ピクシブ百科事典

万華鏡写輪眼

まんげきょうしゃりんがん

万華鏡写輪眼とは、『NARUTO』に登場する魔眼の一種。

概要

写輪眼の上位種。うちは一族の長い歴史の中でも開眼しえた者はわずか数名しか存在しない伝説の瞳術とされる。

「写輪眼」が変異した形であり、発動の際は瞳の文様が変形する。
通常は勾玉文様が浮かび、赤く光って見えるとすべてのうちは一族に共通するのだが、万華鏡写輪眼(以下、万華鏡)は形状が個人によって異なる仕様。

うちはイタチ 三枚刃の手裏剣
うちはシスイ 四枚刃の手裏剣
はたけカカシうちはオビト 二重の三枚刃の手裏剣
うちはサスケ 六芒星
うちはマダラ 車のギアのような形
うちはイズナ 円形から三つの突起が伸びている
うちはシン 中央の大きな円から小さな三角が三つ飛び出ている。オリジナルとクローン共に同じ模様

全ての面で写輪眼を凌駕する瞳力を誇り、この形でのみ使用が可能となる瞳術も存在する(天照、月読、神威、別天津神、須佐能乎など)。
また、万華鏡は写輪眼とは違い目の文様も、もたらされる力『瞳術』も特別な要因が無ければ開眼した個々で異なる。

開眼する瞳術の場合は左右の眼で同じ場合や異なる場合もある(うちはシスイの万華鏡は左右で同じ瞳術『別天神』が宿っている)。

その瞳力は、最強の尾獣である「九尾」さえ制御するという。ただし、強力な術の常として一回の発動に膨大なチャクラを必要とし、また術によっては肉体に直接強い負担が掛かる場合もある。

開眼条件は「最も親しい友を殺すこと」であるとイタチの口から語られているが、マダラ曰く「最も親しい者の死を経験すること」と若干の差異があり詳細は不明ただ、カカシがリンを殺した時に開眼し、オビトがその光景を見て開眼しているのでその両方の可能性もある。

なお開眼によるチャクラの噴出か、その原因となる大きな精神的負荷のどちらが原因かは不明だが、万華鏡写輪眼に開眼するとチャクラの質そのものが大きく変化する。感知タイプのサクラ香燐は開眼直後のサスケを見て「別人のように冷たい」チャクラに変わったと評し、またミナトもトビの正体に気付くことが出来なかった。

一度開眼するとその能力を使えば使うほど失明へと向かっていくリスクを伴う。しかし万華鏡は一族の他者の万華鏡を自分の目に取り込むことで、視力が低下しない「永遠の万華鏡写輪眼」へと変化させることができる(文様にも変化が起こり両者の万華鏡が重なりあった形状となる)。

マダラは一度失明したが、弟イズナの両眼を移植することで回復した。
サスケもまた酷使により失明しかかり、イタチの両眼を移植することで回復している。
左右それぞれに異なる術を宿らせることで「須佐能乎」を発動させることが出来るため、マダラもそれぞれに何らかの術を宿していると思われる。

関連タグ

NARUTO うちは一族
白眼 輪廻眼

pixivに投稿された作品 pixivで「万華鏡写輪眼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 210522

コメント