ピクシブ百科事典

ネフテュス

ねふてゅす

新約とある魔術の禁書目録に登場する魔術結社『グレムリン』の真の正規メンバーである魔神たちの1人。
目次[非表示]

概要

新約10巻の終盤のエピローグにて、初めてその存在が示唆された魔術組織『グレムリン』の真の正規メンバーと思われる魔神たちの1人である女性

数少ない情報から推測するに、何だかの理由により魔神オティヌスが世界を文字通り破壊しても全く影響のない虚数で形作られた位相空間に他のメンバーたちと共に身を潜めていたらしく、オティヌスや上条当麻の2人にすら全く悟られること無く、オティヌスが自身の理解者を求めて暴走し、世界を敵に回して動きまわっている間、他のメンバーたちと共に何だかの目的のために物語が始まる以前から暗躍していた模様(ただしある人物(後述)は気づいてはいたが…)。

また、本来の位相空間世界に白日の下に晒されると、確実にオティヌスと同じく世界から邪悪として討伐対象になるといっていることから、善人という訳ではないらしい。

他のメンバーたちと同じくアレイスターと顔見知りらしく、当麻や彼の持つ異能、幻想殺し、そしてアレイスターが推し進めるプランについて良く知っている素振りを見せていることから、物語の根幹にまつわる重大な秘密を知っている模様。

10巻のエピローグにて、理由は定かではないが、オティヌスとの戦いを通じて自分たちの思惑とは違った方向へと成長してしまいそうな当麻を危惧し、調整を掛けるため、現実世界に影響か起きるのを覚悟で、世界に介入しようとするが(今のところ名言はないが、一度死んだオティヌスが手のひらサイズで再構築され、復活したのはそのためだと推測される)、その更に裏で彼のことを良く知っているアレイスターに自分たちが潜んでいる位相を発見され、潜んでいた空間を10進法に元づいた世界へと変換され、白日の下に曝されてしまう。

しかし、僧正、木乃伊、ジージと呼ばれるリーダー格と思わしき人物と共に、アレイスターが推し進めているプランの要であるエイワスは失敗作だという事を伝えた後、怒りに打ち震えるアレイスターと世界のどこかで人知れず交戦したようだが…?。

容姿

新約12巻にて遂にご本人が登場。
その姿は白髪ロングヘアー褐色肌をしたオッドアイ(本来はの瞳らしい)が特徴的な(魔術的な理由で)、包帯で大事な部分と太腿だけを隠した衣装?(ここ重要)を纏った露出度狂のミイラファション美女であった。

なお、所処の包帯の先端にはピラミッドをあしらったアクセサリーのような物が複数付いている。



以下ネタバレ注意













新約13巻にて突如現れた謎の人物上里翔流によって、娘々やその他のグレムリンたちは世界から追放されてしまう。彼女も99%追放されたのだが、エジプト神話のミイラは臓器は別に保存しておくという特徴のおかげで何とか生き残り、宅配便で上条家にやってきた。
新約14巻では、かなり弱っているもののすでになじんでおり、第4の居候になるかと思われた。
しかし・・・


関連タグ

グレムリン(とある魔術の禁書目録)
ネフティス(おそらくネフテュスのモデルタグ )

pixivに投稿された作品 pixivで「ネフテュス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13262

コメント