ピクシブ百科事典

うちはフガク

うちはふがく

漫画『NARUTO』の登場人物。(メイン画像・中央の人物)

CV浜田賢二

解説

うちは一族の一人で、サスケイタチ兄弟父親
妻はうちはミコト

警備部隊隊長で、木ノ葉隠れの里でも名の知れた忍だった。
他里からも兇眼フガクの二つ名で恐れられていた。
また、万華鏡写輪眼の開眼者でもある。(アニメ版イタチ真伝より)
実直で責任感の強い性格の人物で、一族内でも一目置かれていたようである。
妻のミコトからは「不器用な人」とも言われている。
イタチのことを「自慢の息子」として誇っており、サスケに常々「兄さんのようになりなさい」と言って聞かせていた。こうした態度を見るとサスケをあまり可愛がっていないように見えるが、ミコト曰く「私と話すときはアナタ(=サスケ)の事ばかり話してる」らしく、実はかなり子煩悩だったらしい。

うちは一族の虐げられてきた現状を憂い、クーデターを計画。
イタチを木ノ葉へのスパイとして送り込むも、イタチが二重スパイとなっていたことまでは見抜けず、イタチによって抹殺されてしまった。
死の間際、イタチの決断を責めることなく受け入れており、サスケの後を託している。
イタチの真実を参照)

関連タグ

NARUTO
木ノ葉隠れ うちは一族
うちはサスケ うちはイタチ うちはミコト
父親

pixivに投稿された作品 pixivで「うちはフガク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 537654

コメント