ピクシブ百科事典

長十郎

ちょうじゅうろう

長十郎とは、漫画・アニメ『NARUTO』のキャラクター。

概要

CV:宮田幸季

里に残っている唯一の霧の忍刀七人衆。大双剣ヒラメカレイの所持者。

気弱なメガネ男子。五代目水影照美メイには憧れを抱いており、メイからも気に入られて甘やかされているためか、よく弱音を吐いてはに説教されている。
後に19歳であることが判明したが、年少である16歳の鬼灯水月から「ガキ」と呼ばれている。

気弱で、ヘタレな性格ではあるがその実力は高く、また一度刀を取ると静かにのめり込む戦闘狂の一面もあり、「自身の力=敵を斬った数」という物騒なモットーを持つ血霧の里の住人らしい部分も併せ持つ。五影会談、忍連合軍の連合会議に、どちらもメイの付き人として同伴する。

疾風伝ではある任務の際、雲隠れに向かっていたうずまきナルト黒ツチに会っている。

五影会談や第四次忍界大戦で随分逞しくなったようで、黒ゼツを圧倒する活躍をみせている。

漫画『NARUTO』の最終話では、忍界大戦終結後にメイの後任として六代目水影に就任し、五影会談の場である木ノ葉の里に赴いている。その頃には霧隠れ最強の人斬りの異名を付けられ、少しばかり顎髭を生やした貫録のある姿になっていた。

アニメ『BORUTO』にも霧隠れにボルト達が修学旅行に訪れた際に水影として登場する。ボルト達が訪れた霧隠れはかつて血切りの里と呼ばれていたような荒んだ面影はなく、長十郎の里長としての手腕と政治力により、貧しかった霧隠れは観光と交易で栄える豊かな里へと発展していた。
 しかし、彼の政治に不満を持つ四代目水影の一党の関係者たちが七本の忍刀を盗み出し新・忍刀七人衆を結成して、クーデターを起こそうと企て、長十郎は彼らの処断を迫られるが、目を掛けていた枸橘かぐらを含め、新・忍刀七人衆の全員が若者であったため、内々に処理したい長十郎と五代目水影はボルト達の説得もあって、ボルト達と干柿屍澄真達の喧嘩の仲裁という形で長十郎のみ戦いに加わる。その際、水影としての力を如何なく発揮し、新・忍刀七人衆の三人と通常の刀で戦い、全員を殺生せずに倒している。


関連タグ

NARUTO 霧隠れ 眼鏡 ヘタレ

pixivに投稿された作品 pixivで「長十郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 131761

コメント