ピクシブ百科事典

別天神

ことあまつかみ

「別天神」とは、『NARUTO-ナルト-』に登場する瞳術である。
目次[非表示]

概要

うちはシスイの万華鏡写輪眼の瞳術。

対象者に幻術に掛けられたと気づかせることなく操ることができる術で、効力は穢土転生による操作すら上書きしてしまうほど強力なものである。
だが、イタチ曰く一度使用すると千手柱間のチャクラでもない限り十数年は使用できないという欠点がある。

元ネタは、日本神話におけるもっとも最初に成った神である、天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・高御産巣日神(たかみむすひのかみ)・神産巣日神(かみむすひのかみ)・宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこぢのかみ)・天之常立神(あめのとこたちのかみ)のことである別天津神からであり、このタグの字でも表記される。


関連イラスト

[ハンコ]うちはシスイ万華鏡写輪眼[88作目]



関連タグ

NARUTO NARUTO-ナルト- うちはシスイ 瞳術 写輪眼

pixivに投稿された作品 pixivで「別天神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2931

コメント