ピクシブ百科事典

人造の樹(クロノオト)

くろのおと

『とある魔術の禁書目録』の概念。セフィロトとクリフォトに続く「第三の樹」。
目次[非表示]

そう。
最初の最初から寄り添っていたはずだ。
ただ目に見えないだけで、それは最強の超能力者の力を常に支えてくれたはずだ。

───────新約22巻460ページより

概要

生命の樹(セフィロト)、邪悪の樹(クリフォト)に続く「第三の樹」。

クリファパズル545が主の一方通行(アクセラレータ)の為に、ミサカネットワークを再定義して世界に打ち立てた樹。正と負を象徴する樹とは異なり「後世の魂の変化」を網羅した図面

初出は新約22巻だが第三の樹としては新約18巻で言及がある。新約18巻ではインデックスアレイスター=クロウリー自身が窓のないビルを第三の樹と表現しているが、クロノオトがクロウリーの計画の原型をどこまで残しているかは不明。

クロノオトが表現する物

セフィロトは正の心を象徴し、世界の創造過程を辿る神聖なる樹。アインからアインソフ、アインソフからアインソフアウルへと、そしてアインソフアウルからセフィラが誕生する事から成立している(こうした至高の存在からの派生を現実で「流出」と呼ぶ)。作中に於いてもキリスト教的カバラを用いる近代西洋魔術師も重視する。

クリフォトはセフィロトの裏返し。負の心の象徴で、近代オカルティズムでは悪魔とも結びつくため、魔術師は思考に耽けるべきではないと言われているが、それは本作で忌避されていた事からも明らかである。

だがこの設計図は本当に現代の人をも完全に包括できているのか

例えば指先のタップ一つで加算されるSNSの賛同数、ストイックであるほど褒め称えられるフィットネスジム、グルメサイトの星の数、能力のレベルによって管理される都市。
火を得て鉄を打ち蒸気と石油を利用する時代を経て、電気を支配するに至った人間も、自ら生み出した最先端の科学技術・文明に振り回され続ける。そんな後世の魂の変化をも完全に網羅した図面がクロノオトである。

クロノオトはアレイスター=クロウリーという魔術師が創った当代のテレマの僧院「学園都市」が生み出した超能力の副産物。今作における現代テレマの扱いと同様、あらゆる神話・宗教にも属さず、そこから転じて人間が全てを御する可能性を持つ。

また新約22巻ではアレイスター・クロウリーの格言も引用されている。

「魔術とは、意志に従って変化する〈科学〉であり〈業〉である」
────アレイスター・クロウリー『魔術 - 理論と実践』より
────鎌池和馬,はいむらきよたか『新約とある魔術の禁書目録』引用文より

クロノオトの深淵

黄金の夜明け団テレマの体系では、魔術師がケセドとビナーの間に横たわる〈深淵〉を横断することは極めて重用かつ危険な作業である。
深淵の試練で実体を持つ個としての意識を解消し、客観と主観を超越する事により深淵の誓いを立てた暁には〈神殿の首領〉に生まれ変わる。つまり西洋の秘教で伝えられる選ばれし達人「秘密の首領」=第三団の領域に至るのである。

深淵と同一のエノク領域ZAXに揺蕩う天使がコロンゾンという事は本作でも説明されている。魔術師はこの天使とも悪魔とも形容される存在を乗り越え、「理解」(ビナー)に到達しなければならない。

史実のアレイスター・クロウリーは第三団「銀の星」の領域に至ったのだが、本作での彼はヴィクター=ニューバーグとのコロンゾン召喚実験の際に跳ね返されたままだった。ミナ=メイザースが言うには、それで深淵を渡る作業にも見切りをつけたらしい(まぁ結局新約22巻で超えたのだが)。

だが一方通行(アクセラレータ)クリファパズル545の協力を得て叡智を獲得し、クロノオトに横たわる深淵を乗り越えて飛び級的に昇格した。ここで一方通行はエイワスと同様の、プラチナに輝く翼を噴出させた。

元ネタ補足

元ネタかどうかは不明だが、クロウリー関係者の飛び級というと似たような話がある。フラター・エイカドというアレイスター・クロウリーの魔術的息子と呼ばれた後継的存在。彼は一方通行と同じように飛び級的に深淵を乗り越えている。
※法の書のリベル・エル・ヴェル・レギスという名称への改題も、元は理解を得たエイカドがクロウリーに自身の発見を報告した事による。

しかしエイカドはまともな位階の修行を怠って深淵の試練を飛び級的に制するのみならず、後でクロウリーを追い抜いた(9=2位階,10=1位階への昇進)と調子に乗った。これがエイカドとクロウリーの対立にまで発展し、結局クロウリーもエイカドをO.T.O.からの追放処分にせざるを得なかった。
エイカドは聖守護天使エイワスを徹底的に蔑み、真理と正義のマイオンという新時代の到来を主張した(二重進行説もあるが、これはエイカドのブレによる)。

エイカドの失敗もあり、アレイスター・クロウリーは位階の修行を積んで段階を経て昇格することを重要視していた。
いきなり深淵を超えて学園都市の統括理事長を任せられた一方通行だが、エイカドより凄いことやってる気がする。大丈夫なのだろうか。

関連タグ

とある魔術の禁書目録 アレイスター=クロウリー
一方通行(アクセラレータ) クリファパズル545 妹達

ミサカ総体:この樹の元となったネットワークを提供した張本人。彼女がクリファパズルと対話するシーンは新約22巻の名シーンの一つ。

レベル6:同じく三位一体だが、SYSTEMとの関係含めて謎。

関連記事

親記事

クリファパズル545 くりふぁぱずる

pixivに投稿された作品 pixivで「人造の樹(クロノオト)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1123

コメント