ピクシブ百科事典

八忍犬

はちにんけん

「八忍犬」とは漫画『NARUTO』の登場人物、はたけカカシの使役する忍犬たちの総称。
目次[非表示]

概要

木ノ葉隠れ上忍はたけカカシが契約を交わした八匹の忍犬たち。
犬塚キバと常に行動を共にしている赤丸に対し、カカシの忍犬たちは時空間忍術の一つである口寄せの術で必要に応じて複数及び単体で呼び寄せることが可能。
また人語を解し、喋ることが可能で、特にパックンは知性が高く下忍の指示なども行う。
八匹とも木ノ葉の額当てを身に付けており(パックン、ブル、グルコ以外は首に巻く)、「へのへのもへじ」の描かれたちゃんちゃんこを着ている。

メンバー

名前声優※(中の人繋がり特徴
パックン辻親八パグ犬風の忍犬で、カカシが最も信頼している。八匹の中でも一番小柄だが司令塔のようで、ブルの上に乗って仲間に指示を出す。額当てはバンダナ風。
ブル一番大型で、成長した赤丸と同等かそれ以上の大きさ。額当ては右前脚に腕章のように着けている。
ウルシ近藤隆鬼灯水月前髪のあるカーキ色の忍犬。
シバ日野聡サイモヒカン風の黒い前髪がある灰色の忍犬。目が特徴的な真ん丸。
ビスケ川田紳司油女シノ「忍」の文字が額に刻まれたキャラメル色の忍犬。
アキノ何があっても絶対に外れないサングラスをかけた忍犬。
ウーヘイ東條加那子香燐三白眼で、包帯を頭部から首にかけて巻いている細身の忍犬。
グルコ水樹奈々日向ヒナタ糸目の忍犬で、頬に三本線の髭模様がある。額に額当てをしている。

※パックン以外はナルト疾風伝240話(アニナル通算460話)における、キャスト。
NARUTO SDにも登場するが、パックン以外の声優は不明。
また、ウルシがテンテンにウハシと呼び間違えられていたが訂正していない。

口寄せ 土遁 追牙の術記念すべき初登場時の技。八匹の忍犬たちを口寄せし、地下から嗅覚を頼りに敵を噛み付かせて、拘束する。様々な忍術をコピーしてきたカカシのオリジナルの技の一つ。
鶴翼の陣アニメオリジナルの技。ブルに乗ったパックンの号令のもと、残りの六匹の忍犬が四方同時に飛び込んで、敵の四肢に噛み付く。
法円の陣アニメオリジナルの技。円状に配置して対象を囲む。アニメではパックンを乗せたブルを中心に、他の六匹の忍犬たちが囲った。
忍犬忍法 砂塵の舞アニメオリジナルの技。脚で地面を高速で掘り、塵を巻き上げて身を隠すと同時に敵の視界を遮る。
犬壁の陣アニメオリジナルの技。ブルを中心として全員が陣を組み、タイミングを見計らって散開して挟み撃ちで攻撃しに来た相手を陽動させる。相手の態勢が整う前に空かさず攻撃に移る。
忍犬忍法 犬毛分身アニメオリジナルの技。パックン単体の技で、身震いで飛び散らかした毛を媒介に実体のない自分の分身を作り出す。砂塵の舞とコンボで使用。

ナルト疾風伝240話(アニナル通算460話)にて、キバと赤丸との対決でオリジナルの技を披露している。

余談

作中、少なくともカカシが暗部に在籍していた頃から口寄せ契約を交していたことが伺える。
二次創作などでは、八忍犬は元々「木ノ葉の白い牙」と謳われたカカシの父、はたけサクモと契約を交わした口寄せ動物として扱われ、幼少期のカカシと交流がある様子が描かれることもある。

関連イラスト

NARUTOログ
口寄せわんこ


それでも
昨晩、



関連タグ

はたけカカシ 忍犬 

pixivに投稿された作品 pixivで「八忍犬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12906

コメント