ピクシブ百科事典

日向一族

ひゅうがいちぞく

「日向一族」とは、岸本斉史による漫画『NARUTO』に登場する一族のこと。
目次[非表示]

「日向は、木の葉にて最強!」

概要

木ノ葉隠れの忍一族の一つ。透視能力や写輪眼以上の視野と動体視力、体内の経絡系を透視することができる血継限界白眼を持つ。
またチャクラを放出し、相手の経絡系と内臓にダメージを与える特異体術『柔拳』を用いる。
一族名の元ネタは、おそらくだが宮崎県の旧律令国名である『日向国』からではないかと思われる(日本神話において日本統治の始まり天孫降臨の地とされる)。

大筒木カグヤの次男である大筒木ハムラを祖先に持っているようで、この為にハムラの双子のである大筒木ハゴロモを祖先に持つ千手一族うちは一族、そして屍骨脈という血継限界をもつかぐや一族氷遁の血継限界を持つ雪一族等とは、かなり遠い血縁関係となっている。
また、血継限界の血筋にありがちな異能ゆえの被差別や迫害を受けている様子はなく、瞳術を継承している一族の中では最も安定した地位を保ち、多くの子孫を残している。

その反面、血統を守り能力が敵に渡り悪用されることを防ぐため、日向一族は宗家と分家で区別されており、分家の者は「の中の」を意味する呪印を額に刻まれることで宗家に命を縛られ、死ぬまで宗家のため尽くさなければならない。本編の時代における宗家と分家の確執は深刻な不安材料となっている他、白眼の有用性ゆえに他里との政治的・軍事的な駆け引きに翻弄されることもある。

NARUTOの劇場版作品『THE LAST』において、六道仙人こと大筒木ハゴロモの弟大筒木ハムラを始祖とする、月に住まう大筒木トネリ日向ハナビの瞳が奪われ、日向ヒナタに婚約を迫る事件が起こる。

主要な人物

宗家

日向ヒナタ

主人公うずまきナルトの同期で友人のくノ一、ナルトに恋心を抱いている。一族の当主ヒアシの娘で、一族の嫡子。

ヒナタ好き



日向ハナビ

ヒナタの妹で、彼女と同じく一族の跡取り候補。

日向ハナビ



日向ヒアシ

ヒナタとハナビの父。一族の現当主。

父と娘



分家

日向ネジ

ヒナタの従兄で、一族始まって以来の天才とされる。

彼の選んだ



日向ヒザシ

ネジの父で、ヒアシの双子の弟。

パパs誕



その他

ネタバレ注意


ネタバレ注意


その他人物

宗家

日向の長老

ヒアシとヒザシの父で、ヒナタ、ハナビ、ネジの祖父。一族の前当主でヒアシの後見人。

日向コウ

宗家の忍で、ヒナタを護る側近。

不明

日向イロハ

日向トクマ

日向ホヘト

日向ナツ


祖先

大筒木ハムラ

日向一族の始祖とされ、六道仙人大筒木ハゴロモの弟。

月からの監視者



大筒木カグヤ

ハゴロモとハムラの母。全ての忍とチャクラの始祖。

大筒木かぐや



関連タグ

NARUTO 白眼 木ノ葉隠れ 血継限界
大筒木一族

pixivに投稿された作品 pixivで「日向一族」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160940

コメント