ピクシブ百科事典

御坂美琴

みさかみこと

御坂美琴とは『とある魔術の禁書目録』のヒロインの一人であり、『とある科学の超電磁砲』の主人公。「ビリビリ」とも呼ばれる。ツンデレ。
目次[非表示]

プロフィール

学年常盤台中学二年生
身長161cm
体重45kg
スリーサイズ78・56・79

※「とある科学の超電磁砲BD5巻」特典ブックレットより。

発射よーい



「戦う気があるなら拳を握れ!
戦う気がないなら立ち塞がるな!
人の願いをハンパな気持ちで踏みにじるんじゃないわよ!!」

概要

CV:佐藤利奈
学園都市の中でも7人しかいない超能力者レベル5)の第3位。
学園都市屈指なお嬢様学校『常盤台中学』の二年生であり、後輩の白井黒子に心酔されている。
竹を割ったようなサッパリとした勝気で活発な性格であり、学業は極めて優秀で運動神経も抜群。
レベル1からレベル5までのぼりつめた努力家として有名。
愛称はビリビリや電撃姫、ミコっちゃんなど。
電脳戦機バーチャロンとのコラボ外伝「とある魔術の電脳戦機」では、ライデンを扱う。

ストーリーでは

「常盤台の超電磁砲(レールガン)」という肩書を持つ一方で好奇心旺盛な学生として、後輩の白井黒子や、ある事件を通して友情を深めた初春飾利佐天涙子らと共に遊び、時には共に学園都市の謎に挑んだり誰かを助けたりと退屈しない日々を過ごしていた。
一方でレベル0にもかかわらず自身の攻撃を完全に封じては逃げていく上条当麻を目の敵にし、偶然出会った6月某日から約一ヶ月にわたりずっと追い回しては勝負を挑み続けていた。
しかしある日、自らのクローンである妹達の存在と、彼女らが深く関係する絶対能力進化計画(レベル6シフト計画)を知ってしまった事により、計画を阻止すべく動き出した美琴は過酷な日々を過ごしていくこととなる。

最終的に計画が上条当麻によって阻止されると、上条の存在を意識し始め、旧約中盤で遂に自らに芽生えた恋心に気付く。

性格

性格面としては『禁書目録』ではそのツンデレキャラっぷりを遺憾なく発揮しているが、彼女が主役を務める『超電磁砲』では上条の出番が少ない影響もあってかツンデレキャラとしての美琴は見られない。後輩に優しい頼れる姉御肌キャラとしての側面が多く描かれている。
ただし『超電磁砲』においても、妹達編、大覇星祭編と経ていく事につれて上条当麻の出番が増え、相対的に歳相応の少女的な側面を拝めるようになってきている。

能力

発電系の能力者であり、学園都市内の電撃使い(エレクトロマスター)の頂点に立つ。通り名は自らが名乗る『超電磁砲レールガン)』
その由来であり、彼女の代表的な技でもある『超電磁砲』は、 主にゲームセンターコイン電磁加速を加えて放つ技であり、毎分8発、音速の3倍以上という速さで撃ち出す。
空気との摩擦熱が溶けてしまうため射程は50mと短めだが、威力や撃ち出す質量を加減すれば射程を延ばすことも可能。

この『超電磁砲』以外にも、最大出力が10億ボルトに達する電撃落雷、雷撃の槍、砂鉄など多数の攻撃技を持つ。
また直接戦闘に限らず、能力を利用したハッキング、そして電子機器に対するサイバーテロも可能。
その他、電磁波で空間把握をするなどの応用もきき、同じレベル5の第五位である食蜂操祈の能力による洗脳攻撃を電磁波の影響により防ぐことが出来る。
強力な電磁力を利用してそそり立った壁を昇ったり、浮上しようとするヘリを引き止めたり、その用途は枚挙に暇がない。

彼女の能力の可能性に「体内の電気信号の操作」がよく挙げられる。ただし現在の彼女の場合、自身の電気で強制的に体を動かした場合相当な痛みが走るらしく、強化などには至らず動かすのがやっと程度である(この方法を使用中は人間スタンガン状態となる)。
これは初めてこの方法を使用した際のもので、一概に出来ないとは言えない。また、この可能性を獲得している人物もいる。

ちなみに幼少期のDNAマップ提供の件は、対外的には美琴の能力を筋ジストロフィー治療の研究に応用することを持ちかけたのが発端。
美琴が選ばれたのは『素養格付(パラメータリスト)』で将来的に彼女が高位の能力者に成長する可能性を秘めている事が分かっていたからである。この時の無垢な善意と安易な選択が「妹達」を生み出し、後年の美琴を苦しめることになる。

