ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

NARUTOに登場する尾獣のひとつ。

デイダラボッチ」「天目一箇神(あまめのひとつのかみ)」「ダタラ」と様々な別名を持つ。


最強のチャクラを持つ全尾獣の集合体。

世界を循環する自然エネルギーそのものであり、感情や自我は持っていない。


九尾九喇嘛)曰く「国造りの神」でチャクラの始まりらしく、この世界の地形は全て十尾が創ったと言われている。


そのチャクラはあまりに強大で邪悪であり、六道仙人が自らの肉体に封印するまで人々を苦しめていた。


十尾の人柱力になった六道仙人の力は、人外の域にまで達したと言われている。

六道仙人は死ぬ少し前に、チャクラを9つに分け、陰陽遁により九匹の尾獣にした。

チャクラを抜かれた十尾の抜け殻(別名:外道魔像)は封じられ、月(別名:封印石)になったとされている。


月の眼計画

輪廻眼を開眼したうちはマダラが、外道魔像を月から口寄せしたのが、全ての計画の始まりだった。

その後を利用することで、各地に散らばった尾獣を人柱力から引きはがし、七尾までを魔像に投入させる。

マダラは自身の輪廻眼を一時的に長門へと移植し、裏から彼を操り利用していた。

頃合いを見て、長門に自らの命と引き換えの「輪廻天生の術」を発動させ、マダラが全盛期の状態で復活する予定だった。

完全復活すれば、マダラは十尾の人柱力になれるため、かつての六道仙人と同等の力を手に入れられるようになる。


マダラの最終目的は、十尾の力によって瞳力を月に転写させることで、世界中の人々を幻術にはめて操ることができる無限月読の術」を発動し、全世界を一つの夢(幻術)で統一することである(世を平和に導くという名目で)。


第四次忍界大戦

最後に残った八尾九尾を奪うため、トビうちはマダラ)が五大国に戦争をけしかけるも、ナルト達の必死の抵抗にあう。

やむなく彼は二匹のチャクラの一部だけを使った、不完全な十尾を復活させる。

柱間細胞とうちは一族の力を併せ持つマダラ達によって操られた十尾は、強大な兵器として、忍連合軍の前に立ちはだかる。

トビ曰く不完全な十尾でも無限月読の術は可能とのことだが、果たして・・・


正体

神樹』と呼ばれる途方も無い大きさの樹。


人がチャクラという概念すらもたないはるか昔、その時代においても人々は争い続けていたが、神樹はそんな争いに関わることなく神柱として崇められていた。

そしてある日、千年に一度実るという神樹の実が宿り、伝承ではその実に決して手をだしてはならないとされていた。

しかし、争いに勝つために神樹の力を得ようと、大筒木カグヤという名の姫が禁断の実を口にした。

神の力を得たかぐやは争いをたった一人で治め、最初にチャクラを持った人となった。

そして彼女が生んだ『大筒木ハゴロモ』は生まれながらにチャクラを宿していた。

しかしチャクラを奪われた神樹はそのチャクラを取り返そうと動き暴れだし十尾と呼ばれる怪物と化した末、ハゴロモによって止められた。

そしてハゴロモはチャクラの教えを説き、忍宗を始め忍の祖となり、六道仙人と呼ばれた。

つまり元々チャクラを奪ったのは人間の方であり、神樹はそれを取り返そうとした挙句、バラバラに引き裂かれて封印されたわけである

……と、思われていたが。


更なる真実(※ネタバレ)

上記の正体は黒ゼツによって改竄された六道仙人の石碑からくるものであり、十尾の本当の正体は神樹と融合したカグヤ。

我が子二人へ分散されたチャクラを取り戻そうとした結果、ハゴロモとハムラによってチャクラを抜き出され、黒ゼツを産み落とし外道魔像として封印されたというのが真実である。

つまり、神樹自体は人類への攻撃意思は持っていない。

しかし、黒ゼツ曰くこの事はハゴロモも知らなかったらしく、もしかすると十尾に関する記述は手を加えられていないのかもしれない。

黒ゼツによってカグヤは復活を果たすものの、ナルト達の奮闘によって始球空間で月と化し、今度は黒ゼツ諸共封印された。


その本質

BORUTO」において、謎の組織「」のリーダー・ジゲン(大筒木イッシキ)がやや小型の十尾を所有しているシーンが描かれている。

組織から木ノ葉へ亡命した三途アマドの証言によれば、十尾の本当の正体は、大筒木一族が星の命をチャクラの実に変えるために植える「苗木」であるという。


植樹された十尾はそのまま根を下ろして神樹に成長し、星の命を吸い上げてチャクラの実を実らせる。

大筒木一族はこれの収穫を目的としており、カグヤも同様の目的を持っていた。


なおイッシキの死後、この小型の十尾の管理はコードが行っていたが、彼は自身の戦力として十尾の力を利用しようと目論み、自身の能力「爪痕」を用いてチャクラを小分けに分割、人型にダウンサイズした十尾の分体「爪アカ」を生み出す。

しかし、爪アカはコードにすら制御できる代物ではなく、ついには知性と自我を獲得し独自行動を始めてしまう事態に陥った。


その他

花はラフレシアに酷似しており、大型の尾獣玉砲としても機能する。

自在に好きな箇所にすきなだけ生やすことが可能であり、対処が非常に困難

無限月読」発動の際には、「写輪眼輪廻眼」がセットとなった特大の「十尾の眼」を房から真珠のごとく覗かせる。

なお、樹本体の生成に、尾獣達のチャクラがどれ程消費されるのかは不明である。


十尾の体と、仙術を会得している妙木山の大筍は形状が似ているが関係性は不明。


ちなみに樹木信仰の伝承としては、北欧神話に登場する世界樹(ユグドラシル)や、月繋がりの伝説としては中国に伝わるもので月に生える巨大な金木犀(月桂)などが有名だが、巨木を神聖な存在として崇める風習は世界各国に存在しており(中国における「扶桑樹」伝説など)、一概に直接のモデルとなった伝承を断定することは難しい。


関連タグ

NARUTO 尾獣 人柱力

トビ(NARUTO) うちはマダラ


九尾十尾


草体:世界を滅ぼす力を持つ大怪獣と関係があり、それ自体が植物怪獣でもあり、同族が数々の星々に散らばって星の生態系や環境などに多大な影響を与え最終的には星を破滅させる可能性があるなど、若干ではあるが十尾や尾獣との類似点がみられる。

岸本斉史は尾獣のデザインや技の名前などに何度かガメラゴジラシリーズへのオマージュを取り入れてきたことは海外でも指摘されてきた。

関連記事

親記事

尾獣 びじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 289552

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました