ピクシブ百科事典

うちはイタチ

うちはいたち

うちはイタチとは、『NARUTO』の登場人物。
目次[非表示]

pixivにおいては「イタチ」タグのほうが機能している。

プロフィール

誕生日6月9日
星座ふたご座
血液型AB型
性格冷酷、怜悧(第一部)→弟想い、自己犠牲的(第二部)
身長175.2cm(18歳)→178cm(21歳)
体重57.1kg(18歳)→58kg(21歳)
好きな食べ物おむすび(こんぶ)、キャベツ
嫌いな食べ物ステーキ
戦ってみたい相手うちはサスケ
好きな言葉平和
趣味甘味処めぐり


概要

CV: 石川英郎寺崎裕香(幼少期)

木ノ葉隠れの里の抜け忍。うちはサスケの実兄。うちは一族でも抜きんでた実力者で、幻術の使い手。7歳で忍者学校を主席で卒業、8歳で写輪眼を開眼、10歳で中忍に昇格している。13歳の時には暗部の部隊長を務めていた。
うちは一族の結束を「己の器を制約する物」と忌み嫌っていた。
本作のストーリー全体において重要な立ち位置にいるキーキャラクターであり、影の主役と言える存在でもある。

経緯

うちは一族滅亡

+ ぎらぎらイタチ +
知られざる真実


ある日、うちはシスイの殺害容疑をかけられ、そしてその数日後、父母は勿論、一族(そして住んでいた町の住民)全員を殺害した。
その光景を目の当たりにしたサスケに「愚かなる弟よ、このオレを殺したくば恨め!憎め!そして醜く生きのびるがいい…逃げて、逃げて、生にしがみつくがいい」と挑発し、復讐の念を抱かせる。
さらに万華鏡写輪眼の開眼の秘密(最も親しい友を殺すこと)を告げ、「いつかオレと同じ“眼”を持って、オレの前に来い」と言い残す。そして、サスケだけは殺さずに里を抜ける。

サスケの里抜けのきっかけ

抜け忍となりに加入したイタチは、干柿鬼鮫と共に木ノ葉崩しの直後、木の葉の里に姿を現す。
暁の目的は、人柱力であるナルトの中の九尾の狐を奪うこと(=ナルトを殺すこと)だった。

それを偶然聞いたサスケが焦ってナルトを探し求め、やっと見つけ出すと、そこはまさにイタチと鬼鮫がナルトと対峙している現場だった。
サスケは激高し千鳥でイタチを倒そうとするが、力の差は歴然。逆に一方的に手首の骨を折られ、ズタボロにされてしまう。
終いには、月読という幻術にて24時間イタチが一族を殺害している様子を見せ続けられ、深い精神的ダメージを負う。イタチはサスケに「お前は弱い。何故弱いか、足りないからだ…憎しみが」と言い残し、復讐の念を煽って木の葉の里を去っていった。
これによりサスケは、圧倒的な強さに手も足も出なかった己自身に失望し、力を求めて木の葉の里を抜け、大蛇丸の下へ行ってしまう。

サスケとの戦い

―因縁―


木ノ葉が本格的に暁討伐を始める中、ついにうちはの聖地にてサスケと激突。
サスケに万華鏡写輪眼の真実を話し、永遠の万華鏡写輪眼を得るためサスケの眼を奪うと宣言し、サスケに挑みかかる。

その戦いは熾烈を極め、「月読」「天照」などの大技を使用。共にサスケに回避されるが、すでに薬で無理矢理延命していた体は限界に達しており、「天照」の使用後は、戦闘中に何度も吐血しながらも、サスケの切り札の術である「麒麟」を「須佐能乎」で退け、サスケのチャクラ切れの隙を突いて「八岐の術」で再生した大蛇丸を、須佐能乎の能力「霊剣・十拳剣」で完全封印。

身動きのとれなくなったサスケを追い詰めるが、眼を奪うことはせず、笑顔を見せながら「許せサスケ、これで最後だ」と言い遺し、サスケの眼に天照を仕込んだ後、遂に力尽きて、この世を去った。

優しい世界を失った日


一見したところでは、一族をまるで腕試しのように滅ぼし、犯罪組織「暁」のメンバーとして行動し実の弟さえ自分の為に利用しようとした冷酷にして残虐な男性にしか見えないが、後にこれは木ノ葉ひいては太平の世の為、そして何よりもサスケを守る為であった事が、トビによって明かされる(自身が起こした事件の真相に関してはイタチの真実を参照)。

」での活躍

いたち


に入ってからは干柿鬼鮫とツーマンセルを組み、鬼鮫を引き連れるようになる。暁は基本ツーマンセルの行動を原則としている。また暁では上下関係があるのか、先に所属していたイタチが鬼鮫を指示する立場にある。

アニメ『イタチ真伝』篇において、イタチの初期のツーマンセルの相手が枇杷十蔵であった事が判明している。
イタチは新入りという事もあってか、十蔵の指示通りに行動し、暁の勝手を教えて貰っている。しかしそれもつかの間、霧隠れの依頼の最中四代目水影との戦いで十蔵が死亡、相棒を失ってしまう。その後、同時期に同じく相棒を失っていた(故意的に相棒を殺した)角都と組む事になりそうになったが拒絶したため、角都からは反感を持たれている。
一方、大蛇丸はうちは一族であるイタチを引き抜こうと、イタチに対しツーマンセルを組もうと提案するが、既にツーマンセルを組んでいたサソリから反感を持たれたり、十蔵からも指摘されるなど、散々であった。しかし当のイタチ本人はガン無視状態である。
焦れた大蛇丸は一人になったイタチを、永遠の命に繋がる肉体として襲撃した。しかし写輪眼の瞳力には及ばず、敢え無く破り去る。この時、イタチは大蛇丸のことを「お前は欲望が足りすぎている」と評している。襲撃に失敗した大蛇丸はすぐに暁を脱退、裏切り者として追われるようになる。

