ピクシブ百科事典

御坂美琴

みさかみこと

ライトノベル『とある魔術の禁書目録』の登場人物。スピンオフの『とある科学の超電磁砲』では主人公を務める。「ビリビリ」とも呼ばれる。ツンデレ。
目次[非表示]

「戦う気があるなら拳を握れ!
 戦う気がないなら立ち塞がるな!
 ハンパな気持ちで人の願いを踏みにじるんじゃないわよ!」

プロフィール

学年常盤台中学二年生
身長161cm
体重45kg
スリーサイズ78・56・79
CV佐藤利奈

※「とある科学の超電磁砲BD5巻」特典ブックレットより。
さらにファンブックで後述の設定も追加された。

誕生日5月2日
血液型AB型
※設定された誕生日は担当声優の佐藤氏とまったく同じ。実質アニメ化の影響を受けて定まった逆輸入設定と言えるだろう。ちなみに中の人が同じネギ・スプリングフィールドも同様の経緯で誕生日が定まっている。

人物

学園都市屈指のお嬢様学校「常盤台中学」の二年生。
整った顔立ちに、肩まで届く茶髪ボブカットおかっぱ)。
学園都市の中でも7人しかいない超能力者(レベル5)の第3位であり、レベル1からレベル5までのぼりつめた努力家として有名。
勝気で活発な性格であり、学業は極めて優秀で運動神経も抜群。後輩の白井黒子に心酔されている。 愛称は「ビリビリ」「電撃姫」「ミコっちゃん」など。
電脳戦機バーチャロンとのコラボ外伝『とある魔術の電脳戦機』では、ライデンを扱う。

「常盤台の超電磁砲(レールガン)」という肩書を持つ一方で好奇心旺盛な学生として、後輩の白井黒子や、ある事件を通して友情を深めた初春飾利佐天涙子らと共に遊んだり、時には共に学園都市の謎に挑んだり誰かを助けたりと退屈しない日々を過ごしていた。
一方でレベル0にも関わらず自身の攻撃を完全に封じては逃げていく上条当麻を目の敵にし、偶然出会った6月某日から約一ヶ月に渡りずっと追い回しては勝負を挑み続けていた。
しかしある事から、自らのクローンである妹達の存在と、彼女らが深く関係する絶対能力進化計画(レベル6シフト計画)を知ってしまい、計画を阻止すべく動き出した美琴は過酷な日々を過ごしていくこととなる。

最終的に計画が上条当麻によって阻止されると、上条の存在を意識し始め、旧約中盤で遂に自らに芽生えた恋心に気付く。

性格

性格面としては『禁書目録』ではそのツンデレキャラっぷりを遺憾なく発揮しているが、彼女が主役を務める『超電磁砲』ではツンデレキャラではなく、後輩に優しい頼れる姉御肌キャラクターとしての側面が多く描かれている。
御坂妹が保護されてからは彼女らのマイペースさに振り回されつつも、面倒見が非常に良くピンチになったらかけつける若干シスコン気味の本当の姉のような存在になっている。

胸が控えめなことを気にしており、劇中でもよく指摘される。
しかしまったくないわけではなくむしろ中2としては平均的な数値であり、学園都市内の中学生が育ちすぎなだけとも言える。
また、実母の御坂美鈴爆乳のため、周りより成長が遅れているだけで将来的には大きく育つのでは?という声もある。

散々上条に対し困っている人を見てると放っておけないお人好しな部分を咎めているが、彼女自身も無自覚ながら似たような性格であり、人助けのために本来ジャッジメントが担当する問題にまで首を突っ込んでくるためパートナーの黒子にも咎められることが多い。とはいえ177支部管轄外の問題にまで手を出したがる黒子も黒子なので結局彼女ともお互い様ではある。
人助けをせずにいられないのも頭より体が先に動く癖に起因しており、食蜂操祈からは「ひょっとして彼女の思考回路が読み取れないのは、電磁バリアのせいじゃなくて脳筋だからじゃないのかしら?」と冗談交じりに思われている。
作中では、敵味方両方にお人好し、またはそれに類することを思われたり、言われたりすることが多い人物である。本人は自分を善人でもヒーローでもないと思っているようだが。

