ピクシブ百科事典

柔歩双獅拳

じゅうほそうしけん

漫画『NARUTO』の登場人物である日向ヒナタが使用する技。

概要

漫画「NARUTO」の登場人物である日向ヒナタの使用する術の一つ。
両手から放出したチャクラを獅子の型に形態変化させ、リーチと破壊力を格段に向上させると同時にその獅子の姿の通り触れた相手の経絡系を喰らい尽くす。
日向一族の中でも宗家の間でしか伝えられていない秘伝の高等体術で、非常に繊細なチャクラのコントロールが必要で、少しでも誤ると失敗してしまう。

作中において、ヒナタは木ノ葉の里を襲撃したペインとの戦いで窮地に陥ったナルトを救うべく、戦いに割って入った際にこの術を初めて使用。原作では戦いの様子は殆ど描かれていなかったが、アニメではその様子が詳細に描かれ、会得の経緯もオリジナルエピソードにて描かれた。

外伝である「ロック・リーの青春フルパワー忍伝」では、ハナビとの手合わせにおいて八卦三十二掌と併用して見事に勝利し、忍界大戦編では八卦六十四掌を会得し併用してみせた。
更にゲームシリーズでは、彼女の想い人であるナルトの得意技である「螺旋丸」との合体技があり、劇場版「THE LAST」ではこの術の発展技と思われる「八卦双獅子崩撃」と組み合わせた同様の合体技を披露している。

関連タグ

NARUTO 忍術
日向ヒナタ

pixivに投稿された作品 pixivで「柔歩双獅拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1163

コメント