ピクシブ百科事典

白眼の姫

びゃくがんのひめ

白眼の姫とは、漫画『NARUTO』の劇場映画『THE LAST』で使われる、ある人物への呼称である。
目次[非表示]

※ネタバレ注意

概要

映画『THELAST』において、今作の事件の黒幕である大筒木トネリを始めとした大筒木一族の人々が、日向ヒナタに対して使用する呼称である。

経緯

初めに使用したのはトネリであり、自身の一族の残した教えに従って、ヒナタを妻として迎え入れるために求婚した際に発した。その後も、攫われた日向ハナビの捜索で訪れた遺跡にて、精神世界で出会った大筒木一族の人々や、六道仙人の名で知られる大筒木ハゴロモの弟大筒木ハムラからもそう呼ばれた。

実はヒナタは、ハムラを先祖とする日向一族の中でも、ハムラの血を濃く引いている直系の子孫であり、ハムラのチャクラをその身に秘めている。
このことから、ヒナタはトネリが地上の世界を滅ぼすために使おうとしたエネルギー体転生眼を、唯一破壊することができる存在であり、ハムラのチャクラを使用する際は、チャクラの色が普段の水色から紫色になる。

劇中ヒナタがこの呼び名で呼ばれる理由は詳しく語られてはいないが、おそらくガマ仙人の予言から主人公うずまきナルト『予言の子』と呼ばれていたのと同じく、一族の間で行われた予言のようなものから、そう呼ばれるようになったのではないかと思われる。

関連タグ

NARUTO THELAST
日向一族 大筒木一族

pixivに投稿された作品 pixivで「白眼の姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 178565

コメント