またカッとなりやすい一面もあり、ちょっとやそっとぐらいではさすがに爆発しないが、主に度を越えたセクハラ行為を繰り返す黒子や鈍感な上条など一定のボルテージを越えると電撃を容赦なくぶっ放し周辺機器を破壊してしまうことがよくある。
親友の婚后光子に重傷を追わせた馬場芳郎に対しては通常よりも遥かに強烈な電撃と磁場を発生させ、触れなくとも干渉しただけで馬場の操るT:MTが自壊するほどだった。
ただしレベル5らしく、戦闘では冷静さを怒りで欠いたような描写はほとんどない。

レベル5で姉御肌な彼女にも「自分の問題を抱え込みすぎる」という悪癖があり、特に妹達編の時には非常に強くクローズアップされていた。
美琴自身が学園で数少ない頂点に位置するレベル5という立場であるためなのか、他のレベル5にも言える事だが「同格として相談ができる存在が居ない」という問題を常に抱え込んでおり、
親しい友人や後輩である白井黒子初春飾利佐天涙子、ら三名にも特に学園都市の暗部等の危険性がある事にはできるだけ関わらせないようにという考えが強く、
そのため妹達の問題を解決するために、孤独な戦いを自分一人だけで続け身も心もボロボロになりつつあるという悲惨な状態になってしまっていた、
その後上条当麻に救われて以降はある程度改善されたのか、特に同じレベル5の食蜂操祈には悪友という関係性ながらも学園都市の暗部関係から魔術関係までのトラブルに対処するという関係性になりつつある。

『超電磁砲』においても妹達編、大覇星祭編と経ていく事につれて上条当麻の出番が増え、相対的に歳相応の少女的な側面を拝めるようになってきている。

意外と忘れられがちだが彼女は白井黒子のみならずエツァリにもフラグを立てているため、上条ほど露骨じゃないもののフラグ建築士としての側面も併せ持っている。自分を嫌っている相手を照れさせたり、無自覚に人の頭を撫でたり等のかなりのたらしっぷり。

能力

私の…私だけの
砂鉄の剣


能力名は『超電磁砲(レールガン)』。
最大出力にして10億ボルトを誇る、
学園都市内の電撃使い(エレクトロマスター)系の頂点に立つ能力である。

その由来にして彼女の代表的な技でもある『超電磁砲』は、 主にゲームセンターコイン電磁加速を加えて放つ技であり、毎分8発、音速の3倍以上という速さで撃ち出す。
空気との摩擦熱が溶けてしまうため射程は50mと短めだが、威力や撃ち出す質量を加減すれば射程を延ばすことも可能。

この『超電磁砲』以外にも、落雷、雷撃の槍、電磁波、砂鉄の剣や鞭など多数の攻撃技を持つ。
また戦闘に限らず、能力を利用したハッキング、そして電子機器に対するサイバーテロも可能。

彼女が発する電磁波はセンサーの役割を果たしており、空間把握などに応用して死角からの攻撃にも対応出来る。さらに同じレベル5の第五位である食蜂操祈の能力による洗脳攻撃を電磁波の影響により防ぐことまで可能。
しかし電磁波で空間把握する能力を逆手にとり、賊が彼女を特殊な装置で襲撃してきて苦しめられたことがある(この時、彼女は誰かに見られている感覚に突然襲われていた)。

他にも磁力で壁に張り付いたり、マイクロ波で加熱したり、その用途は枚挙に暇がない。

彼女の能力の可能性に「体内の電気信号の操作」がよく挙げられる。
現在の彼女の場合、自身の電気で強制的に体を動かした場合相当な痛みが走るらしく、強化などには至らず動かすのがやっとな程度である(この方法を使用中は人間スタンガン状態となる)。
ただこれは初めてこの方法を使用した際のもので、一概に出来ないとは言えない。また、この可能性を獲得している人物もいる。
アストラルバディの単行本2巻にて帆風潤子に手ほどきを受け、ドリームランカー編では見事に活用している。

因みに幼少期のDNAマップ提供の件は、対外的には美琴の能力を筋ジストロフィー治療の研究に応用することを持ちかけたのが発端。
美琴が選ばれたのは『素養格付(パラメータリスト)』で将来的に彼女が高位の能力者に成長する可能性を秘めている事が分かっていたからである。この時の無垢な善意と安易な選択が「妹達」を生み出し、後年の美琴を苦しめることになる。

