ピクシブ百科事典

風遁・螺旋丸

ふうとんらせんがん

風遁・螺旋丸とはNarutoの主人公、ナルトが使う術の一つである。

概要

高速で乱回転するチャクラの塊である螺旋丸に風の性質変化を加えて一つの完成を見た術のことである。
風遁・螺旋手裏剣の強化前の術で、普通の螺旋丸に比べて威力が高い。

詳しい事は分からないが、螺旋丸と比べて色がやや白っぽく、この術の強化版である、風遁・螺旋手裏剣の様な手裏剣が、螺旋丸を核として非常に小さくだが、回っている。

開発者のうずまきナルトはたけカカシと螺旋丸同士で比べた際には、カカシの螺旋丸を打った手が焦げるような傷を負った。

なお、作中で使用した例は、カカシとの打ち合いと、角都の術を防ぐために、ナルトがヤマトと協力して生み出した颶風水渦を作るために使った二つだけである。
理由は不明だが、威力が風遁・螺旋手裏剣に劣ってしまう所から、これ以外原作では使われてない。
ただし、NARUTOのゲームである ナルティメットストームシリーズの一部ではうちはサスケとの合体技で使われている。
表現から察するに、普通の螺旋丸と違い、突風を生み出す術なのだと推測される。

また、アニメBORUTOでは正確な情報ではないが、木ノ葉丸が風遁・螺旋丸と思われる術を使っている。影分身無しで発動させており、ナルトの物とは形状が異なる。

関連タグ

螺旋丸 風遁・螺旋手裏剣 影分身
うずまきナルト 猿飛木ノ葉丸
NARUTO BORUTO

関連記事

親記事

螺旋丸 らせんがん

兄弟記事

コメント