ピクシブ百科事典

マイト・ダイ

まいとだい

「マイト・ダイ」とは、『NARUTO‐ナルト‐』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「自分ルールだ......!」

CV:江原正士

概要

マイト・ガイ父親。髭を生やしている事でかなり歳をとっている様に見えるが、実は「享年
35歳」と、見た目よりかなり若い。
努力家だがの才能には恵まれず万年下忍で、同年代はおろか年下の忍にすらも馬鹿にされ続けていたが、そんなことにはめげない超ポジティブ人間であった。
ことごとく才能には恵まれなかったが、20年かけて唯一「八門遁甲」のを体得して、惜しみなく息子に伝えた。

最期は任務中のガイ、ゲンマ、エビスの三人を救うべく、たった一人で枇杷十蔵を筆頭とした忍刀七人衆に戦いを挑み、八門遁甲の全てを開放。その引き換えで命を落とす事になった。
後に十蔵の口から、この時にダイが七人衆の内、四人を倒した事が語られている。撃退された後に生き延びたと確認出来たのは西瓜山河豚鬼枇杷十蔵黒鋤雷牙と思われる人物のみで、他は全滅させたと思われる。この為、ゲンマやエビスにとっても命の恩人であったといえる。
(ちなみに生き残った三人は一介の下忍でしかなかったマイト・ダイに撃退された事で、圧倒的な実力の差から十蔵はかなり用心深くなり、雷牙は里で一人孤立してしまい蘭丸なしでは正気を保てなくなる程トラウマを抱えることになり、河豚鬼に至っては他里に情報を流すようになり、やがて十蔵と雷牙はそれぞれ里を抜けた後に死亡、河豚鬼は裏切り者として部下に殺害される等、悲惨な末路を辿っている)。

忍としてはともかく、父親としての偉大さは間違いなく証明しており、息子のガイが八門遁甲を体得し、クラスの忍やうちはマダラをも凌ぎ得る超一流の実力者になったのも、努力を通してきたダイの存在が大きく反映したからである。

  • 名は妙訳すれば「勇猛な死」である。
また、八門遁甲が使えた事からも、体術に関してはそれなりの潜在能力を秘めていた可能性が高く、一流の忍になれない訳ではなかったといえる。当時の忍者は、忍術や幻術の方が重要視されていたのかもしれない…。
ただし、30を過ぎてようやく第八門である「死門」まで開ける様になった事を考慮すると、それより前に八門まで開けるようになったガイや、18歳の年齢時に六門まで開けているリーに比べれば、体術でも才能に恵まれていたわけではなかったと言えなくも無い。
しかし、リスクは別にして八門遁甲の強力さに反して広く知れ渡っていないところ、ダイが努力による様々な試行錯誤の果てに編み出した可能性も高く、ノウハウがある程度解明されていたガイやリーより遅いからと言って才に劣っていたとも限らない。

言ってしまえば、才能の壁を努力と不屈の信念でぶち破った偉大なる先人なのである。

関連イラスト

サクモ&ダイ
【ネタバレ】父と子



関連タグ

NARUTO マイト・ガイ 下忍  忍者 八門遁甲 
はたけサクモ はたけカカシ ロック・リー ひげ タイツ

pixivに投稿された作品 pixivで「マイト・ダイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61463

コメント