ピクシブ百科事典

日向ヒナタ

ひゅうがひなた

「日向ヒナタ」とは、漫画『NARUTO』の登場人物。
目次[非表示]

「私はナルト君が……大好きだから…」

プロフィール

忍者登録番号012612
誕生日12月27日
星座やぎ座
血液型A型
身長148.3cm(12歳)→160.0cm(16歳)
体重38.2kg(12歳)→45.0kg(16歳)
性格照れ屋、引っ込み思案
好きな食べ物ぜんざい、シナモンロール
嫌いな食べ物カニ、エビ
好きな言葉自信
趣味押し花


概要

CV:水樹奈々
第八班紅班)の一員。
木ノ葉の名門日向一族くノ一で、一族に伝わる血継限界白眼』を持ち、その白眼を用いた一族秘伝の体術『柔拳』の使い手。
父親は日向ヒアシ、五歳年下の妹日向ハナビがいる。ガイ班のメンバーで分家の日向ネジは一つ年上のいとこである。母親についてはアニメにて回想でのみ登場しているが、詳細は不明。

人物

温和で控え目な優しい性格(従兄からは優しすぎる、忍に向かないと評される)で、気弱で引っ込み思案でもあり、よく両手の人差し指をツンツンさせる癖がある。
幼い頃からうずまきナルトに想いを寄せているが、照れ屋で消極的な性格ゆえに物陰や遠くから眺めることが多く、彼と目が合うとすぐに顔を背けたり真っ赤になって気絶したりするため、ナルトからは悪い印象こそ持たれてはいないものの当初は「暗くて地味でウジウジしている変な奴」だと思われていた。一方で、そんな自分を変えたいという強い想いを抱いていた。

うみのイルカ猿飛ヒルゼンと同様にナルトが幼少時の頃から彼の事を認め、気に掛けていた数少ない人物。ただし、大人達と違ってナルトがかつて里を壊滅状態に追いやった九尾を封印された人柱力であることまでは知らなかった。また、忍の信念に関してもナルトに強い影響を受けており、彼と同じ「まっすぐ自分の言葉は曲げない」ことを己の忍道としている。彼女はうずまきナルト個人に大きな影響を受けた人間でもある。その想いはナルトが人柱力であった事実を知っても変わる事は無かった。

髪型は、第一部では狩り込んだショートだったが、第二部ではロングに伸ばしており、二部から2年後のTHE LASTでは髪のボリュームが若干上がっている。また、着ている服のせいで分かりづらいが、胸は第一部の頃から巨乳であり、第二部では更に成長している。
ファッションや流行には疎く、二部のキャラクターラフ画では作者に「かわもさい」とコメントされている。
アニナルでは、大食いである描写があるり、疾風伝のミニコーナーで行われた忍チャンピオン大食い選手権では一楽のみそチャーシューを46杯平らげて優勝するという活躍を見せている(ちなみにヤマト隊長は31杯、ナルトは30杯、キバは20杯、シノは18杯でギブアップしておりヤマト隊長やナルトの約1.5倍は食べていることになる…)。更に脱落したキバ、シノ、サイが担架で運ばれるほど苦しんでいるのに対し最後は笑顔で「ごちそうさまでした」と言うなどピンピンしていた………。

幼少時代

日向一族の当主日向ヒアシの長女として生まれ、物心ついた時から父親の厳しい教育を受けて育つが、性格的に忍に不向きであることに加え、五つ下の妹ハナビに才が劣るなど、忍としての才能に恵まれていなかった。そのため後継者の資格無しとして父親に見限られるなど、名門一族の嫡子でありながら一族の中において冷遇されていた(しかし、第二部では付き人の日向コウが登場するなど、一族内にもヒナタを案じる人物はいた模様)。
また、3歳の時に、当時木ノ葉と同盟条約を結んだばかりの雲隠れの里の忍頭に誘拐されかけ、これを父ヒアシが知らずに討ったことを切っ掛けに木ノ葉と雲の関係は悪化、戦争にまで発展しかけた。結果ヒアシの影武者としてネジの父親である日向ヒザシが命を落とすこととなり、この事件によりネジから殺意を向けられるほど恨まれることとなる。

