗脳は解かれ自我を取り戻した。しかし対戦時に消息を絶ち、後に三尾を引き剥がされ死亡している。

人物像

鬼鮫の回想に出ていた頃はマダラ(トビ)に洗脳された状態ゆえか、冷酷冷徹で表情にも乏しい印象が強いが、ナルトと会話している時の雰囲気から、本来は好青年と思わせる。
ナルトは自分より年下と見ていたが、実は妻帯者だったらしくBORUTOではが登場している。

◆アニメ版『イタチ真伝』において

このエピソードにおいて、暁との対戦時の経歴が語られた。
この時は既に青により洗脳を解かれている状態で、自ら抜忍狩り専門部隊の追い忍を引き連れ、うちはイタチ枇杷十蔵を襲撃。
尾獣化により形勢は逆転し、十蔵を瀕死状態にして、イタチを追い詰めるも天照を習得した事により、天照をくらい気を失った。
十蔵はそのまま死亡し、イタチはやぐらを置いて引き返したが、(十蔵の暁の指輪の回収時の事を考えると)消息不明になったのはこの時であると思われる。

◆アニメ版『三尾出現の章』において

このエピソードにおいてはやぐら自体は登場してはいないが、三尾が引き剥がされ湖の中で佇んでいた辺り、放浪の身であった事が判明している。
しかしトビデイダラを誘導し、そのまま三尾との戦闘状態になるも封印されている。

トビがデイダラを誘導している辺りで、やぐらから三尾を引き剥がし、いつでも狩れる様に湖で放っていたのも計画の内であると思われる。

◆アニメ版『BORUTO』において

孫である五代目水影の側近枸橘かぐらが登場。瞳や髪色等の特徴が受け継がれている。
やぐら統治時代が血霧の里と呼ばれていたと多くに信じられていた影響からか、やぐらと一族郎党は里の内部で慰霊碑に名を刻まれない等の迫害を受けていたと語られる。


関連タグ

NARUTO 霧隠れ 人柱力
トビ うちはイタチ 枇杷十蔵

pixivに投稿された作品 pixivで「やぐら」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79700

コメント