ピクシブ百科事典

紅蓮(NARUTO)

ぐれん

紅蓮とはアニメ『NARUTO疾風伝』の登場人物。

アニメ『NARUTO疾風伝』第89話から第112話の
オリジナル・エピソード「三尾出現の章」に登場する。

CV:宮島依里


周囲の物質が水晶になる晶遁忍術を使うくノ一で絶世の美女。前は大蛇丸の器の候補だが3年前の大蛇丸の転生へ遅れた事で幽鬼丸と会う前は次の器のサスケに反感を持っていた。カブトが幽鬼丸との同行を任務で頼んだ後はアジトの選抜戦で牛頭達5人を部下にした。幽鬼丸と会う前は大蛇丸へ強い片思いを持っていたが任務の付き合いで幽鬼丸と両思いになる。

実は幽鬼丸の母親を殺した張本人である。音隠れ建設の為に幽鬼丸が住む村の住人の皆殺しを
大蛇丸は少女時代の本人へ頼んだ。チャクラの使い過ぎで倒れた本人を幽鬼丸の母親が助けた。
その恩から幽鬼丸の母親を見逃した後は大蛇丸が殺害を強制した為に幽鬼丸の母親を殺した。敵
味方を問わずに穏やかなカブトと犬猿の仲へなる位の頑固で横柄な性格だが幽鬼丸との付き合い

とナルトの説得で改心して大蛇丸の所から抜ける事を決意した。大蛇丸は幽鬼丸の本人への思い
を利用して幽鬼丸の三尾の磯撫を動かす強さを上げる為に最初から本人と幽鬼丸を切り捨てる事
が目的だった。その為に部下の麟児を本人のアジトの囚人の中へスパイとして送った。改心後は
ナルトと一緒にカブトと戦った。カブトが口寄せで動かす麟児を道連れにした後は本人を牛頭が

助けた。牛頭・幽鬼丸と一緒にナルト達を見送った後は出て行った。本人の生存を知ら無い
カブトの報告で大蛇丸も本人の生存に気付か無かった。後の第479話(第1期を含む第699話)
のオリジナル・エピソードで牛頭・幽鬼丸と一緒にナルトとの再会が目的で木ノ葉へ来た。

コメント