第一部

「自分を変えたい」という決意の元、8班のメンバーで中忍試験に参加。二次試験までは順調にクリアする。
第三試験の予選では因縁のネジと対戦。試合開始前に彼の圧力によって戦意喪失しかけたが、ナルトの声援を受けて奮戦。しかし、日向きっての天才であり、前年度のナンバー1ルーキーであるネジに圧倒的な実力差で敗北し、瀕死の重傷を負う。
だが、その後の本戦でネジがナルトに敗北したことが切っ掛けとなり、ネジはヒアシから父の死の真相を知らされると同時に謝罪され、それ以降ネジは宗家と和解し、ヒナタとの関係も良好なものとなった。

第二部

ナルトが里に帰って来た時には中忍に昇格していたものの、ナルトへの想いや性格は相変わらずである。
大蛇丸の死後、7班メンバーと共にサスケ捜索任務につき、白眼を用いた探索とサポートを担っている。
ペインによる木ノ葉の里襲撃時では付き人のコウの制止を振り切り、追いつめられたナルトを助けるため、単身でペインに立ち向かうが、返り討ちに遭って重傷を負う。なお、この際に初めて、ナルトに自らの想いを告げている。
第四次忍界大戦では第2部隊に配属され、10万体の白ゼツと交戦。ネジと連携して戦う程の成長を見せている。
また、ペイン戦でナルトに自分の想いを伝えたためか、ナルトとは友人以上にお互いを理解するようになっており、九尾チャクラを纏って戦場に駆けつけたナルトをゼツの変化ではなく本物だと部隊の中で唯一見抜いていた。この時ナルトに「強い」と認められたことで、「これからはナルトを追いかけるのではなく、彼の横に立って共に歩くこと」を決意し、仲間達と共にトビうちはオビト)とうちはマダラと戦うナルト達の元に向かう。
戦いの中でネジを眼前で失うことになり、自身も大きなショックを受けながらも、近しい仲間の死を目の当たりにしたことで心折れかけたナルトを懸命に叱咤し、立ち直らせた(詳細は615話ショックを参照)。
サスケの合流後は十尾の分裂体と交戦。ネジが生前に授けてくれたアドバイスを思い出し、遂に八卦六十四掌を会得。更に同期のメンバーと共にナルトとサスケを援護して十尾の人柱力となったオビトの撃破に貢献するが、オビトに代わって新たに十尾の人柱力となったマダラが無限月読を発動させ、神樹に取り込まれてしまう。無限月読の中では、「ナルトと恋仲になった世界」の夢を見ていた。
その後、大筒木カグヤを封印し、最後の決着をつけたナルトとサスケが無限月読を解除したことで神樹から解放され、生き残った者たちと共に木ノ葉の里へと帰還し、ネジをはじめとした戦没者を弔った。

外伝

ロック・リーの青春フルパワー忍伝

基本的な設定は本編と同じ。メインキャラ・日向ネジのいとこであることに加えて、ナルトとの絡みも多く、くノ一4人組で行動することもあるため、サブキャラの中ではかなり出番が多い。
ネジ程にキャラクターが崩壊することは無いものの、ナルトへの想いが高じるあまり意味不明な言動やストーカー的行動を取ってしまうことも…と言うか、アニメではテンテンにストーカー呼ばわりされている。更には天然ボケという設定までついたようである。
また、ネジが親バカならぬ「いとこバカ」になっていることもあり、彼の妄想で登場することもある。

使用術一覧

  • 白眼
  • 柔拳
    • 百烈掌(ナルティメットヒーロー)
    • 白朧天舞(同上)
    • 八卦掌空天(ナルティメットアクセル・インパクト)
    • 守護八卦六十四掌(アニメオリジナル)
    • 八卦三十二掌
      • 八卦六十四掌
    • 八卦空掌
      • 八卦空壁掌
    • 柔歩双獅拳
      • 柔歩双獅八卦三十二掌(フルパワー忍伝)
      • 八卦双獅子崩撃(THE LAST)


※ネタバレ注意















































『THE LAST』

2014年12月6日に公開された劇場版『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』では、メインヒロインとして活躍する事になる。

第四次忍界大戦の終結から2年の月日が過ぎた冬、19歳の大人の女性になったヒナタであったが、ナルトの為にマフラーを編むものの、未だ渡せず、相変わらずな様子を見せる。しかし、きちんと想いを伝えられない自分を嫌うなど、ナルトの想いへの葛藤が描かれている。

