ピクシブ百科事典

レベル6

れべるしっくす

段階表記における6段目。または「禁書目録シリーズ」に登場するキーワード。

本項では「禁書目録シリーズ」に登場するキーワードについて記載する。

概要

とある魔術の禁書目録に登場する最強の超能力者「レベル5」を遥かに凌駕するとされる「絶対能力」の別名。
作中で言及されたのはシリーズ第3巻が初であり、詳しい実態については不明である。

作中では超能力者の第一位の「一方通行」こと「アクセラレータ」が、「超電磁砲」こと「御坂美琴」を128回殺害することで到達できる領域だとされている。ただし学園都市の技術力を持っていしても御坂美琴を128回分用意することは出来ないため、その劣化量産品である「妹達シスターズ)」2万人を殺害し、同様の結果を得ようとした、「絶対能力進化(レベル6シフト)実験」が実施された。
実験自体は結果を唯一予測できた「樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)」の損失と主人公「上条当麻」の介入によって修正の効かないレベルまで崩壊したため、無期凍結となった。

とある科学の超電磁砲ではレベル5は等しくレベル6になる可能性を秘めているようだが、現状では「人」を保ったままレベル6になれるのはアクセラレータただ一人であり、御坂美琴などは刹那の瞬間にレベル6にシフト出来るかもしれないが、その直後に崩壊すると予測されている。
ただし超能力者の第二位「垣根帝督」はアクセラレータの予備とされていたため、もしかしたら彼も安定してレベル6になれる可能性は示唆されている。

レベル6の実態こそ不明だが、アクセラレータの進化した能力や垣根帝督の能力、御坂美琴暴走時の姿などが魔術サイドの天使の力に酷似していることから、一説ではレベル6とは人間の天使化ではないだろうかという説もある。

ちなみに作中では更に「絶対能力の先にあるもの(レベル7)」も存在も仄めかされている。

pixivに投稿された作品 pixivで「レベル6」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4368

コメント