第ニ位との間には絶対的な壁があるとされているが、これは第一位と第二位が物理法則を捻じ曲げ、大抵の物理攻撃を問題にしない異質な能力を持っているからだと思われる。
作者曰くスタンダードを極めた能力者なので、パラメーターで勝てない敵にはほぼ何をやっても勝てないとのこと。
ただそれは弱いというわけではなく、彼女のパラメーターは作中でも高い水準にあることが分かる。
上に挙げられた派手な技の数々に隠れがちだが、彼女の真骨頂は本人の発想力と能力の応用からくる手数の多さにある。

液状被覆超電磁砲(リキッドプルーフレールガン)

初出:新約18巻

食蜂操祈との合体技。
食蜂が美琴の精神に干渉して「対魔術式駆動鎧」使用時の負担を軽減、さらに食蜂がコイン表面に水分の格子模様を超微細な操作で張り巡らせ、摩擦熱を緩和してコインの射程距離を伸ばすことを可能とした。

さらに表面の水分は弾体の熱を奪って冷却を促進し、蒸気として爆発的に膨張させることで速度も劇的に向上。これにより射出速度、飛距離の枷から放たれた最高威力の超電磁砲が誕生した。その威力は「窓のないビル」の壁を破壊するほどに高い。

すべての男女は星である」。世界で最も有名な魔術師が残した〈意志〉下の調和を示す思想は、この攻撃で窓のないビルの壁が破壊されたことにより破綻した。
ミナ=メイザースインデックスオティヌス土御門元春と同じく、エイワスアレイスター=クロウリーを相手に戦っていた上条当麻の強力な一助となるのだった。

しかし、そんな攻撃も〈黄金夜明〉のサミュエル=リデル=マグレガー=メイザースには通用しなかった。

"RAIL_GUN":LEVEL[PHASE]5.1~5.3

初出:超電磁砲61話

絶対能力進化実験において美琴が強制的に変化させられた姿。非公式通称だが読者からは雷神美琴とも呼ばれている。未だレベル6ではなく途上の段階だが、神秘の世界でいう「神」のような姿と化し、この段階ですら美琴の数十倍もの力を有する。レベルを示すと思しき数字が増えるにつれて容姿と力も変化している。

どうしても憶測を多分に含む表現となってしまうが、姿形は神々しくも不定形、本体サイドには羽状のフィン、頭部に目と例えられる黒点と謎の装飾が追加され、頭上には環が浮かぶ。これも一形態に過ぎず、次のフェーズに進むと頭部に宇宙の星々?が映し出されたり、異界から妙な球体がを召喚(喚起?)したりしている。

位相」(魔術の根本となる重なった異世界)の高次元存在(特に十字教における四大天使)とも雰囲気が酷似している。

はいむら氏は「エイワスの御親類?」と述べている。同氏のツイートによると、あの宇宙は「とても遠くから世界を広く観測するナニモノか」の視点。メモにある「あの世」「ホルスの時代」は『端的な仮称≒はいむらの創作で、いわゆる公式設定としてのものじゃあ無いですね』とのことである。

デザインも指定デザインとはいむら氏オリジナルが混じってるらしい。5.1と5.2は指定デザイン準拠、5.3はディテールなどに細かな指定がなかったらしく、はいむら氏のオリジナリティが強いんだとか(特に宇宙)。

対魔術式駆動鎧(アンチアートアタッチメント)

鋼翼の悪魔


木原脳幹が所有する、その名の通り対魔術用に開発された兵器群。
魔術師アレイスター=クロウリーの魔術〈Magick〉を基幹に構成されており、クロウリーの力を送受信して遠隔地から彼の力を行使するための端末。詳しくは項目参照

美琴が装着しているのは木原脳幹の物のスペアである。

単体でも美琴を大幅に上回る火力を持つが、魔術の品なので美琴は使用する度に負荷がかかる。
今のところ鼻血で済んでいるが、土御門元春という例を見るにこれでも相当マシな方である。

装着前後の美琴は魔神や去鳴との接触が原因で、戦闘狂一歩手前になった。その狂気的な言動は、もはや闇堕ち一歩手前。新約16、17巻では美琴のメンタルが良くない方に傾きかねない描写もある為、油断はできないかもしれない。

なお、上条はA.A.A.装着時の平常心を保った美琴の姿から「悪魔」を連想していた。NT21で悪魔コロンゾンが中身を真似て翼を形成していたが、NT22で先述通りこの中身がMagickであることが判明している。

