ピクシブ百科事典

西瓜山河豚鬼

すいかざんふぐき

西瓜山河豚鬼とは、『NARUTO』の登場人物である。
目次[非表示]

CV:広田みのる

概要

享年36歳、身長249cm、体重156kg
霧隠れの上忍で、忍刀七人衆

人物像

干柿鬼鮫のかつての上司で鬼鮫以上の巨漢。
大刀“鮫肌”の使い手で、後にそれを引き継ぐ鬼鮫と同等に鮫肌を使いこなしていた。
また、髪の毛を針状にして戦闘する技術の持ち主。
マイト・ダイの八門遁甲による壮絶な戦いを生き延びるだけの実力の持ち主。
鬼鮫に仲間の護衛と仲間殺しの仕事を命令しておきながら、自身は他里に内通して情報漏えいをしていた。それが発覚した為か、四代目水影・やぐら(実際はうちはマダラを騙ったトビ)の命令を受けた鬼鮫によって殺害された。
その時の鬼鮫の表情は憎悪に満ち、殺害に使用したそれまでの得物だった河豚鬼の血に塗れた大刀を放り投げ捨てるほどの激情を露わにしていた。
その後、第四次忍界大戦時に薬師カブトによって穢土転生で他の忍刀七人衆と共に蘇生されているが、鮫肌を持たぬ彼は本来の実力を発揮できたとは言えず、封印の憂き目にあった。

関連タグ

NARUTO 霧隠れ 忍刀七人衆

pixivに投稿された作品 pixivで「西瓜山河豚鬼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4628

コメント