第ニ位との間には絶対的な壁があるとされているが、これは第一位と第二位が物理法則を捻じ曲げ、大抵の物理攻撃を問題にしないという異質な能力を持っているからだと思われる。
作者いわくスタンダードを極めた能力者なので、パラメーターで勝てない敵にはほぼ何をやっても勝てないとのこと。しかし、だからと言って弱いわけではなく、彼女のパラメーターが作中でも高い水準にあることが分かる。上に挙げられた多種派手な技の数々に隠れがちだが、彼女の能力の真の強さは電気・電磁波・磁力操作など能力の応用からくる手数の多さにある。

対魔術式駆動鎧(アンチアートアタッチメント)

鋼翼の悪魔
Misaka


新約15巻で美琴の所有物となった兵器。
「対魔術式駆動鎧(Anti-Art Attachment=A.A.A.)」は、名称通り対魔術用に構築された兵器体系である。その実態はアレイスター=クロウリーの目的である「魔術の殲滅」を体現した兵器(群)。
以前に木原脳幹が使用していた対魔術式駆動鎧と同じもの。美琴が入手したのは脳幹用A.A.A.のスペアだったりする。

種類は要塞攻略用大口径レールガン、ガトリング砲、速射砲、大型ミサイルコンテナ、火炎放射器、レーザービーム、ブースター、ドリル、液体窒素、殺人マイクロ波など。

単体の火力でも美琴を上回るのだが、特筆すべきは魔術に対して絶対的な強さを誇ること。
脳幹は超弱体化した魔神「僧正」のみならず、全開状態にあり本来殺せない筈の魔神「ゾンビ少女」を屠っていた。これは後述のアレイスターの力か何かが働いていると思われる。

新約18巻にて第11学区のコンテナに秘匿されたオリジナルパーツを食蜂を連れて分解調査したところ、食蜂曰く内部の電子回路の一部が「おまじないに出てきそうな形」だという。
通電した際には周囲に「魔法陣と類似した磁場」が形成され、この磁場がアンテナの機能を持ちアレイスターの力を受信しているらしい。
アレイスター=クロウリーの供給する力を放つ、言ってみれば端末のようなもの。

上里勢力の魔術師「豊山琉華」によると、A.A.A.の存在によって世界は統一した理論で説明できてしまう。
元を辿れば「超能力」と称した思春期の心性と薬物作用を網羅した超常誘発方式に「魔術」との境界線はなかった。
その2つが根本的な部分で別の理論に思えたのも、アレイスターの「原型制御」(パラダイムシフトを起こす技術)で設定された「魔術」と「科学」という名のフィルターを透して見ているからに過ぎない。

琉華の解析から「エジプトの伝承からかけ離れたイシス、オシリス、ホルスの3神」「アブラ・クアタブラの護符」「呼び出されし従わぬ者」など、「テレマ教」に関する法則が組み込まれていた事が判明。

テレマはアレイスターが創設した科学の探求を目的とする宗教で、ギリシャ語で意志を意味する。
木原脳幹がドリルを僧正の体に捩じ込んだ際、意思の力と表現される正体不明の力が不規則な回転と共に僧正の体に伝わっている。これが単にアレイスター自身の意志という意味なのか、それともテレマ=ホルスの時代(アイオーン)の法則なのかは不明。

また、美琴が新約18巻でさらに解析を進めると「神浄の討魔」という言葉も見つかっている。
どうやら解析されるとアレイスターのプラン、もしくは世界の根幹部分の法則に突き当たる危険な存在だったようで、A.A.A.と接触した美琴はアレイスターにプランの障害となる危険対象と認識され、新約17巻でアレイスターに呪殺されかけた(アレイスター的にはプランで重要なのはクローンの方なので美琴は既に不要なんだとか)。

オリジナルパーツの他、美琴が独自に改造したタイプもある。
後者は常盤台中学に専用ハンガーを設置し、そこに格納されている。美琴いわく部活のようなもの、で常盤台生の少女たちが美琴のサポートをしている。しかしエレメント発生の際に木原唯一の襲撃を受け、校舎とハンガーは大きな被害を受けた。

コアが魔術関係なので能力者の美琴は使用する度に負荷がかかる。
新約18巻までは鼻血で済んでいるが、土御門元春という例を見るにこれでも相当マシな方である。

装着前後の美琴は魔神や去鳴との接触が原因で、戦闘狂一歩手前になっていた。
その狂気的な言動は、もはや闇堕ち一歩手前。新約16、17巻では美琴のメンタルが良くない方に傾きかねない描写もある為、油断はできないかもしれない。