大蛇丸の暁脱退後、イタチは鬼鮫、サソリと共にスリーマンセルを組み、まずデイダラを勧誘する。デイダラの暁勧誘成功後、次は不死身の肉体を持つ男飛段の噂が伝わり、イタチは小南角都のスリーマンセルで飛段を勧誘することになる。この時、飛段の不死身の能力を写輪眼で解こうとしたが、原理は理解出来なかった模様。
(飛段には暁装束を着た三人を「楽団か?音楽ユニットか?」と揶揄され、角都=ベース、小南=キーボード、イタチ=ボーカルと称されている。)

なお、原作設定では、元・暁メンバーの大蛇丸10年前に暁にてイタチと組んでいた。

暁風紀委員


単行本での大蛇丸の回想では、暁の衣装を着たイタチの幻術によって身体の動きを封じられ、更に左手を切り落とされている。この時の手はアジトに保管しており、薬指に「空」という文字の入った指輪をしている。
イタチの力を目の当たりにした大蛇丸は「彼は私より強い」と悟り、暁を脱退。この時の体験がイタチの弟であるうちはサスケに対する執着に繋がった。

……が、公式発表の年齢から逆算すると、その時イタチは8歳。二部の時点から計算しても11歳
この年齢の時にはうちは一族は滅んでいない。彼がうちは一族を滅ぼしたのは、最年少で暗部部隊長になった13歳の時。その後木の葉の里を抜け出し暁に入ったと描かれている。
よって10年前に暁に彼が入っているわけがない。
そもそも、後に発表されたスピンオフ作品やアニメの『イタチ真伝』編にてイタチとは組んではいないという事実が発覚した………。

つまり…どういうことだってばよ?

大蛇丸の記憶違いなのか、作者と編集のミスか……恐らくは後者であろう。

第四次忍界対戦

第四次忍界大戦で薬師カブト穢土転生によって長門と同様、二大戦力として蘇生される。

カブトの目論みに利用される形で長門と共に行動していた所で、うずまきナルトキラービーの2人と接触。
穢土転生で自身が蘇ってしまったことは完全な想定外ではあったものの、ナルトに託していたシスイの万華鏡写輪眼「別天神」に仕込んだ「木ノ葉を守れ」という命令の幻術で、カブトによる命令を書き換えたことで(この口寄せ烏は、「イタチの写輪眼」をナルトが見ることで出現するよう組まれていた)、カブトの制御から逃れた
その後は長門を十拳剣により封印し、ナルトにサスケやトビのことを託し、自らは穢土転生を止めるべく使用者であるカブトの元へ単身向かう。

その道中に弟であるサスケと再会し、穢土転生を解くために共闘することとなる。
そして、禁術であるイザナミを使い、カブトの精神を無限ループに幽閉することに成功する。その後、カブトを幻術にかけて穢土転生を解かせ、解放される間際に幻術をサスケに使い、一族の真実を伝えると、最後に「本当のことをほんの少しだけ」と前置きをして、

「お前はオレのことをずっと許さなくていい…お前がこれからどうなろうと、おれはお前をずっと愛していると本当の思いを告げて光と共に昇天した。

穢土転生体のイタチの言動は「別天神」による幻術の洗脳によるものである上、イタチは生前から生粋の「嘘つき」である。この時の言動全てが本物の彼なのかは誰にも分からない。しかし弟に対する愛情だけは本物だったのではないだろうか。

お前をずっと愛している
今週の兄サス!【ネタバレ…?】


サスケはこれにより何かを決意し、イタチの意志を無にしない為として第四次忍界対戦に参加する。

主な術

火遁
豪火球の術
鳳仙火の術
鳳仙火・爪紅

水遁
水牙弾
水龍弾

幻術
魔幻・枷杭の術
魔幻・鏡天地転

写輪眼
月読
天照
須佐能乎
イザナミ

分身
影分身の術
烏分身の術
分身大爆破

封印術
転写封印・天照
十拳剣

ナルトス

「サスケェ!“お前はオレにとっての新たな光だ!”」
普段は口数の少ないクールなキャラなだけに、そのキャラ崩壊とも言えそうな言動と表情が笑いを誘いネタキャラ扱いされてしまう羽目になった。
一種の『シリアスな笑い』だろう。

関連イラスト

兄さん誕
にいさぁぁぁああん


イタチ
須佐能乎


+イタチ兄さん+
イタチ



関連タグ

NARUTO  木ノ葉隠れ うちは一族
うちはサスケ うちはシスイ うちは兄弟
うちはフガク うちはミコト うちはイズミ
水無月ユウキ 出雲テンマ 稲荷シンコ
うちはマダラ トビ 干柿鬼鮫 枇杷十蔵 志村ダンゾウ 猿飛ヒルゼン
ナルトス オレオ サスケェ 犠牲になったのだ
哀しき悪役 もう一人の主人公 イタチの真実 イタチ伯父さん

pixivに投稿された作品 pixivで「うちはイタチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19469978

コメント