人称・呼称・言葉遣い

一人称
  • アタシ
二人称
  • 「アンタ」メイン
  • 一目置かれる人物・頭が全く上がらない人物⇒稀に「あなた」
呼称
  • 年上の人物・一目置かれる人物・年齢に関係なく馴染みが薄い人物⇒「苗字・名前・フルネーム+さん」
  • 快く思わない人物・親しい人物・敵キャラクター⇒「苗字・名前・フルネームの呼び捨て
  • 食蜂操祈⇒「食蜂」
  • 白井黒子⇒「黒子」
  • 佐天涙子⇒「佐天さん」
  • 初春飾利⇒「初春さん」
  • 婚后光子⇒「婚后さん」
  • 帆風潤子⇒「帆風さん」
言葉遣い


【考察ネタ】ヌイト説とベイバロン説

黎明期より存在する、都市伝説並に独り歩きしている考察ネタ。
上琴を信奉する一部の読者は、美琴こそセレマの神格〈ヌイト〉を象徴するのではないかと推測していた。

ヌイトは〈ハディート〉の補完者にして結合者、無限の夜空と無限の星々を司る北の女神であり、ハディートと結合することで顕現した宇宙〈ラー=ホール=クイト〉を生む。

もしくは血を流す星の娼婦〈ベイバロン〉。この娼婦は〈マスターテリオン〉に恍惚の表情で跨り左手には結合と情熱を示す革紐を握り、右手には燃える聖杯を持つ情欲の象徴とされる。ヌイト、ベイバロンともにインデックスに対応する説もある(1,2巻由来)。

ヌイト説

(※禁書・第3巻より)
布団の中に潜って、一晩中パチパチと小さな火花を散らしていた。
それは星の瞬きに見えた。
大きくなって、もっと強くなったら、いつか星空を作る事ができるかもしれない、と本気で考えていた。そう、大きくなる前の美琴なら。

(※新約15巻より)
夜空の奥行きが見える」
星々の祝福が待っている。科学の街には似合わない、そんな言葉さえ自然と脳裏に浮かぶ。
「閉塞なんてどこにもない!『可能性』はどこにでもある!まだまだ、私の前にはまだまだ!!掴むべき手がかり、上るべき高み、目指すべき頂上がどこまでも広がっている!!」
だからこれは幸せなのだ。だからこれは気持ち良い事なのだ。だからこれは何の憂いもないはずなのだ。

※ヌイトは無限の夜空、無限の星々を象徴し、形而上学では「連続する至福」となる。円と点、宇宙の星々、この点は雷神美琴も同様の共通点がある。
※ヌイトは〈法の書〉で「我を我が星々の下に召喚せよ!愛は法なり、意志下の愛こそが」「我が数は11、これはわれらが属である者たちの数のすべてと同じ」と叫ぶ。
※11は〈大いなる作業〉の数値であり、〈Magick〉においてあらゆる意味を持つ。クロウリー系の儀式は11の鐘打ちが入る。オティヌスによると対魔術式駆動鎧はMagickの色が強すぎるという。
※ヌイトは妹達(総体などの例外含む)かミサカネットワーク,一方通行なのでは?という説もある。というか美琴自身は肝心のアレイスター=クロウリーにミサカネットワークの方が大事だからどうでもいい(意訳)とか言われてしまった。

ベイバロン説

妹達を産み落とした=多産であることを考慮して、血を流す星である淫婦ベイバロン説も。クロウリーが対魔術式駆動鎧を介して使った魔術がベイバロンを象徴する緋色(女性原理)の魔術だったということもある。

〈ベイバロン〉は現の世界に肉体を持ち(化身)、それが〈緋色の女〉と呼ばれる。緋色の女は女性原理を現の世界で体現する者とされ、ハディトの投射でもある〈マスターテリオン〉=獣666の子供を生むという。また地上おけるヌイトでもある。

クロウリーはある一面においては処女性をさほど重視していない。むしろ聖母マリアの処女性を“停滞”の象徴と見做し、それに変わってベイバロンに置き替えている。クロウリーはマスターテリオンであり、彼の周囲には性愛パートナーでもある緋色の女が集められた。

コラボ作品での描写

以下の4人(平和島静雄。遊佐恵美、姫柊雪菜、クウェンサー=バーボタージュ)はゲーム電撃文庫 FIGHTING CLIMAXで共演。

平和島静雄(デュラララ!)
自販機に関して注意し合う〈美琴は原作中で蹴っ飛ばし、静雄は原作中で投げ飛ばす〉

遊佐恵美(はたらく魔王さま!)&姫柊雪菜(ストライク・ザ・ブラッド)
それぞれが好きなゆるキャラ〈美琴がゲコ太、恵美がリラックス熊、雪菜がネコマたん〉の可愛いところについて言い合う

