ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
打ち止めとは、以下のものを指す。

曖昧さ回避

  • うちどめ。物事の終わりを指す。元は芝居や相撲などの興行の終了を言う。
  • パチンコで、一定以上の玉が出た台を停止する事。
  • ラストオーダー。小説『とある魔術の禁書目録』の登場人物。本項で解説。

概要

CV:日高里菜


御坂美琴の量産型クローン(妹達)の最後に作られた上位個体「二〇〇〇一号」「最終信号」と表記される場合もある。


数多く培養された妹達の反乱防止用としてつくられた。そのためミサカネットワーク上では情報統制能力を持つが、権限としてはミサカネットワーク総体に劣る。本人の弁ではホストではなく管理コンソール。そのため、管理コンソールである彼女を掌握すればミサカネットワーク及び全ての妹達を手中に収めることができる上、いかなる命令も拒否することが可能となることから多くの敵に狙われた。

ネットワークにアクセスできることから電撃系の能力があるものと思われるが、実際に電撃を使ったことはない。電子線を見ることができるのかも不明。本編では御坂妹の持っていたゴーグルを羨ましがってイタズラを仕掛け、持ち去っている。


製造途中で培養機から出た為、10歳前後どころか小学1年生(7歳)くらいにしか見えない。見た目が幼い理由は「研究員が掌握しやすいから」。

他の妹達(番外個体も含む)にない特徴としてアホ毛が生えており、アニメではミサカネットワーク上に何かしらの異常事態が発生したことを感知すると動く。作中では一〇〇三二号のプロテクトが突破され、ネットワーク上にウイルスが撒かれた際に動き、驚愕した後に一方通行の目の前で気を失っている。


性格は物静かな妹達と違い自由奔放・天真爛漫といった感じで、外見年齢相応。

「~と、ミサカはミサカは○○してみたり。」と口癖も他の妹達と若干異なり、痛快なマシンガントークを飛ばしたり、アクティブな振る舞いをする。

そういった感情の豊かさを現したのか、瞳にはハイライトもある。


自分を助けてくれた一方通行アクセラレータ)のことをとても慕っている。

そして(子供なりの)好意表現をしつつも、いつも一方通行を困らせている(この関係性は上条とインデックスの関係を彷彿とさせる)が、『旧約』の終盤時には互いに「ずっと一緒にいたい」と思い合う程の繋がりを持つ事になっている。

また、一方通行と同じく黄泉川愛穂芳川桔梗のことも家族として慕い信用している。


自分達御坂妹や一方通行の運命を大きく変えてくれた上条当麻に対しても強い感謝の気持ちを抱いており、彼と初めて対面した際は、その気持ちを伝えている。そんな当麻からは「ミニ御坂」とも呼ばれている。直後に木原数多率いる猟犬部隊(ハウンドドッグ)に一方通行が襲撃され危機に陥った際は藁にも縋る思いで泣きながら上条に助けを求めた。


一方で自身のオリジナルである御坂美琴とは現状では特に絡みはなく、一度顔を合わせたこともあるが状況が状況だったためお互いに特に反応は示していない。


pixivでは「ラストオーダー」「打ち止め(ラストオーダー)」「二〇〇〇一号」などのタグが使われる場合もある。


CVを担当している日高氏は打ち止めを初めて演じた当時はまだ14歳の新人であり、アニメ版第1期時点ではやや辿々しい演技だったが、2期以降はだいぶ声質が異なっている。

関連イラスト


関連タグ

とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲 とある科学の一方通行


妹達 ミサカネットワーク 総体

ロリ アホ毛 通行止め 幻想止め 表裏H 3H

番外通行止め 黄泉川家 御坂姉妹


パチンコ


電撃文庫FIGHTINGCLIMAX(家庭用でサポートキャラとして一方通行が登場していて、発動直後は打ち止めが出てきて彼女に攻撃が当たると一方通行が攻撃する。)


ミリム・ナーヴァ:ロリでアホ毛な中の人繋がり。アプリ『幻想収束』にて打ち止め本人や一方通行と共演した。一目見ただけで一方通行の能力を見抜いたあたり、頭の良さは一方通行並みかそれ以上。