そんな中、大筒木一族の正当な後継者である大筒木トネリが出現し、妹のハナビを誘拐。更に大筒木一族と日向一族の間に隠された宿命から、ヒナタ自身もトネリに狙われる事になる。また、ナルトに「お前に伝えたい事がある」と告げられるなど、ヒナタの長年の片思いにも一つ決着がつきそうな予告映像が公開されている。
さらなる詳細はこちらにて。

最終的に…

「ヒナタの恋は悲恋に終わるのでは?」と考えていたファンも多く、何とヒナタ役の水樹奈々でさえも、ラジオで「(ヒナタの恋は)一生報われない恋」と、発言した事が何度もあるほどだった。
しかし、ヒナタが幼い頃より大切に育んできたナルトへの一途な想いは彼の心を動かすことになる。
『THA LAST』にてヒナタは紆余曲折を経てナルトと結ばれ、結婚してうずまき家の人となった。そして息子のボルト娘のヒマワリを出産している。

なお水樹は『THA LAST』の初日舞台挨拶で、同作の台本をもらってキスシーンがあることに「何かの間違いじゃないか」と、台本を何度も見返したという。上記のように考えていたこともあって、「一生独身だと思っていたので、幸せ」と述べて、10年以上持ち役として付き合ったヒナタのゴールインには感無量であった。

原作の最終話となる第700話(第72巻に収録)では夫のナルトは七代目火影に就任。ボルトは里の忍者アカデミーに通っており、ヒナタはヒマワリと共にネジの墓参りをしている。

そして現在では、主婦として家事や育児に勤しんでいる。
だが、ナルトを助けるために1人で敵に立ち向かうなど、芯の強い一面は今でも変わらない。

アニメ版BORUTOではやんちゃ真っ盛りのボルトに対し白眼を発動した状態で叱る等、肝っ玉母さんとしての面が出ており、ボルトからは「うちの母ちゃん怖えから」と恐れられている。
ヒマワリが熱を出したエピソードでも怒る場面がある。こちらは夫のナルトに向けても叱っており、ナルトとボルトがおかゆかハンバーグか口論になっている中白眼を発動した状態で叱り、父子共々家から締め出した。

LAST詰


末永くお幸せに!

余談

『THE LAST』の上映を記念したインタビューにおいて、岸本先生自身が「話が進み、キャラクターに厚みが出てくれば更にいろんなことが複雑に絡み合って、素直に動いてくれない」と、作中の多くのキャラクターが予想だにしない働きを見せると思いの丈を明かしている。

なお、アニナルスタッフにはヒナタ好きが多く(しかも公言している)、尺稼ぎのオリジナルストーリー(特にペイン木ノ葉襲撃編では幼少期が描写されている)やオマケコーナーでは出番が多い上、エンディングテーマの一つ「自転車」ではヒナタファンのスタッフが暴走してヒナタ単独の映像を作ったとオマケでナルトに暴露されている。

また、前述の「意外に大食い」という設定も、オマケコーナー中の大食い大会やエンディングで回収されている。


関連イラスト

第一部

もじもじ…
ヒナタさん


第二部

ヒナタ好き
好きです


ヒナタヒナタ。
センシティブな作品


THE LAST(第二部から2年後)

夜桜
大好き


12.27ヒナタお誕生日おめでとう!
Hinata


最終話・BORUTO

+左拥右抱+
うずまき ヒナタ



関連タグ

NARUTO アニナル 水樹奈々
日向一族 日向ヒアシ 日向ハナビ 日向ネジ
木ノ葉隠れ 第八班 夕日紅 犬塚キバ 油女シノ
ナルヒナ ネジヒナ キバヒナ トネヒナ
うずまきナルト うずまきボルト うずまきヒマワリ 新生うずまき一家
月読ヒナタ 白眼の姫 ヒナタマジ天使 うずまきヒナタ
THELAST 運命の赤いマフラー 冬の終わりに
巨乳 巨乳キャラクター 隠れ巨乳 浮乳 浮き巨乳 ヒナぱい
バイオレットヒロイン
照れ屋 恥ずかしがり屋 癒し系

関連記事

親記事

8班 だいはちはん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「日向ヒナタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69964796

コメント