2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

無理ゲー

むりげー

無理ゲーとは、文字通りクリア(場合によっては正常なプレイ)が無理・無謀なゲームのこと。現実においては、状況を打破することは不可能(詰み)としか思えないこと。
目次[非表示]

概要

理不尽なほど高難度のゲーム

難易度の調整がおかしいとして「クソゲー」に含まれることもあるが、「死にゲー(死に覚え)」「初見殺し」などとして良作として判定されるものもなくはない。クソゲーがゲーム全体を通した総合評価であるのに対し、無理ゲーは難易度に関する評価である。

ゲーム全体ではなく、一部のステージや特別なゲームシステムを指してこう呼ぶこともある。例えば、難易度がイージーやノーマルであれば普通にプレイしてクリアできるゲームでも、ハード以上はクリア不可能なほどの鬼畜難度になる場合などが挙げられる。

中にはプログラムの欠陥の結果クリア不能になっている「バグゲー」も無理ゲーの範疇に含まれることがある。

派生

現実世界でも「環境的・物理的に、この状況を打破することは不可能(に近い)」という意味で「無理ゲー」という表現が使われることもある。また、「(過酷な条件での)縛りプレイ」や(歴史ものなどで)「すでに決着が明らかになっている事象」についてもこのように呼ぶことがある。

分類

大雑把に「難しすぎる」「極端な運ゲー」「クリア不可能」などに分けられる。

「難しすぎる」
「開発にクリアさせる気がない」と言われることもあるような、異常な難易度設定のゲーム。いわゆる「鬼畜ゲー」のこと。とはいえプレイヤーの技術や知識、環境はそれぞれ異なり、少なからず主観が入るため、人によっては無理ゲーに入れられないこともある。

「極端な運ゲー」
成功率の低い要素がクリアに大きく絡むゲーム。敵の初期配置で詰んでしまうものなどがある。

「クリア不可能」
通常のプレイでは絶対にクリアできないゲームのこと。プレイしているだけでは到底思い浮かばないような理不尽な謎解きを要求されるもの(攻略情報必須)や、人間の反射神経ではクリア不能(チート必須)なアクションゲーム、腕が2本の人間には押せない譜面(協力プレイ必須)になっているリズムゲームなどが挙げられる。

メイン画像で課長が持っている『マインドシーカー』は「極端な運ゲー」に該当し、特にエンディング前の3連続で越さなければならないミニゲームの成功確率は、あるプレイヤーの計算によれば0.35%という酷さである。ゲーム本編については当該項目を参照のこと。

pixivでは

イラストの人物が強そうなものにももちろん付いているが、既存の無理ゲーにとらわれない、様々な無理ゲーのイラストが日々投稿されている。

絶対に0点しか取れないゲーム


たとえば絶対に0点を取るしかないゲームだったり

今年の年賀状絵モンハン


近接格闘でモンスターを討伐したり

時空間操作VS時間停止VS運命操作VS


時間と運を操作できる、DIO十六夜咲夜レミリア・スカーレットと卓を囲んだり

センシティブな作品


出現確率0.00001%の島にしか生えてない木の実を追い求めたり

まど14 マミマミ落とし


マミるだるま落としだったり

こいまり表紙


あと12時間で同人誌を仕上げなければならなかったり・・・あれ?

関連タグ

死にゲー ゲーム

パラド仮面ライダーエグゼイドに登場する電子生命体。人命救助を「無理ゲー」と表現
仮面ライダークロニクル:同番組に登場する絵に描いたような無理ゲー

関連記事

親記事

クソゲー くそげー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11402029

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました