ピクシブ百科事典

大筒木ウラシキ

おおつつきうらしき

大筒木ウラシキとはアニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」に登場した新たなる大筒木一族の一人である。(画像右)
目次[非表示]

「その辺は…まっ、俺らケンカ上等ってことです」
CV:中井和哉

概要

アニメ版BORUTOに新たに登場した大筒木一族であり、モモシキキンシキと共に本家から派遣されたと大筒木トネリに嘯く男。
眉間を除いた額を覆うように角が映えており、服装はモモシキたちと比べるとかなりの軽装となっている。
表向きはモモシキの配下という扱いで大筒木カグヤ尾獣ゼツの事など情報収集を行っているが、彼のいないところでは「モモちゃん」と呼ぶなど小馬鹿にしている節がある。
大筒木本家としてトネリ達の行動をずっと監視していたようで、日向ヒナタへの恋心とその顛末や、その後も地球を見守り続けうずまきボルトへ力を送った事なども事前に調べており、その上で大筒木一族への裏切りとしてトネリを時間凍結と呼ばれる術で1万年行動不能にすることで彼を戦闘不能にした。
その後、キラービーうずまきナルトから尾獣チャクラを奪うためにモモシキ達と共に行動していたが、
その裏で独断で我愛羅から尾獣チャクラを奪うために結界を張った雷車の個室へ進入し、チャクラを奪い、中忍試験会場では仙人モードを使用しようとしていたミツキのチャクラを珍しがり、抜き取って行動不能にした後に撤退。
異空間での五影とモモシキ・キンシキとの戦いには一切参加しなかった。

その後、全ての戦いが終わった異空間で、切り落とされた神樹に腰かけながら、
ウラシキはうずまきボルトに関して意味深な台詞を呟くのであった。

「いずれこちらの脅威になるかもしれませんね。
 今のうちに手を打っておいたほうがいいか。それとも……
 どちらにしても面白いことになりそうだ。ククク……!」

能力

能力としてはキンシキと同じようにチャクラから武器を作り出せるが、現在確認できるのは釣竿状に作り出したものと、腰に付けられた魚篭のような形の2種類のみ。
その釣竿を通してチャクラを吸収したり、人魂の形にして文字通り釣り上げてしまう。
その他にもトネリを1万年の時間凍結をかけ、戦闘不能にする描写から封印術や、我愛羅長十郎から逃げる時などに、大筒木カグヤが使用していた黄泉比良坂の様な高度な時空間移動の術を使用していた。
また、今のところ彼のみ、白眼と輪廻写輪眼を切り替えることができる。

余談

チャクラで形成した竿のような武器を扱い、トネリを戦闘不能に追い込んだ際の時間凍結を『竜宮城』と皮肉る姿等から、モチーフは浦島太郎と思われる。

関連タグ

大筒木一族
モモシキ キンシキ

関連記事

親記事

大筒木一族 おおつつきいちぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大筒木ウラシキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6199

コメント