ピクシブ百科事典

黄金夜明

おうごんのよあけ

ライトノベル「とある魔術の禁書目録」に登場する魔術結社。モデルは実在するイギリスの魔術結社「黄金の夜明け団」(The Hermetic Order of the Golden Dawn)。
目次[非表示]

初出:第1巻

正式には〈黄金夜明〉。通称は〈黄金〉。
19世紀~20世紀にかけて活躍した、近代西洋最高の魔術結社である。

禁書におけるイギリスの近代魔術結社〈黄金の夜明け団〉(The Hermetic Order of the Golden Dawn)そのものだが、〈G∴D∴〉(Golden Dawn)ではなく分裂後の名前〈S∴M∴〉(Stella Matutina)と表記されている。

魔術結社〈黄金〉

イギリスを拠点とする魔術結社〈黄金夜明〉(黄金)。後に世界最高と評価される結社は、ウィリアム=ウィン=ウェストコットサミュエル=リデル=マグレガー=メイザース、名称不明のもう1人の天才魔術師達により創設された。

〈黄金〉はカバラを中心教義としながら過去の薔薇十字団(ローゼンクロイツ)やへルメス学といった幾つもの遺伝子を〈黄金系〉という新たな魔術体系に統合し、国際共通規格を生み出した事で知られる。

結社の設立にあたって、ウェストコットがアンナ=シュプレンゲルという名の究極の高次元存在〈秘密の首領〉の窓口とされる謎多き令嬢に結社設立許可を貰ったらしい。これは〈シュプレンゲル書簡〉という形で残されている。しかし魔術研究家エリック=ハウの説に見られるように、後世ではこの文書がウェストコットの創作と認識されている。

検視官、女優、薬剤師、天才作家など地位の高い者も多い。実際、新約14巻でネフテュスが名前を挙げたイエイツは史実ではノーベル賞作家であった。
何より個々の団員もそれぞれ独立した伝説を持つほどの傑物揃いで、一部メンバーは人の身でありながら実力は〈魔神〉に届き得るとも……。
実際、その気になれば〈魔神〉の力さえ術式に組み込んで行使する事も可能だが、だからと言って単純なスペックでは数値化すら出来ない〈魔神〉に勝てるわけでもない。娘々の発言を要約すると、騙し騙され抜きつ抜かれつの力関係らしい。

流麗かつ規則的な〈黄金〉の儀式魔術は舞台演劇に近い。
現実の魔術業界でも〈黄金の夜明け団〉が使った儀式魔術は旗・柱・タロット・四種の象徴武器・シジル等を儀式の小道具に使い、配役に従ってストーリー調で行われるため〈仮面舞踏会〉等と揶揄されている。
本作で〈仮面舞踏会の君〉という称号で呼ばれる儀式魔術の中心指導者の一人は、象徴武器を表の夜会にそのまま付けていったという破天荒な逸話も残っている。

位階

作中では8=3や0=0など特に説明されない意味不明な数字が出てくる。これは〈位階〉というメンバーの身分を示すシステムである。

史実の〈黄金の夜明け団〉は主に三つの団で構成される。
初級者が属する第一団が〈黄金の夜明け団〉という0=0位階~4=7位階の5位階からなる下位のグループ(外陣)で、第二団は〈ルビーの薔薇と黄金の十字架〉(内陣)と呼ばれ、普通はここが最高到達点である。
実際、第三団は〈秘密の首領〉も属する不可視の領域、肉体に囚われた存在では到達不可能であるため、本作でもダイアン=フォーチュンはお飾りの位階と表現していた。

さらに言えば第一団と第二団の間にも予備門というものがあり、他にもスフィアという内部結社を抱えている。

所属メンバー

フォーチュンやリガルディなど分裂後の人員も含まれているので注意。


ブライスロードの戦い/ホロス事件

そんな偉大な魔術師達も、実際には近代西洋魔術の礎を構築しながら「ある男」に阻まれスダンダードを作れなかった。

その男とはメイザースの弟子で〈黄金〉のメンバーの一人アレイスター=クロウリー。後に世界最高の魔術師と呼ばれ、学園都市の統括理事長に転身した人物。

クロウリーは魔術がもたらす位相の火花(運命と呼ばれる)を憎み、黄金夜明に正面切って静かなる闘争を挑む。それこそが〈ブライスロードの戦い〉。史実にも記された、黄金夜明を破滅に導いた内乱である。

反乱

クロウリーはアラン=ベネットにより、位相がもたらす運命と自身の娘「リリス」の死を知った。
位相の運命は世界中の人々に薄く広く作用し、それは彼らが使う魔術によって作り出されているものだと…。
この時、クロウリーは定められた家族と運命の奴隷である世界の人々を解放する為に、魔術の殲滅を師ベネットに誓う。
手始めにベネットを、彼に導かれるがまま始末。
後にクロウリーはメイザース派と戦闘し、彼らと完全に袂を分かつ。

1900年、ハマースミス・ブライスロード36番地を「メイザース派」のクロウリーが占拠。
厳密には件の戦闘も「メイザースの血」を採取し、より信頼性の高い血判付き命令書を偽造する為に起こしたものだった。安易な方法に思えるが、既に対立していたメイザースとウェストコット派に決定的な亀裂が入るまでそう時間はかからなかった。

メイザース派とウェストコット派の不和確執を煽る為のクロウリーの暗躍はこれに留まらない。時には団員を襲ってそれを対立派閥の仕業であるかのように偽装し遂には血で血を争う内乱に発展。そして内乱に乗じて魔術組織をロンドンに招来、混乱を加速させた。

そうして迎えた内乱の最終局面、魔術飛び交う中でクロウリーは〈黄金夜明〉を始末するために動く。羊皮紙により半不死性を獲得していたウェストコットだが、クロウリーの使った〈ブライスロードの秘宝〉という究極の追儺霊装に無効化されて敗北。その霊装はメイザースとの戦闘で破壊されたが、クロウリーは死闘の末に見事メイザースに討ち勝った。

ホロス事件

〈ブライスロードの戦い〉とは別に、ホロス夫人という詐欺師のせいで崩壊の危機を迎えたことがある。これは史実でいうホロス事件で、本来ならここでS・M(ステラ・マテューティナ)と名を変えるのだが、この辺りの前後関係は謎。

失敗の呪い

世界最大の魔術結社〈黄金〉はクロウリーの手で破滅に追い込まれた。そしてこの時、クロウリーは黄金に向けて「常に失敗に染まる呪い」をかけていた。

後の時代にも〈黄金〉の再興を目指す魔術師は何人も現れた。ダイアン=フォーチュンイスラエル=リガルディなど、20世紀でも特に優秀な魔術師が復古を掲げたが、どの人物も呪いの影響で失敗している。

根を失った〈黄金〉は無秩序に枝分かれし、現代までだらだらと続いている。現時点での〈黄金〉系最大の結社は、レイヴィニア=バードウェイ率いる〈明け色の陽射し〉である。

関連タグ

とある魔術の禁書目録 アンナ=シュプレンゲル
アレイスター=クロウリー マグレガー=メイザース ミナ=メイザース ダイアン=フォーチュン

レイヴィニア=バードウェイ 明け色の陽射し
エイワス コロンゾン 魔神(とある魔術の禁書目録)

関連記事

親記事

アンナ=シュプレンゲル あんなしゅぷれんげる

子記事

コメント