曖昧さ回避

  • うちどめ。物事の終わりを指す。元は芝居や相撲などの興行の終了を言う。
  • パチンコで、一定以上の玉が出た台を停止する事。
  • ラストオーダー。小説『とある魔術の禁書目録』の登場人物。本項で解説。

概要

CV:日高里菜


御坂美琴の量産型クローン(妹達)の最後に作られた上位個体「二〇〇〇一号」「最終信号」と表記される場合もある。


数多く培養された妹達の反乱防止用としてつくられた。そのためミサカネットワーク上では情報統制能力を持つが、権限としてはミサカネットワーク総体に劣る。本人の弁ではホストではなく管理コンソール。そのため、管理コンソールである彼女を掌握すればミサカネットワーク及び全ての妹達を手中に収めることができる上、いかなる命令も拒否することが可能となることから多くの敵に狙われた。

ネットワークにアクセスできることから電撃系の能力があるものと思われるが、実際に電撃を使ったことはない。電子線を見ることができるのかも不明。本編では御坂妹の持っていたゴーグルを羨ましがってイタズラを仕掛け、持ち去っている。


製造途中で培養機から出た為、10歳前後どころか小学1年生(7歳)くらいにしか見えない。見た目が幼い理由は「研究員が掌握しやすいから」。

他の妹達(番外個体も含む)にない特徴としてアホ毛が生えており、アニメではミサカネットワーク上に何かしらの異常事態が発生したことを感知すると動く。作中では一〇〇三二号のプロテクトが突破され、ネットワーク上にウイルスが撒かれた際に動き、驚愕した後に一方通行の目の前で気を失っている。


性格は物静かな妹達と違い自由奔放・天真爛漫といった感じで、外見年齢相応。

「~と、ミサカはミサカは○○してみたり。」と口癖も他の妹達と若干異なり、痛快なマシンガントークを飛ばしたり、アクティブな振る舞いをする。

そういった感情の豊かさを現したのか、瞳にはハイライトもある。


自分を助けてくれた一方通行アクセラレータ)のことをとても慕っている。

そして(子供なりの)好意表現をしつつも、いつも一方通行を困らせている(この関係性は上条とインデックスの関係を彷彿とさせる)が、『旧約』の終盤時には互いに「ずっと一緒にいたい」と思い合う程の繋がりを持つ事になっている。

また、一方通行と同じく黄泉川愛穂芳川桔梗のことも家族として慕い信用している。


自分達御坂妹や一方通行の運命を大きく変えてくれた上条当麻に対しても強い感謝の気持ちを抱いており、彼と初めて対面した際は、その気持ちを伝えている。そんな当麻からは「ミニ御坂」とも呼ばれている。直後に木原数多率いる猟犬部隊(ハウンドドッグ)に一方通行が襲撃され危機に陥った際は藁にも縋る思いで泣きながら上条に助けを求めた。


一方で自身のオリジナルである御坂美琴とは現状では特に絡みはなく、一度顔を合わせたこともあるが状況が状況だったためお互いに特に反応は示していない。


pixivでは「ラストオーダー」「打ち止め(ラストオーダー)」「二〇〇〇一号」などのタグが使われる場合もある。


CVを担当している日高氏は打ち止めを初めて演じた当時はまだ14歳の新人であり、アニメ版第1期時点ではやや辿々しい演技だったが、2期以降はだいぶ声質が異なっている。

関連タグ

とある魔術の禁書目録 とある科学の超電磁砲 とある科学の一方通行


妹達 ミサカネットワーク 総体

ロリ アホ毛 通行止め 幻想止め 表裏H 3H

番外通行止め 黄泉川家 御坂姉妹


パチンコ


電撃文庫FIGHTINGCLIMAX(家庭用でサポートキャラとして一方通行が登場していて、発動直後は打ち止めが出てきて彼女に攻撃が当たると一方通行が攻撃する。)


ミリム・ナーヴァ:ロリでアホ毛な中の人繋がり。アプリ『幻想収束』にて打ち止め本人や一方通行と共演した。一目見ただけで一方通行の能力を見抜いたあたり、頭の良さは一方通行並みかそれ以上。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. もう興味がないと離婚された令嬢の意外と楽しい新生活

    読む▶︎
  3. 僕たちは番じゃない

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー