ピクシブ百科事典

千鳥(NARUTO)

ちどり

ここでは『NARUTO』シリーズに登場する技について説明する。
目次[非表示]

その他の千鳥について →千鳥

概要

カカシ
うちはサスケ 02


開発者ははたけカカシ。第三次忍界大戦時に新たな攻撃手段として編み出した。
チャクラによる「肉体活性」で自身のスピードを高めた上で、雷遁の性質変化を加えたチャクラを手に集中させて放つ、高速の突き攻撃。
チャージ状態のチャクラがまるで千鳥のさえずりの様に「チチチチ…」と音を発していた事からこのように名付けられた。
カカシの場合はこの技で雷を切ったという都市伝説から雷切と呼ばれる。

だが、技を開発したばかりの頃は波風ミナトに「速く動きすぎて相手のカウンターを見切れずに終わる」とダメ出しを食らい、静止を振り切って使った結果その言葉通りになり、ミナトが「飛雷神の術」で救出に入っていなかったら返り討ちに遭っていた。
後にカカシがうちはオビトの左の写輪眼を受け継ぎ、相手の動きを読み取ることが出来るようになったことで実戦での使用が現実的となった。
加えて、写輪眼は巴の紋様が保有者の成長に伴い増えていくのだが、千鳥を扱うには最低でも二つ巴に至る必要がある。
よって、術の会得には「雷の性質変化が使える」、「二つ巴以上の写輪眼を有する」、「高い動体視力に見合った運動能力を持つ」という厳しい条件を満たす必要があり、特に写輪眼はうちは一族がほぼ滅亡しているため、使い手が非常に限られる。
実際、開発者のカカシは第四次忍界大戦終戦と同時に写輪眼を失って以降、雷切を封印している。

また、1発あたりのチャクラ消費量も多く、連発ができない。
さらに、チャクラを溜め込むという発動前の予備動作も生じるが、これらについては以下のような派生術の開発、術者の成長により克服している。

カカシ以外の最初の会得者は、第七班における部下であるうちはサスケ
中忍選抜試験で我愛羅と当たる事となった彼に対し、あらかじめロック・リーの体術イメージを学習させたうえで1か月かけて伝授した。

サスケはその後『BORUTO』にて、自身の娘であるうちはサラダに請われ術を伝授している。

バリエーション

  • 草薙の剣・千鳥刀

草薙の剣に千鳥を流し、殺傷能力を高める。
対象を麻痺させることも可能。

  • 千鳥鋭槍
千鳥を槍状に形態変化させた術。

  • 千鳥千本
千鳥を針状に形態変化させ、広範囲に射出する。

  • 千鳥流し
全身に千鳥を流して纏う術。
触れた敵を弾き飛ばすことができ、地面に触れることで電流を流し広範囲攻撃も可能。

  • 千鳥光剣
千鳥を剣状に形態変化させた術。
これ自体が雷遁チャクラの塊であり、十尾の人柱力となったうちはマダラを真っ二つにするほどの斬れ味を誇る。
刃を伸ばすこともできるが、最大5メートルが限度。

  • 黒き千鳥
六道仙人から陰の印を授かり、輪廻写輪眼を開眼したサスケの千鳥。
須佐能乎で使用することもできる。
発動の際に通常の千鳥とは違う音が鳴るのが特徴。
なお呪印状態2で使用するものは「忌まわしき千鳥」と称される。

  • 風遁雷遁・颶風雷旋丸
PS3『ナルティメットストームレボリューション』におけるナルトとサスケの合体必殺技。
風遁・螺旋丸と千鳥を一つにして敵に叩き込む。
ヒット後、第一部ラストにおける螺旋丸と千鳥の激突時のエフェクトが発生する。

  • インドラの矢
ナルトとの最終決戦の時に使用。
九体の尾獣全てから吸収したチャクラを完全体須佐能乎に写して矢に収束させ、更にそれに雷遁を乗せて雷の矢を放つ。

  • 建御雷神(タケミカズチ)
名称はPS4『ナルティメットストーム4』から。
炎遁・加具土命を加えた千鳥。
ナルトへの最後の攻撃として放った。

  • 雷伝
影分身と二組で雷切を発動、雷撃の筋を結んで対象を両断する。

  • 雷遁・雷獣追牙
雷切を雷獣型に形態変化させて飛ばす遠距離系忍術。
一部ゲームでは雷獣走りの術という術名になっている。

  • 神威雷切
オビトから万華鏡写輪眼の力を借り受けたカカシが放った最後の雷切。
神威の効果が付与され、当たった箇所を時空間へ飛ばす。

  • 雷遁・紫電
カカシ秘伝小説にて、写輪眼を失ったカカシが雷切の代わりに開発。
紫色の雷遁チャクラを生成し、電撃や手刀の強化など補助的に用いる。千鳥と異なり貫通力はない代わり汎用性に優れる。


余談

四代目雷影の雷遁チャクラモードは千鳥の原案を再利用したものである。

千鳥で検索すると関連タグで上位に来るのはサスケでもカカシでもなく、なぜかビリビリ中学生の御坂美琴である。(今は関連タグの仕様変更により、この現象はなくなった)
まあ、彼女の場合は電磁波を写輪眼に、10億ボルトの電撃をチャクラ代わりに出来ない事もなさそうだが・・・

とある雷遁


美琴ェ…、大した奴だ…

モチーフ

日本戦国時代(安土桃山時代)における武将・立花道雪が所持していた愛刀の銘から取られたものと思われる。
更に、道雪が落ちてきた(雷神)を斬ったことから、元の名の「千鳥」から「雷切」へと改められたという逸話は、そのままカカシの逸話にされている。

戸次鑑連



関連タグ

NARUTO うちはサスケ はたけカカシ
螺旋丸
千鳥

関連記事

親記事

うちはサスケ うちはさすけ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「千鳥(NARUTO)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18103

コメント