ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

魔術師が集まって構成される組織の通称。

その形態や規模、目的や活動、宗派や使用術式などは千差万別。無償の人助けを行う善良な結社から殺人やテロも厭わぬ犯罪組織的な結社。大規模な有力結社に技術や戦力の低い小さな結社まで、世界各地に無数の結社が存在する。また、対抗する分野が相争うという「対立職業」と呼ばれる暗黙の了解が存在し、このため魔術結社業界は、数多の結社同士が無秩序に増えて拡大しては無秩序に競い淘汰されるという勢力争いを繰り返し、全体のバランスを保っている。


基本的に魔術師は個人主義者ではあるが、大規模儀式における役割分担、情報収集や資金獲得の効率化、単純な戦力増加など様々な理由により、同じ目的を持つ者が集まり魔術結社を形作る。

魔術結社は対立も多いが、「霊装」の材料調達などで結社同士が交流したり魔術的な裏市場を形成するなど、ある程度の共同体は保たれている。なお一部の結社は、表向きを会社登録することで表社会での地位を築いている場合もある。

また現代の魔術結社では、古城や宮殿などの古めかしい大規模なアジトを持たず、アパートや雑居ビルの一室といった簡易な小拠点を複数用意し、財産や人員を小分けするのが常識とされる。これは他組織による捜索や襲撃の際に一つを切り捨てリスクを最小限に抑えるためである。

なお、魔術師が所属していても十字教三大宗派などの公的な宗教組織(必要悪の教会等)は魔術結社に該当しない。これは制度的な違いもあるが、レイヴィニア=バードウェイ曰く最大の違いは「多数派として認められているか否か」であり、仮に魔術結社であっても巨大宗教を大きく超える勢力にまで拡大すれば立場が逆転するとされる。

また、魔術の初心者が数人集まる同好会やクラブ活動のような小さな集団は「結社予備軍」と呼ばれる。活動内容も恋占いや瞑想など程度の低い物に終始し、組織構造も未熟なまま自然消滅する。ただし、結社予備軍には大多数の小物の中に高い実力を持つ組織が紛れているという特徴がある。


登場した魔術結社

世界最大の魔術結社

黄金系の魔術結社

十字教系の魔術結社

北欧神話系五大結社

アステカ神話系の魔術結社

インド神話系の魔術結社

クトゥルフ神話系の魔術結社

結社予備軍

その他

関連タグ

とある魔術の禁書目録 魔術サイド

関連記事

親記事

魔術サイド まじゅつさいど

子記事

兄弟記事

コメント