なお、上条はA.A.A.装着時の美琴の姿から「悪魔」を連想している。

コラボ作品での描写

以下の4人(平和島静雄。遊佐恵美、姫柊雪菜、クウェンサー=バーボタージュ)はゲーム電撃文庫 FIGHTING CLIMAXで共演。

平和島静雄(デュラララ!)
自販機に関して注意し合う〈美琴は原作中で蹴っ飛ばし、静雄は原作中で投げ飛ばす〉

遊佐恵美(はたらく魔王さま!)&姫柊雪菜(ストライク・ザ・ブラッド)
それぞれが好きなゆるキャラ〈美琴がゲコ太、恵美がリラックス熊、雪菜がネコマたん〉の可愛いところについて言い合う

クウェンサー=バーボタージュラッシュ(ヘヴィーオブジェクト)
鎌池の作品であるヘヴィーオブジェクトのキャラとは2作品で共演済み。
鎌池によるセルフコラボ小説「とある魔術のヘヴィーな座敷童が簡単な殺人鬼の婚活事情」では、北欧世界の神「ヘル」が平行世界から召喚した「おほほ」のオブジェクト「ラッシュ」(本物と同じ存在)と戦い、その凄まじい火力をどこぞの第四位以上と評価している。
電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」ではオブジェクトについて、美琴がお得意の電撃で倒せると言い、話の流れからクウェンサーと対決することになり、クウェンサーが、もし勝てたら体のとある部分で型を取ったババロアをもらうと言いかけて、美琴のその部分の小ささに飯をおごってもらうと言い直し美琴が切れる。
ちなみに、ババロアの件は原作ではミリンダに対し言っており、CV担当の佐藤利奈自身もレンディ=ファロリート役で、黒子役の新井里美もワイディーネ=アップタウン役でヘヴィーオブジェクトに出演している。

カエル王子(ウチの姫さまがいちばんカワイイ)
とあるシリーズも例外なく他ゲーム(主にソシャゲ)とのコラボが多いが、
ウチの姫さまがいちばんカワイイ」とのコラボでは主人公の王子に興奮していた。
「ゲコ太? 生…ゲコ太?」「ゲコ太のためなら頑張っちゃう!」「ゲコ太王子?」
その一方で黒子は「わたくしというものがありながら、なぜそんなカエルばかり可愛がるんですの!?」と不機嫌だった。
このゲームでは登場人物の名前の前に「○○姫」と付く。美琴は「電磁砲姫」黒子は「転送姫」
他に「零能姫」「花冠姫」「複製姫」等がある。
※主人公である王子は魔王の呪いでカエルの姿にされていて、呪いの元凶である魔王を倒す目途はこの手のソシャゲではやって来ない可能性が高い。

スーパーロボット大戦X-Ω参戦

前記の通りとある魔術の電脳戦機ライデンに搭乗する美琴を初め、
当麻(テムジン)、インデックス(バル・ルルーン)、黒子(フェイ・イェン)、一方通行(スペシネフ)の面々がスーパーロボット大戦X-Ωへの出場を果たすことになる。
とある魔術の電脳戦機枠での参戦なので、美琴と黒子はチームの特別衣装で異世界に来たため、当麻には「コスプレ」と言われた。
異世界での一件が済んで帰る直前、当麻を欲したゼロにギアス(絶対遵守)の力をかけられるが苦しみながらも自力で打ち破る。
「似た能力のやつ」とはこの人のことだろう。
ギアスが効かないと判断したゼロは紅月カレンに指示を出し、物理的な実力行使で美琴、インデックス、黒子をまとめて元の世界に送り返す。
ゼロへの拳と熱い説得で当麻も遅れて帰還した。


関連イラスト

御坂美琴
美琴ちゃん


ビリビリ




関連タグ

とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲
上条当麻 レベル5 食蜂操祈
白井黒子 初春飾利 佐天涙子
御坂美鈴 御坂妹 打ち止め(ラストオーダー)

カップリングタグ
上琴(上条×美琴) みこみさ(美琴×食蜂)
みこくろ(美琴×黒子) みこイン(美琴×インデックス)

ネタ系タグ
ツンデレールガン ビリデレ イケメン美琴
短パン 貧乳
黒子ホイホイ 美琴ホイホイ
ミコチュウ みこにゃん

pixivに投稿された作品 pixivで「御坂美琴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64946044

コメント