2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

血継限界とは『NARUTO』に登場する特殊な能力のことで、基本的には血の繋がりによって次の世代に伝えられる。

その種類は大別して二つの系統があり、三大瞳術白眼写輪眼輪廻眼)や君麻呂大筒木カグヤ屍骨脈のような特異体質タイプと、木遁氷遁のように異なる二種類のチャクラを同時に発生させて新たな属性のチャクラを生み出す性質変化タイプに分けられる。また、性質変化タイプの場合は、血継限界を二種類持っている者もおり、五代目水影照美メイ溶遁沸遁の二つの血継限界を持っている。
また、性質変化タイプには「血継淘汰(けっけいとうた)」と呼ばれる上位種が存在し、こちらは異なる三種類のチャクラを同時に発生させるというもので、現在確認されているものは塵遁のみ。
更には火遁・水遁・風遁・雷遁・土遁の五種類に、陰遁、陽遁の二種類をも加えた性質変化系の最上位種とされる「血継網羅(けっけいもうら)」も存在する。

上述の通り、血継限界を得る資格があるのはその術者の血縁者のみだが、必ずしも能力が発現するわけではない。
逆に外科手術などの方法で術者の体の一部(細胞や眼球など)を自分の体に移植することにより、血縁者でなくとも血継限界の能力を獲得することも可能である(ただし、大抵の場合何らかのリスクが伴う)。

血継限界を持つ忍は、その強大な力と希少性ゆえに、その能力を欲する者達、特に他里の忍から狙われることが多い(日向ヒアシと弟の日向ヒザシのエピソードなどが典型)。
また、の一族(雪一族)のように周りから忌み嫌われて迫害されたり、うちは一族のように戦時中は重宝されても後に悲惨な運命を辿ったりする場合も少なくない。場合によっては豪商や権力者に囲われて奴隷の様に扱われる事もある。

なお、輪廻眼のみ特定の血筋に現れるのではなく、完全な突然変異によって発生すると言われていたが、後に写輪眼が行き着く最終形態(現段階で確認されている内では)であるということが判明した。


形質変化

原作

氷遁水遁風遁
木遁水遁土遁陽遁
炎遁火遁陰遁
熔遁及び溶遁火遁土遁
塵遁火遁土遁風遁)→血継淘汰
嵐遁水遁雷遁
磁遁風遁土遁
爆遁
灼遁火遁風遁
沸遁火遁水遁

小説オリジナル

泥遁水遁土遁
颱遁

アニメオリジナル

晶遁
鋼遁雷遁土遁
迅遁
冥遁
餅遁



関連タグ

NARUTO 超能力
うちは一族 日向一族 千手一族

関連記事

親記事

NARUTO なると

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「血継限界」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7217

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました