ピクシブ百科事典

照美メイ

てるみーめい

照美メイとは、漫画・アニメ『NARUTO』のキャラクター。

概要

CV:日野由利加

現在の霧隠れの里を束ねる長。五代目水影であるセクシーな美女(何気に霧隠れ初の女性の影)。敵を除けば、部下や他里の者であっても丁寧な口調で話す礼儀正しい女性であるが、三十路かつ独身の為に「結婚」「婚期」「遅れる」「破棄」という類の言葉、及びその同音異義語に過剰に反応して唐突に機嫌を損ねる事があり、その度笑顔で「黙れ殺すぞ」と脅しをかける。

火遁系、水遁系、土遁系の3つのチャクラ性質を持っており、溶遁と沸遁という二つの血継限界を使用できる。

第四次忍界大戦では大名の護衛に付いていたが、うちはマダラの出現により、他の影達と一緒にマダラを迎え撃つことになる。

長十郎を気に入る、我愛羅を「純粋な子」と評価する、うちはサスケを「いい男」として殺すのを惜しむなど、十代の男に気をかける描写が多い。ひょっとしたらショタコンかもしれない…

彼女もまた、大戦終結後は生き延びており、後任には寵愛していた長十郎を指名し退任しているが、先任の影達との会談で一応確認できる(結婚できたかは不明のままだが…)。

断っておくが、名字のロゴは片仮名で『テルミー』と読む。


関連タグ

NARUTO  霧隠れ 長十郎 青(NARUTO)

pixivに投稿された作品 pixivで「照美メイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 901157

コメント