クウェンサー=バーボタージュラッシュ(ヘヴィーオブジェクト)
鎌池の作品であるヘヴィーオブジェクトのキャラとは2作品で共演済み。
鎌池によるセルフコラボ小説「とある魔術のヘヴィーな座敷童が簡単な殺人鬼の婚活事情」では、北欧世界の神「ヘル」が平行世界から召喚した「おほほ」のオブジェクト「ラッシュ」(本物と同じ存在)と戦い、その凄まじい火力をどこぞの第四位以上と評価している。
電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」ではオブジェクトについて、美琴がお得意の電撃で倒せると言い、話の流れからクウェンサーと対決することになり、クウェンサーが、もし勝てたら体のとある部分で型を取ったババロアをもらうと言いかけて、美琴のその部分の小ささに飯をおごってもらうと言い直し美琴が切れる。
ちなみに、ババロアの件は原作ではミリンダに対し言っており、CV担当の佐藤利奈自身もレンディ=ファロリート役で、黒子役の新井里美もワイディーネ=アップタウン役でヘヴィーオブジェクトに出演している。

カエル王子(ウチの姫さまがいちばんカワイイ)
とあるシリーズも例外なく他ゲーム(主にソシャゲ)とのコラボが多いが、
ウチの姫さまがいちばんカワイイ」とのコラボでは主人公の王子に興奮していた。
「ゲコ太? 生…ゲコ太?」「ゲコ太のためなら頑張っちゃう!」「ゲコ太王子?」
その一方で黒子は「わたくしというものがありながら、なぜそんなカエルばかり可愛がるんですの!?」と不機嫌だった。
このゲームでは登場人物の名前の前に「○○姫」と付く。美琴は「電磁砲姫」黒子は「転送姫」
他に「零能姫」「花冠姫」「複製姫」等がある。
※主人公である王子は魔王の呪いでカエルの姿にされていて、呪いの元凶である魔王を倒す目途はこの手のソシャゲではやって来ない可能性が高い。

スーパーロボット大戦X-Ω参戦

前記の通りとある魔術の電脳戦機ライデンに搭乗する美琴を初め、
当麻(テムジン)、インデックス(バル・ルルーン)、黒子(フェイ・イェン)、一方通行(スペシネフ)の面々がスーパーロボット大戦X-Ωへの出場を果たすことになる。
とある魔術の電脳戦機枠での参戦なので、美琴と黒子はチームの特別衣装で異世界に来たため、当麻には「コスプレ」と言われた。
異世界での一件が済んで帰る直前、当麻を欲したゼロにギアス(絶対遵守)の力をかけられるが苦しみながらも自力で打ち破る。
「似た能力のやつ」とはこの人のことだろう。
ギアスが効かないと判断したゼロは紅月カレンに指示を出し、物理的な実力行使で美琴、インデックス、黒子をまとめて元の世界に送り返す。
ゼロへの拳と熱い説得で当麻も遅れて帰還した。

関連イラスト

常盤台中学指定体操服
ビリビリ


☆❤
冬美琴


美琴
美琴ちゃんまとめ


絵師はいむら氏によるイラスト

【らくがき】美琴さん
【らくがき】私服美琴さん


私服ヒロインズ



関連タグ

とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲
科学サイド レベル5
上条当麻 食蜂操祈 インデックス
白井黒子 初春飾利 佐天涙子
御坂美鈴 御坂妹 打ち止め(ラストオーダー)
番外個体 ミサカ総体 ミサカ00000号(フルチューニング)

カップリングタグ
上琴(上条×美琴)   電磁通行(一方通行×美琴)   みこみさ(美琴×食蜂)
みこくろ(美琴×黒子) みこイン(美琴×インデックス)
麦琴(麦野×美琴)   ミコ天(佐天×美琴)

ネタ系タグ
ツンデレールガン ビリデレ イケメン美琴
短パン 貧乳
黒子ホイホイ 美琴ホイホイ
ミコチュウ みこにゃん
風神・雷神コンビ

関連記事

親記事

レベル5 れべるふぁいぶ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「御坂美琴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106071749

コメント